「モームス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: モームスとは

2019-07-31

とあるゲームCM気持ち悪い

キャラ設定なんだと思うけれど

ブリリリリリ!」ってゲームタイトルコールで噛んだり

なんかもう気持ち悪いCMばっかり!

ジョジョの録画でCM流れたら良く入ってるんだよね。

マジやめて欲しい。

オタクがこれ望んでるんだとしたら

女は全部こうだと思われそうでマジ気持ち悪い。

考えたら、モームスオタクに「増田ちゃんもこういう格好して欲しいな」と

モームス比較されたことあったわ!ふぁっく!

2009-06-13

女子高生に囲まれてオナニー見られたい!!!!

先日、携帯出会い系サイトで「見られたい願望あります。見てくれるだけでいいです。謝礼はします。」

という書き込みで女子高生をゲット!

女子高生に囲まれてオナニーしたいという内容を説明し、友達を連れてきてもらうようにお願いした。

そして当日

その子は友達5人連れてやってきた。

以上を約束して、カラオケボックスへ行った。


女子高生たちはもちろん制服姿でパンツが見えそうなくらい超ミニスカート

それだけで俺のムスコはビンビンだった。

女子高生の中には、俺好みモームス高橋愛似の子もいて、心臓バクバク飛び出るくらいだった。

計6人もの女子高生に囲まれて、これから俺のオナニー行為を見られると思うだけで

気が狂いそうなほど興奮しアドレナリン全開だった。


カラオケボックスへ入ると、女子高生たちの愛くるしいなんとも言えない香りが部屋に充満し

俺は居てもたっても入られず、速攻でズボンパンツを一気にずり下げ

大きく固くいきり立ったムスコを彼女たちの面前へさらけ出した。


ちいせぇ~アハハハハ。と女子高生たちがあざ笑う

その言葉に俺はますます興奮し、ムスコに体中の血液が集中するのを感じた。


早くやれよ~!ちょっと目の釣りあがった、例えるなら常盤貴子似の子が俺を軽く蹴り付け

俺はもう我慢の頂点への階段を駆け上る。


俺はムスコをしごきだし、その姿をあざ笑うかのように、女子高生たちは口々に俺を罵倒する。

だっせぇー!なさけねぇー!アハハハハ。

俺は女子高生たちの罵声にますます興奮し、ムスコをしごく手がスピードアップしていった。

その姿は礼儀正しく正座して、女子高生を上目使いで見上げ

まるで物乞いをするかのような感じだった。


駄目もとで一番好みである高橋愛似の子に、お願いですからスカートをたくし上げ太ももを見せてください。お願いします!と懇願してみた。

高橋愛似の子はちょっと困惑した顔をしたが、すぐに正気に戻ったのか俺を睨み付けた。

もう睨まれたらたまらない。マジ逝きそうになるくらい絶頂の域に達していた。

その時、女子高生の中の一人が、調子こくな!このゲス!!と言って俺のわき腹をけり付けた。

あうぅぅう・・・・。思わず苦しさから声が漏れた。

そうしたら、アハハ。泣いてるよ!こいつ!だっせぇー!男の癖に!!と更に罵る。


それでも俺は悔しさをこらえ、ひたすらオナニーに興じた。

もう絶頂の一歩手前だった。体中の全てが俺の右手とムスコに全力投球している。

限界を感じた俺は、すいません。逝きそうです。と訴えた。

女子高生たちは、汚ねえものこっちに飛ばすなよ!なさけねーな!もう逝くのかよ!

