2020-01-24

「後、1万円で本○、出来るよ」

100kgのフクヨかな方に耳元で呟かれた。。

どうしよう...。財布には、一月の家賃を払えるぐらいのお金は入れてきたけど。

実際、こんな所で、風俗童貞?を捨ててもいいのかと、思ってしまった。

『うん、払う』

(払うと言い、財布からお札を出した。途端にふんだくるように立ち上がり、カーテンを払い奥に消えた。直ぐに戻ってきた。)

自分でも、なぜ、そんな無謀なことを話したのか。なぜ、自分の方が、接待プレイをする必要があるのか、みたいな考えは...あったのかな。とにかく、風俗童貞を捨てたくて興味・好奇心が勝った。

(お札を受け取った後の態度の変化にはびっくりしたが) 

やってみたことないことをしないと。

ドラム缶というか、ダルマさんのような、巨体を上げて、狭いソファ席の上で、暗闇の中で、座った状態で、向かい合って、上下運動を繰り返す。

繰り返す。

(もう一度、甘い声が出て来た。あん、とか、ハンとか。)  

首もとをキューっと吸われている。吸われている。時折、シャンプー匂いが鼻についてくる。

タイマーが一度、鳴ったのか?直ぐに消えて。いや、タイマーなんてなかったのかもしれない。

  

終わって、賢者モード。店が、暗くて、良かった。

マトモに前の視覚を見られなくて、絶望を味わうこともなかったから。

  

すっと一杯、出されたビールを飲み干して、あめ玉をもらって帰る。

コンビニに寄って、水を買って、帰った。その前にトイレにも行ったが、手を洗うときに鏡に映った首元に、赤いアザが出来ていた。あまり嬉しくない勲章だなと、思った。帰り道は、もう、黒服に声を掛けられることはなくなった。だいぶ、夜が更けていたからだろう。

最後学生生活お年玉が、こんな風に泡となって消えてしまうなんて。若さって怖い。。

  

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん