2018-10-29

Excelの内容を電卓検算

これ、定期的に話題になって、いつでも意味ない派が大多数なんだけど、意味あるケースも多々あるから

まず、Excelの内容が正しくない場合がある理由は多岐にわたる。

・数値を手入力した時に誤って入力した

・誤った計算式を設定した(されていた)

データソースが外部サービスとき、外部サービスの方に誤りがあった

Excel自体バグ(ほぼゼロ)

など。

で、誤りの検知方法なんだけど、ざっと見ればわかるはずとか、眺めればわかるはずとか言ってる人が多数だけど、それじゃ見落としのリスクが高いから。

文章だって、一字一句確認しながら読んでも誤りを見逃すことが結構ある。だから校閲という職種存在するんだね。

電卓でチェックというのは、そういう誤り検出のメソッドの一つ。

電卓で再計算し直すという方法は、以下のメリットがある。

・チェックのカバー率が常に100%(文章で言えば、一字一句飛ばさずにチェックするのと同じ)

・実際に数字入力すると、入力間違いに気付きやすい(場合がある)

計算式が間違っているときは、ほぼ100%誤りを見つけられる

  • anond:20181029072313

    excelで楽になる方法を模索しないで電卓オンリーなのがいけないんやろ多分

  • anond:20181029072313

    チェックを二重三重することの大事さをわかった上でだけど、 ・数値を手入力した時に誤って入力した そこは電卓引っ張り出す前に入力値の方をまずダブルチェックなさいな。 ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん