2020-05-25

anond:20200525142441

大多数の凡庸な読解力では、主人公気持ちになって考えてみましょうとか、ある意味洗脳ととれる解法を実践することによって回答にたどり着いているのが現状。

国語の授業でそんな事はやらん。

授業では主人公気持ち文章内のどこに書いてあるか解説して、

試験はそれを問うか、それを更に指定文字以内で要約させるとかそういうもんだろ。

んで教科書文章ならどう教えるかも決まってるんだからマニュアル無視して勝手な授業やる教師でもない限り普通はその通りにやるだけ。

模試入試なんかで初見文章解かせる場合も、答えは全部出題文の中に書いてある。

道徳の授業とごっちゃになってんのかね?

道徳増田の言う通りだが、別に試験があるわけでもないしそもそも国語とは別の教科だろ。

  • 古文に同じ事を感じてたわ。

    • 現代文はメッチャ得意だったんだけど、古文は文法そのものよりもあまりにも今と違う価値観で生きてる古代人の思想をトレースするのが苦痛だったからずっと苦手だったな 暇を持て余...

      • 現代国語も論理性を鍛えるのが目的だったんだけど、教科書には論理文と文学の両方が混ざっていて、それらの時間配分も教師の裁量にまかされてた。 国語教師は文学シンパの人が多い...

        • 国語の問題は題材が文学だろうが論理的に考えて書かれている正解を抜き出すだけの作業なんだが 読解力がなくて書かれている正解を読み取れないから忖度しないと解けないと思ってる...

          • 読解力がないのではなくて、特定の立場に誘導されること(主人公の思いとか筆者の主張)に違和感があるんだよ。 もちろん、主人公の思いとか筆者の主張に同調しかねるが言っている...

            • 大多数の凡庸な読解力では、主人公の気持ちになって考えてみましょうとか、ある意味洗脳ととれる解法を実践することによって回答にたどり着いているのが現状。 国語の授業でそん...

      • そんなものはSTEMにはあたらない、と言われるのかも知れんが 「技術者の文化」みたいなのを重視して語る人はいたなあ、と。まあ高校までの勉強とは関係ない話だが。

        • 高校までのSTEMに絞れば少なくとも書き手の気持ちを考える必要は全くないね。 技術者の文化もあるにはあるが、何かしらの形で合理性が担保されてることが多いからそこまで気にはな...

          • 合理性を支えるのは教養

          • 技術者の文化もあるにはあるが、何かしらの形で合理性が担保されてることが多いからそこまで気にはならないな うーんそのへんは関わった技術者なり大学の先生なりによるのかなっ...

    • 古文漢文は何の役にも立たないから、その感覚は正しいよ。

    • 大学入って判例集とか読んでると、古い判決文の文章とか古文だらけである程度は古文も役に立ったと思ったがなあ まあ専門書とかじゃなくて所詮学部生が勉強のために読む方向だから...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん