2012-10-19

PC遠隔操作事件が白日のもとにさらした、警察自白強要


脅迫メール犯行予告メールの実行犯が犯行声明を行ったお陰で、無実の罪をかぶった大勢の人々の冤罪が晴れた。
PC遠隔操作事件が果たした役割はとても大きい。
それは「警察日常的に自白強要している」という事実を白日のもとにさらしたことだ。

なにしろ自白強要割合が、尋常じゃない。
13件の偽脅迫メールによって4人が逮捕され、2人が嘘の自白をを強いられた。
その割合、50%。とんでもない数だ。
あきれるというより、怖くなる。

しかも、無実の人間からでも、もっともらしい自白調書を作り上げられることが明らかになった。
真実の動機」だとか「犯人しか知り得ない事実」だとかが、警察の誘導で簡単に作り上げられることが証明された。

よく、
「本当に犯人でない人間が、嘘の自白をするはずがない」
という信念を警察は語ってきたし、ミステリー小説等もそれを後押ししてきた。
(『名探偵コナン』や『金田一少年の事件簿』などでも、事件の最後に行われるのは「犯人告白」だ)
それを人々は無意識に信じていた。
事件の全貌を知っているのは、犯罪者被害者だけで、部外者は推理、推察するしかない。
から裁判で無実が明らかになっても、上記の信念を完全に覆すのは難しかった。
(本当はやっているんじゃないか)と考えたり、あくまで例外だ、と思い込むことによって。

ところが、犯行声明がこれだけ明白にPC遠隔操作の実態を明らかにした以上、自白をした人々が脅迫メールを送ったとは考えにくい。
真犯人による自白」以上に、「容疑者自白」を信頼する人々の信念を崩すものはない。
そこに、この「自白」率の高さ。
警察が誘導すれば、本当に犯人でない人間でも嘘の自白をしてしまう、これが事実なのだ

そして、私達の感情に与えた影響。
しかにこれまでも、冤罪事件はニュースとなっている。
しかし、事件が発生してから容疑が晴れるまでに数年(時には十数年)を要するために、私達は感情の落差を経験せずに済んだ。
まり容疑者逮捕ニュースの第一報を聞いた時に私達の誰もが感じる、
「良かった! 犯人逮捕された!」「ざまあみろ!」「警察はよくやった!」
という応報感情と、容疑者が無実だったことが分かった後の、
警察は何をやっているのだ!」
という落胆との間にはタイムラグがあったために、喜びから落胆への振幅の揺れを感じずに済んだ。
ある意味警察自白強要を受け入れていたのだ。

ところが今回、名の知れたアニメ演出家犯行予告メール報道があり、その後すぐに犯人から犯行声明があった。
人々の応報感情は急激に冷え、持って行き場を失い、期待を完全に裏切った警察への不信感、自白強要への嫌悪感は、これまでの比ではない。

警察威信は、完全に地に落ちた。
よほどの改革や自己批判反省を行わないならば、これから警察の作るもっともらしい作文を信じることは、もう、誰も出来ないだろう。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20121019002401
  • http://anond.hatelabo.jp/20121019002401

    少々の犠牲は仕方ないのでは?

    • http://anond.hatelabo.jp/20121019005426

      冤罪被害者本人がいうならまだしも、傍観者が言うせりふじゃない。

      • http://anond.hatelabo.jp/20121019011626

        あらゆるものに犠牲はつきものだよ。 犠牲がないシステムなんて存在しないし、部外者か部内者かなどという対立は意味を成さない。 どうあがこうが、犠牲者が出るんだよ。

        • http://anond.hatelabo.jp/20121019114230

          どうせ犠牲者をゼロにはできないんだから現状を改善する必要もない、というのはいくらなんでも詭弁が過ぎる。冤罪の犠牲者をできるだけ出さないようにすることは必要だろ。 無実で...

          • http://anond.hatelabo.jp/20121019130127

            どれだけ理想を求めても、理想にはなれない。 無実である蓋然性が高い4人の被疑者のうち2人が虚偽(と思われる)の自白を強いられている状況は、冤罪の危険性が大きすぎる。 冤...

        • http://anond.hatelabo.jp/20121019114230

          とりあえずお前は世の中に不満垂れる資格ゼロな。 どんな不条理な目に遭おうが不可避な犠牲と思って我慢しろ。 全体の利益のために死ね。

        • http://anond.hatelabo.jp/20121019114230

          横。 なら、その犠牲はたかだか犯行予告に対する威力業務妨害ではなく、物理的に実施された犯罪によって支払われるべきものでは。

    • http://anond.hatelabo.jp/20121019005426

      国家権力を振り回す以上は、少々の間違いであっても発生してはならない 厳正なる捜査と手続きが実施されなければならない

    • http://anond.hatelabo.jp/20121019005426

      元増田だけど、http://www.amakanata.com/2012/05/blog-post_10.html という記事にあるように、准教授のような立派な大人ですら、自白を強要されるのが警察のやり口。 真実を犠牲にすることによる...

  • http://anond.hatelabo.jp/20121019002401

    警察の捜査への許容範囲 ・証拠物押収 おk ・家宅捜索 仕方ない ・逮捕 しょうがない ・取調べでの自白の促し おk ・取調べでの脅しによる自白の強要 ダメ 今回の件で、...

    • http://anond.hatelabo.jp/20121019094515

      警察は 2犯性 を導入してはどうだろうか? 本命の捜査班の他に 一人ないし 少人数のチームをたてて 本体以外の犯人を捜す という事をすると えん罪を防げると思う。 想定外...

  • http://anond.hatelabo.jp/20121019002401

    今回は愉快犯が手の内をペラペラしゃべってくれたお陰で発覚したようなもんだが、悪意をもって誰かを狙い撃ちにして一生黙っていれば殆ど完全犯罪だよなこれ。 狙われた本人がやっ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20121019171340

      いや、もう自白でもなんでもないって事だよ 警察が調書を用意して脅してサインさせて、はい有罪ね。 っていう事やってたんだからな

  • http://anond.hatelabo.jp/20121019002401

    なりすまし事件、想定外が油断に 警察、被害者に自白強要か (1/2) - ITmedia ニュース 自白強要問題だけど、警察に取って、指紋が付いたナイフを見つけたようなものだったんでしょ?I...

    • http://anond.hatelabo.jp/20121021010525

      つーかむしろ、あれだ。 実際「IPで捜査終わり」にしなかったから、ウィルス(?)が判ったんだよな。 起訴しちゃった後でも、HDDん中を復元して削除されたウィルスまで見つけ出して、潔...

      • http://anond.hatelabo.jp/20121021013053

        そいつはどうだろ。 「IPで捜査終わり」にしなかったから、ウィルス(?)が判った ってのは、まあそうなんだけど。 IPアドレス根拠に容疑者取っ捕まえて脅して吐いたところにそれっぽ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20121019002401

    とっつかまったことあるけどさ 供述調書っていつの間にか警察が書いてて、それを認めるってサインと拇印押しただけだね どっかで見たようなテンプレ文章で反省してますってね

  • http://anond.hatelabo.jp/20121019002401

    取り調べのありかたがどうのこうのじゃなくて そもそも自白が裁判で証拠として使えること自体がおかしいと思うんだ 人間の記憶や人間が口にすることなんてそんなに確実な物じゃな...

記事への反応(ブックマークコメント)