2011-08-22

http://anond.hatelabo.jp/20110822220158

思い込み?そういわれればそうかもしれないけど、これはゲイである自分の考えの中でかなり真実に近いと「思える」ことです

思い込みと断言できるあなたにこそなぜそう断言できるか聞きたいです。これを思い込みと言える人って、「文章中で証明がなされてないこと」を自動的に思い込みと判断するロボットみたいな人だけじゃないのかなと。

まぁ、これだけ言ってもあれだからもう少し詳しく「思い込み」について説明します。

多分ゲイビデオとか見たことないのかもしれないけど、男同士が抱き合ってるとき、どちらも女々しい声で喘いでたり雄々しい声で叫んでたりする光景って一度も見たことが無いんだよ。(男同士なのに快感を感じてるときの声の出し方がぜんぜん違う。かなり興味深いよ)

たとえば二人とも毛むくじゃらであっても必ずどちらかが女みたいな声を上げていて、女のようなしゃべり方をしていたりする。レズビデオは見たこと無いが多分同じようなもんだと思う。ハリガタとか使うでしょ。なんで女同士で愛し合うのにどちらかが男の真似をしなければいけないのか。それはセックスには男と女が必要で、同性愛者は無意識にその前提に同意してるからだと思う。

あと、性同一性障害のことですが、性同一性障害ってのは「自分は女なのに体が男であることに悩む」という状態だね(逆のパターンも当然あるが今回はこっち)

この人ってのは、心は完全に女なのに体だけが男のものであることに疑問を感じてる。

これと似てるのは受ける側のホモってことになるが、同じものとは当たり前だがいえない。なぜかと言えば、受ける側のホモは「男である自分」が「男に抱かれること」を求めているから。

まりメインが男でサブが女で体は男なのがホモ(受け)、メインが女でサブが男なのに体は男なのが性同一性障害

このメインとサブっていうのは今改めて考えてみると不思議で、どんなに自分の中の「異性」が強くても、男(女)であるという実感がある。

から、仮に受けのホモメイン10%サブ女90%であっても、自分は男であり男の体を持っていることに納得してる。しかし、メイン<サブがどんどん強くなってくれば当然「体は男だけど女になりたい」という人も出てくるだろう。性転換した人はそのタイプだ。そして性同一性障害メイン>サブという強固なものがあるにも関わらず体だけが逆転してしまっている。自分が男だと思ってれば、当然女の体で生きるのはキツイし女としての生き方を見た目だけで強制されるのは耐え難い。だから性同一性障害の人は性転換する。

まぁメインとサブという考え方(アニマとかアニムスでいいんだけどね)の捉え方はかなり感覚的なものから、納得できない人には絶対に納得できないと思う。多分、頭で考えて分かるようなことじゃないだろう。

記事への反応 -
  • ホモもレズも異性愛から一歩も外れていない

    それは、どちらにも男役と女役がいることから明らか。 もし本当にホモやレズが「人類と言う種の存続を脅かす突然変異」なら、男役の男と男役の男、あるいは女役の女と女役の女が愛...

    • http://anond.hatelabo.jp/20110822213136

      それは、どちらにも男役と女役がいることから明らか。 どうしてそんな思い込みを? また仮にあなたの言うとおりだとすると同性愛者と性同一性障害の区別はないの?

      • http://anond.hatelabo.jp/20110822220158

        思い込み?そういわれればそうかもしれないけど、これはゲイである自分の考えの中でかなり真実に近いと「思える」ことです。 思い込みと断言できるあなたにこそなぜそう断言できる...

    • http://anond.hatelabo.jp/20110822213136

      こういうのって書いてるうちに自分でおかしいだろって思わないのかな?

    • http://anond.hatelabo.jp/20110822213136

      同性愛者の女性です。 そもそも「男役」「女役」という概念が私たちの中にはほとんど存在しません。 少なくとも私と彼女は攻め、受けどちらも楽しいと思っていますし、 精神的な部...

    • http://anond.hatelabo.jp/20110822213136

      ていうかそれは性器の構造上の問題だよね。 エロスな行為以外で男役女役とか考えてるカップルはあんま見たことない。 性同一性障害で異性装をしているカップルならともかくとしてさ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん