2011-08-22

ホモレズ異性愛から一歩も外れていない

それは、どちらにも男役と女役がいることから明らか。

もし本当にホモレズが「人類と言う種の存続を脅かす突然変異」なら、男役の男と男役の男、あるいは女役の女と女役の女が愛し合わなければならない。

が、それは出来ない。それは人間が、愛や性という概念に対して本能的に「男性女性」という役割分担を決めているから。

まりホモは男の内にある女性性(女性らしさ)を愛しているだけで女を愛していることに変わりは無いのだ。

男性の中に女性が、女性の中に男性が部分的に存在しているのは心理学的によく知られているし、ホモレズといった嗜好が古の時代からあったことを考えれば

人間は人を愛するとき、あるいは誰かに対して愛情を感じるとき本能的に見た目を通り越した内側、心だけを見ているということなんだろうと思う。

これは、見た目だけをより美しく、魅力的にする人間への批判的反応がなぜ支持されやすいのか(そして、それに対する反論はなぜ理性的になされることが多いのか)の答えでもある。

ちなみに、これらの考察からバイセクシャルホモなら攻める側、レズなら受ける側に多いという推論も導き出せる。なぜなら、ホモの攻める側は男性そのものから、相手の見た目は男でも女でもどちらでもいい、レズの受ける側は女性そのものから、相手は男であっても女であっても同じだからである。個人的な経験で言っても、ホモでバイを自称する人間は圧倒的にタチ(攻める側)に多い。

  • http://anond.hatelabo.jp/20110822213136

    それは、どちらにも男役と女役がいることから明らか。 どうしてそんな思い込みを? また仮にあなたの言うとおりだとすると同性愛者と性同一性障害の区別はないの?

    • http://anond.hatelabo.jp/20110822220158

      思い込み?そういわれればそうかもしれないけど、これはゲイである自分の考えの中でかなり真実に近いと「思える」ことです。 思い込みと断言できるあなたにこそなぜそう断言できる...

  • http://anond.hatelabo.jp/20110822213136

    こういうのって書いてるうちに自分でおかしいだろって思わないのかな?

  • http://anond.hatelabo.jp/20110822213136

    同性愛者の女性です。 そもそも「男役」「女役」という概念が私たちの中にはほとんど存在しません。 少なくとも私と彼女は攻め、受けどちらも楽しいと思っていますし、 精神的な部...

  • http://anond.hatelabo.jp/20110822213136

    ていうかそれは性器の構造上の問題だよね。 エロスな行為以外で男役女役とか考えてるカップルはあんま見たことない。 性同一性障害で異性装をしているカップルならともかくとしてさ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん