2014-12-20

Retty武田社長からLinkedIn経由でスカウトされたので行ってみたら・・

Rettyという有名クチコミグルメ情報サービス武田さんという創業者の方からLinkedInで直接メッセージが来ましてですね、

はじめましてRetty株式会社 代表取締役CEO武田と申します。突然のご連絡申し訳ございません。」

「まずは一度、お会いさせて頂き、Rettyの今後の事業展開やビジョン貴殿のお考え等、ざっくばらんにお話させていただければと思っております

「ご来社頂いた際には、メンバーともお話いただき事業については勿論ですが弊社の雰囲気も感じていただければと思っております

というようなことが書いてあったので、当然面談主体武田さんで、他にも何人か同席される感じなんだろうなと思い、

直近でジョインできるかどうかは別として、Retty武田さんには以前からとても関心があったので、

とりあえず話だけでも聞いてみようと思って、わざわざ時間確保してオフィスに伺ってみたわけです。

そしたら何故かエンジニアリーダーの人だけが面談にやってきたので、

「あの〜、武田さんは後からご参加される感じでしょうか?」

と聞いてみたら、

申し訳ありません、武田本日は外出しております

と言われて、「はぁ!?」となって、さすがにそれはちょっとお互いの信義に反するというかダメでしょうということで、

筋違いなんですがエンジニアリーダーの人に軽くお説教かまさせて頂いてw,わずか5分程度の滞在で帰ってきちゃいましたw(^.^;)

まあここら辺は人によって感じ方全然違うとは思うんですが、僕は「物凄く失礼で悪質」なリクルーティング方法だと感じたんですよね。

(もしかすると、実際にメッセージを送ってきた人は武田さんではないのかもしれません。Rettyリクルーティング担当の人が

武田さんのLinkedInアカウントを使ってメッセージを送るという詐欺的な手法を使っている可能性もあります)

名前のある人を餌にして、それに食いつかせておいて実は別の人が出てくるという「人を騙す」ような手法は、

Rettyという「好感」や「信頼」をキーワードにしたサービスを展開している会社のやることではないなあと。

まあ基本的に僕は「なるべく怒らない」ことをモットーにしてるんですが、これはちょっと僕以外にも被害を被る人が出る可能性もあるので、

きっちり謝罪させる以外に、このリクルーティング方式を続けるならば「武田さんが同席するのかしないのかを必ず明記する」

ということを約束させるというところまではやろうかなと思っております

まぁある程度名のある創業者の人がダイレクトメッセージを送るというのは効果的なやり方だとは思うんですが、

呼ぶだけ呼んどいて自分がいないというのはあかんでしょということでw,

こういうやり方今後結構増えていくのかな〜とは思うんですが、皆様も気をつけて頂ければと思います(^.^;)

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20141220102208

記事への反応(ブックマークコメント)