こいつもう終わりかよ!使えねー!最低だな!しね!など口々に好き勝手なことを言い、俺を罵り、

俺はその言葉でもう既に頭の中が真っ白になっていた。

ううっ。もう・・・・・あ・・・・。

興奮状態でもう何もかもが訳のわからない状態だった俺は、事もあろうか

一番お気に入り高橋愛似の子の靴に、俺のどろどろしたミルクをぶっ掛けてしまった。

その後はもう最悪。テメー殺すぞ!ふざけんな!と足で体中を蹴られまくりボコボコにされまくった。

マジで痛かった。死ぬかと思った

でも、必死で体を丸めてこらえ、蹴られてる間、女子高生たちのパンチラを拝ませてもらった。

もちろんお気に入り高橋愛似のあの子のピンクの水玉模様のパンツも。

結局、ボコボコにされた挙げ句、財布の中身を全て抜き取られてしまった。

今はもう女子高生はこりごりだと思う反面、

こんな汚ねーもの履けるかと投げ捨てられた、高橋愛似のあの子の黒い靴をゲットし

その愛くるしい臭いをかぎながら、この出来事を思い出しオナニーに興じている状態です。

これくらいの覚悟があるのなら、みなさんも頑張ってみてください。

2008-03-04

最終弁当氏のブログに思う

最終弁当さんのブログ更新頻度高いし内容も濃いと思うのでアンテナ登録してるのだが,正直更新楽しみサイトというわけではないんだ。ここ言ってること矛盾して聞こえるかもしれないが,なんというか,読んでおくべきという思いで読んでるという感じ。読みたくて読んでるというよりは。

色々いいこと書いてるんだろうけど感動したことはないし,なるほどと思ったこともない。大抵,読み終わった後ちょっと不快になる。なんなんだろうこの感じとずっと思ってたんだよね。

こないだっつっても1??2日前だけど,やる夫のクラシックのやつあったじゃん。あれ俺面白いなーと思ってさ。クラシックってよく分からなかったし,あの切り口はいいなと思った。

最終弁当氏もこれについて言及してたんだけどさ,「ようつべリストが良かったのかな」とか,「ここらへんは実はちょっと違う」とかそういう態度なんだよね。

いや,えーと,最終弁当クラスになればクラシックも当然把握してるんだろうし,あのエントリに俺ほど心動かないのは分かるよ。間違いが見当たれば言及してしまうのも分かる。

たださ,この人って一事が万事この調子だと思うんだよね。他人の粗探しばっかしてるというか。いいところを褒めないで悪いところはけなす。ある程度ものが分かってくるとそういう境地に達しちゃう人っていると思うんだよ。世の中を皮肉的に捉えるという。そういうとこあると思うんだよね。

2ちゃんモームス板に「りょーしん」って男が出没してたんだ。知ってるかな。モーオタの巣窟に「モーニング娘の何が良いのか全く分からない」ってスレを立てたんだな。当然何人か文句言いにくるじゃんか。そいつらをさ,論破するわけよ。凄まじい勢いで。ものすごい理論的に反論するの。口癖は「意味不明」。

それ読んでてさ,すげーと思ったんだよ。なんて議論がうまいやつだと思った。ただ,ものすごいイライラしたね。りょーしんが勝ってることは分かったけど,りょーしんの側に立ちたいとはこれっぽっちも思わなかった。まあそう考えると「議論がうま」かったかどうか微妙なとこなんだけどさ。

りょーしんの特徴として,自分の感情を一切表に出さないってことがあったのね。「じゃあお前は誰が好きなんだよ」とか聞かれるじゃんか。そういう質問には一切答えない。「言う必要を感じない」とかなんとか。とにかくさ,自分の感情を出しちゃったら,そこにつけこまれるってことをよく分かってたんじゃないかな。議論に勝ちたかったら,淡々と,ロボットのように受け答えすること。そうすれば相手がそのうち勝手に自滅する。今思えば,りょーしんの議論術ってそういうことだったんじゃないかと思うわけよ。

そういうニュアンスをね,最終弁当氏にも感じる。今有名ブロガーなんてのが結構いてさ,dankogaiとか池田信夫とか。そういう人らって結構熱いじゃん。だからそこを叩かれるときもあるなあと思うのよ。でも最終弁当氏が叩かれてるのってあんま見ないのね。なんでかなーと思ってたんだけどこういうことなのかもしれない。ブログを書くにあたって,叩かれないようにしながら一定の位置を確保するという目的に照らし合わせると,最終弁当氏のやりかたってのはひとつの結論なのかもなーとか思う。ただ,最初の話に戻れば,俺はあんま好きじゃないなーということ。否定はできないけど,肯定したくない。そういう感じ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん