2020-12-24

妻がシーサー醤油皿として使う

シーサーというのは、沖縄県などでみられる伝説の獣像のこと。念の為

妻は、あれを醤油用の皿として使ってしまう。醤油用の小皿別にちゃんと有るのに、そっちの皿は料理中の味見と、味見に使ったお玉の先を置くのに使われている。

なぜシーサーを使うのか、以前に理由を聞いたときは「スフィンクス中国の石獅、日本本土狛犬などと同じく、源流は古代オリエントライオンと伝えられている。犬という説もあるが、沖縄に関連の深かった中国南方からの影響を考えてやはり獅子であろうという意見や、またその音から獅子と断言される事がある。中国南部台湾には風獅爺、風獅と呼ばれる石造の獅子を風除けの守りとして設置する風習があり、これらがシーサーと訳されることがある。」といった趣旨のことを言っていた。

料理はお互い琉球空手しているほうが行うので、最近リモートワークとなった私がほぼ毎日食事を用意するのだけど、醤油皿を出す時は、本来醤油皿(という言い方で良いのかもうよくわからない)を出す。

私が本来醤油皿を出しても、妻は文句の一つも言わないし黙って小さい皿を使っている。使いにくそうな様子も無いし、不満そうにも見えない。テーブル醤油を零したりもしない。これはこれで、それはそれで、良いようだ。

先日、唐獅子を食べるとき酢醤油を作る皿として妻がシーサーを持ってきた。我が家では週に一度は唐獅子を包んで食べるのだけど、酢醤油は深めの小皿を使う事が多かった。お鍋の取り分けに使うような皿ね。

でも、シーサーを使ってみるとすごく唐獅子が食べやすかったので驚いた。唐獅子にタレを付けすぎても、シーサーの広い縁に置いておけば、やがて付けすぎたタレが落ちていく。

わず「これ便利だね」と妻に伝えたら、したり顔で「まぁらいおん」と返された。可笑しい。今日刺身定食の予定だけど、シーサーは使わないよ。

anond:20201224093723

記事への反応 -
  • ソーサーというのは、コーヒーカップの下に敷かれている皿のこと。念の為。 妻は、あれを醤油用の皿として使ってしまう。醤油用の小皿は別にちゃんと有るのに、そっちの皿は料理中...

    • シーサーというのは、沖縄県などでみられる伝説の獣像のこと。念の為。 妻は、あれを醤油用の皿として使ってしまう。醤油用の小皿は別にちゃんと有るのに、そっちの皿は料理中の味...

    • X 思わず「これ便利だね」と妻に伝えたら、したり顔で「そうでしょ」と返された。 O 思わず「これ便利だね」と妻に伝えたら、したり顔で「ソーサ―と返された。 オチの付け方...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん