2020-05-19

七年ラノベの賞に一次落ちし続けてたんだけど、やけになって純文学の賞に応募したらなぜか最終選考まで行った

ってだけの話。

正直めちゃくちゃ嬉しい!!

デビューしたわけでもないのにぬか喜びすんなとかビギナーズラックとか言われるかもしれないけど、今まではビギナーズラックすらなかったから本当に嬉しい。

大学時代から公募生活始めて、社畜になっても書き続けて、全部一次落ちだよ。ネットにアップしても閲覧全然回らなかったよ。

頑張って練った世界観愛着湧いてきたキャラが日の目をみることなシュレッダーにかけられていくのは辛かったけどラノベ読むの大好きだし作家の夢を諦められなくて応募続けてた。

純文学の賞に応募したのは一人で晩酌してるときラノベがだめなら芥川賞()狙うしかないんじゃね」みたいな深夜テンションになったからだった。純文学なんて昔表紙買いした集英社の「人間失格しか読んだことなかったからそれをお手本にしつつプロットも作らないで書きたいことや日頃の鬱憤をごちゃ混ぜにして書き殴った。書きたいことを制約なく自由に書くのは気持ち良くて、信じられないくらい筆がのる一方で「こんなゴミ一次に通る以前の問題だろ」と思う冷静な自分もいた。それがなぜか最終選考までいった。

やばい。嬉しい。

なんというか、好きなものと向いてるものは違うっていうのマジなんだね、たぶん。

  • おめでとう。 まったくそういう筆致を増田からは感じないのも、面白いところだ。

  • おめでとう ただ、人生数十年をギュギュッと圧縮してお出ししたものが評価されても その路線で二作目以降は難しいものがあるよね うまく名前を売って書きたいものにスライドできる...

  • ラノベ作家さまは昨今の政治的なアレでやたら 「高い自由度」をラノベの長所として謳ってるけど 結局は読者の大多数である、おっさんのおちんぽに届く小説書かないと 見向きもされ...

  • 自分が作ってるものがどのジャンルに部類されるか分からなくなる時ってあるよな

  • https://mobile.twitter.com/gyutei_4koma/status/1392313634865385473/photo/1 文学はゴマ油っていう

  • ぬか喜びだともビギナーズラックだとも言わないけど何物にもなれなかった自慢をされても褒めたらいいのか慰めたらいいのかわからない 商品になる寸前までいった、商用としての寸前...

    • 嫉妬乙。 元増田は無職とかで後がないわけでも無く、本業をやりながらの片手間でとうとう今回大きなチャンスと実績を獲得したわけで、何者にもなれないどころか、何者かになれる第...

      • 第一歩ねー みんな毎日なにかになれる第一歩ふみだしてるねー よしよし

      • >嫉妬乙。 これってどういうことかな? 人を嫌な気分にさせようとしているってことなのかな? どうしてそんなことをするの? 正直そう思っただけだから、だとしたら聞いた人がど...

  • 向き不向きもあるだろうけど、今まさに新しい才能が集まっているラノベ業界と旧態依然の純文学界で差が開きつつあるという事かもしれない。 ネタ抜きにラノベの第一線で活躍してる...

  • 現代によみがえった俺がラノベで無双してやろうと思ったが見る目なくなってて草はえたから仕方なく本職の純文学で匂わせるとやっと気づいたのが数名なのよ(笑)かつての文豪の生...

  • やはり継続こそ力

  • 良かったな。また書いてくれよ。

  • ひょっとして若い女性(それも美人)だったりする? 近年の芥川賞の傾向を見ると小説の中身は関係なく、作者の容姿と若さで売り出したいようだから

  • 私は娯楽小説の道を歩いてきて芽が出ず、いい加減に諦めてネットでラノベ書いたら書籍化した。 向き不向きとかもあるかもね。 でも、プロットとか無しでずっとやってきたからプロッ...

    • 書いてる作品はどう見てもラノベなのに「私が書いてるのはラノベじゃない」という自己認識のワナビも多いからな

      • たとえば、山田風太郎に憧れりゃ、出来るのは当然ラノベだしね。 北方健三だってそう。 島耕作に憧れてもそう。暴れん坊将軍も、水戸黄門もそう。 ラノベ的なものはあふれているの...

  • 七年ラノベの賞に一次落ちし続けてたんだけど、やけになって純文学の賞に応募したらなぜか最終選考まで行った https://anond.hatelabo.jp/20200519161343   この投稿を見たとき、すぐに誰か特定...

