2017-05-03

深夜にうるさくしてると、お巡りさんが来て叱られるぞ

深夜2時を回った頃。

友だちとマリオカートエンジョイしてたら、急に扉をノックする音が。

最初無視していたのだけれど、ノックは全く止む様子がない。

顔も見たことのない隣人が騒音に怒り狂ってやってきたのかと思い「引っ越しもやむなし」と考えていると「交番です」と声が聞こえる。

念の為に扉のグラスを確認すると制服を着た男性がいる。

慌てて開くと、お巡りさん110番通報を受けてやってきたとのこと。

騒音による苦情が入っているという注意を受け、下記を質問された。

・君たちはどういう関係なのか

・何をしていてうるさくなったのか

加えて、身分証明書提示を求められた。

内心冷や汗をかきながらの対応だったけれど、お巡りさんは終始こちらをリラックスさせようと「自分学生の頃はうるさかった」「アイマスやるのでゲームテンションが上がる気持ちはわかる」などと気遣ってくれた。

最後免許証の照会をされ、開放。

印象的だったのは無線から聞こえた「日本人?」という確認通報されがちなのですか。外国の方。

その後、当然のことながら続けてゲームする気にはならず、みな就寝。

ググってみたら、騒音通報することについての記事はたくさんヒットしたものの、通報された人の記事が見つからなかったので体験したことを書いてみました。

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20170503033124

記事への反応(ブックマークコメント)

人気エントリ

注目エントリ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん