2014-04-20

こんばんは。サラ金仕事にしていた両親から生まれ育った汚いDNAです。

サラ金金利がまた元に戻ろうとしているというニュースを目にしました。

貸金業金利規制緩和 自民法改正検討  :日本経済新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1400W_Y4A410C1PP8000/

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.nikkei.com/article/DGXNASFS1400W_Y4A410C1PP8000/

当たり前の話ですが、サラ金に勤めた人間給料は、利用者から巻き上げた金です。

僕の両親は、サラ金会社職場結婚しました。

母は退職し、父はサラ金で勤め続けました。

サラ金に勤める卑しい人間どうしのDNAから僕は生まれました。

そしてその卑しいやり方で集めたお金で僕は育ちました。

親に罪があったとして、子供に罪はないといいます

そういう言説を聞くたびに、僕は虫唾が走ります

基本、そういう人たちはサラ金なんぞ利用もしない高等な人間たちだからです。

ブコメを見ましょう。

Gl17 「弱者に付け込みやすくなる」の間違いだろう。 2014/04/19Add Star

いかにも、卵の側に立っている風に読み取れる、模範的解答です。100点ですね。素晴らしいです。

ひとつ、僕が否定されました。

muso00 消費税増税サラ金金利安倍日本人をそんなに自殺させたいのか 2014/04/19Add Star

死んでいった人間の金で僕は育ちました。父は休日も、テレビを見ながらいつも眉間にしわを寄せていました。

職場では恐ろしいことをたくさんしていたんだと思います

とにかく、そうやって死んでいった人間の金で僕は育ったんです。

gonzales66 どう理屈をつけても貸金業者の為なのが丸分かり。消えたと思っていたのに。貸金業法改正の提言河野太郎 http://www.taro.org/2011/07/post-1049.php 2014/04/19Add Star

そもそも僕が生まれてこないような社会であれば、より多くの人が幸せになれたんでしょうね。

サラ金があったから僕が生まれ、サラ金のおかげで僕は健康に育ったんです。

それを悪し様に言うのは僕が生まれてこなければよかったというのと同義です。

何も気に病む必要はありません。世界には70億の人間がいて、僕の命の価値は高く見積もって70億分の1です。

僕が死んだところで悲しむのはせいぜい人口の0.0000001%程度です。

僕の代わりは世界のあちらこちらにあって、それならどうせ、より真っ当なDNAから生まれ、きれいなお金で育った人のほうが有益でしょう。

ともかく、父母は汚い仕事に手を染め、汚い職場出会い結婚して汚い僕が生まれて、自殺していった汚い人間の金で僕が育った事実はゆるぎません。

これに関して、申し訳ありませんが、僕は謝罪するつもりはありません。何か社会贖罪しようというつもりもありません。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20140420002718

記事への反応(ブックマークコメント)