    • 特定できるなあと思ってたけど気力なかったので放置してたけど本当に特定を試みた優秀な増田がいた

    • なんで増田が直近の話をしている前提なんだ。

      • みんな自分の範囲で納得したいだけだから。

      • 匿名とは言え、普通直近の話はなるべく避けるよな こういう風に掘りに来る奴がいるからな 嘘を混ぜたり、若干ずらす

    • ブコメがみんな信じていて怖い。

    • 発表は年末でも3月末締切の最終候補者が5月に出ることは……ないか。

    • 他人の成功を許せないワナビー増田の執念

    • こういうのはフェイクを入れるもんなんで 去年の話を今年の話であるかのように語ったりとか、 本当は純文学じゃなくて大衆文学の賞の話だったりとか、 ずっと純文学の賞に投稿して...

    • やめーや

    • 仮説でしかないことを言い切っていて怖っ。 どんだけ他人の成功が妬ましいんだ。

    • お前ら「王さまは裸だ」的な話が好きすぎだろ(笑)

    • ギリギリ大学は社畜自称することもあるのでは。 研究のためなら自主残業もみたいな

    • ワナビって嫉妬からなのか匿名の書き込みを深追いしてくるから怖い 某ワナビスレでもこういう奴がわんさかいたわ ちょっといい報告をするとすぐIDとか洗い始めて正体を探ったり揚げ...

    • もっとたくさんあげている人もいるので(http://www.sakkatsu.com/pubcontest/genrelist/10/)、「純文学の(新人)賞」の定義の問題という逃げ道はあるかもしれない これがトップブコメってお前...

    • 薄っぺらファクトにスッカスカチェックだ

    • ワナビー特有の陰気が出てるねえ。 ワナビーってなんでこんなに暗いんだろう。

    • ブコメの反応見ていて、みんなこういう話を信じたいんだなぁと思った。

    • なにと戦っているんだお前はw

    • 釣りだったってこと? でもそんな釣りをする理由がなくない?

      • この増田に肝を冷やしている え、その解釈しかないの…?

        • なんか今日は中学生が大量流入してるんよ 純真な子はここきたらあかんてゆってるのに

      • こうやって検証してみる連中が釣られてんじゃん

    • 元増田です。そうです、三木三奈で合っています。小説家になれて嬉しいです。

    • なろうがバカにされてムクムクしちゃったおじさんのおきもちロジカル長文だぞ

    • 純文の新人賞で文藝賞を抜かす程度の知識でファクトチェック(笑) こまいの入れたら他にもあるし

    • バレないように半年寝かせてたことにしたら?

    • 昔はブクマでこういう突っ込み速攻入ったもんだけどなあ

    • フェイクなら最終選考ではない可能性が一番高い ラノベ一次選考落ちってことは全く見向きもされてない状況なんだから、一次通過しかも純文学でってなるとそれだけでも興味深いこと...

    • こんな1円にもならないことを調べてご苦労さんだねえ 偉いねえ

    • 三木三奈さんなんじゃないの? あの増田は文体的に女っぽいし。 しかし明らかに5人の中で一人だけ浮いてるんだけど それだけの面子を押しのけてでも大賞になるって、やはり若い女性...

    • むしろそんな大きな賞想定しとらんかったわ。そのレベルだったら増田には書かなくない?

  • 純文学とは 純文学とは制度的には文芸誌に載っている小説作品のこと。芥川賞はこの文芸誌掲載作から選ばれることがほとんど。 その文芸誌とは下の5つしかない。 文學界(文藝春秋...

    • 案外純文学にがちな人っているんだな 普段どこにいるんだ

      • どういうこと?

        • サザエさんのジャンケンみたいに、どんなジャンルにもニッチなファンというものは居るのだなぁ。ってこと。

          • 俺のかわりに説明してくれてありがとう anond:20210619161701

    • 芥川賞直結のメジャー系純文学賞に応募したとは限らんし、 そもそも芥川賞と他の文学賞の関係に無知だったというパターンもあるしで、 元増田も信用するに足る記事ではないけれど、...

    • 思ったよりもずっと新人賞って多いんだな。 ここに挙げられてるのだけじゃなくて、ほかにもゴロゴロある。 なろう系やネット経由がヒットするのばっかり続いてたから、よほどの老舗...

  • ラノベの上にも7年。 ももくろ3年ラノベ7年。 じゅんじゅんふんがふんが

  • 似たような経験したことがある。(増田のとは違うと思うが) ラノベ書いて、全然一次か二次で落ちてて、たまたま目にしたラノベ以外のコンテストに応募した。 かなり前なのでどうい...

  • https://twitter.com/kis/status/1393438185766592512 すぐれた文学はごま油みたいなもの 元々優秀な人間を苦境に追いこんで 苦悩の万力で壊れるまで締め付けると文学がしぼり出される

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん