2016-01-29

中の人需要ってこれから伸びていく一方なんじゃないか

PS4アイマスPV見てて思ったんだが、顔や表情にはそれぞれ個性があってもダンスほとんど同じだから不気味の谷があるんだよな。

ってことはそれだけ踊り手も必要になるし、表現力があれば一人で全パート踊ってもいいから、やっぱりそこにも個性っていうものをこだわって欲しい。

声優業界だって一過性ブームじゃなくて、ゲームアニメキャラクターがこれだけ多様化することで、当然それに応じた規模まで成長したわけだ。

今まではスプライトアニメ絵が動いていた程度だったのが、今じゃ3Dキャラアングルフリーだもんな。

CVの次に差別化要因になるのって、モーションの中の人なんじゃないかと思うけどどうだろう。

声の中の人+体の中の人の可能性

うそう。だから、そういうのを総合的にできる人が売れていくというかなんというか。

それこそ本人のデフォルメキャラクターモデリングして、主役で登場させたり、色々なゲームゲストとして参加したりなんてことが当たり前になっていくんじゃないかなと。

今後はそのほうが絶対エコになるはずだから

ゴーストライターならぬゴーストダンサーとか、容易に想像できる。

追記ついでに盛り上がってしまうけど、世の中がデジタル化するにつれて3次アイドルってどんどん2次に近づいていってる気がするんだよね。

境界曖昧になっているというか本当に2.5次元化してきてるというか。

写真レタッチが容易だし、もともとイメージなんてつくられたものなわけだし、もう実物がどうかなんてことの問題は些細でしかなくなってきている。

いまでもコラボだとかっていうことでアイドルイメージを間借りすることはあるけど、そもそもそこが主戦場になってくるアイドルも出てくるはず。

そうなると芸能プロダクションゲームメーカー境界もかなり曖昧になってくるのかな。

っていうか初音ミクがすでにそういう未知を切り開いているのか。実在ベースではないけど。

まとまりなくなってきたのでまた。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160129111859
  • http://anond.hatelabo.jp/20160129111859

    あれだけ年貢取ってるんだし、アメリカの超頭のいい人が一生懸命考えて、なんか適当にクリックするとソフトウェア的に揺らぎが出るようにしてくれるんじゃないかと思ってる。

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)