2019-10-14

どうしていいかからない

人と会話していると、こんなに大変なことがあったとか、こんなにうれしいことがあったとかい話題が出てくる。

多くの人はそれに対して「それは大変だったね」「いいなうらやましい」などとといった反応を返すことだろう。

もちろん私もそうだ。

ただ、そのとき内面にある感情は「ここは適当同調しておいてあげたほうが自分にとってメリットになるだろう(orデメリットを生まないだろう)」というものしかない。

決して相手に興味があって心の底から共感したいと思ったからではない。

メリットデメリットもないことが明らかな状況なら、特段の反応をあえて示さないこともある。

私はなんと利己的な人間なんだろうと思う一方、人は通常そんなに他人に興味がないものから自分他人に興味がないのと同様、他人もまた自分に興味がない、だからこのような反応になるのも自然現象である、とも考える。

どうせ誰も私に興味を持たないから…と相手に興味を持たないでいると本当に誰も興味を持たないくせに、いざ私が興味を持ってほしいと思った相手こちから興味を示そうとするとそれは確実に拒否られてしまう。

これは特定相手に対するアクション問題があるのか、日頃から利己的なマインド問題があるのか、どうしていいかからない。

  • anond:20191014100539

    増田さんは賢過ぎるのかも。返す言葉が見つからないようなとき、汎用性のある無難な言葉を探してしまいますね。 是とも非とも言い難いような話の場合は 「そうなんだ……。」「いろ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん