2018-10-11

anond:20181011095142

カスタムする余地とか必要性とか効果が無い。

恐ろしく保守的だし、百年に一度の天才がやってきてエイヤっと条件出すと五十年は変化が無くなる世界

ブローニングのコルトM1911正式採用されたのは1911年だし、ストーナーAR-15/M-16の原型を完成させたのは1956年だし、改良版のAR-18は1963年、CETMEとAK-471949年新参で樹脂部品劣化がないのかと度々話題になるグロックですら1979年

これらのデッドコピー銃器市場の2/3が語れて、米軍では3回か5回くらい代替品や強化版や発展コンセプトが提案されては「重い、壊れる、動かない」と却下されてるくらい、一度固まってノウハウを積み始めた設計が覆せない世界

から銃器フォーカスするより話に集中するべき。漫画版エヴァでは「かっこいいし描くのが楽」というだけの理由で全ての小銃がHK G11だし、特に知識披露したいんじゃなければ、今だったら世界中どこでも何の話でもMk18とグロック19とAKMで全て済ませられるし、そうすべき。

記事への反応 -
  • anond:20181010164531

    まずはテレビアニメ版トライガンを見ておけ。話はそれからだ。 (その次のメニューはゴルゴ13全巻読破)

    • anond:20181010164731

      ゴルゴを銃の資料にするのはよくない。リボルバーにサイレンサーつけるような作画だぞ? ラノベだけど「ヤングガン・カルナバル」は銃器描写が細かくて良い。(というか深見真作...

      • anond:20181010165103

        リボルバーにサイレンサーってのは別にありえない仮定でもないだろ。 物理的には隙間埋めれば音だって漏れづらくはなるんだし。 そも、発射炎及び煙を隠したいだけで音はさほど重要...

        • anond:20181010165727

          消音リボルバーは複数形式ある https://en.m.wikipedia.org/wiki/OTs-38_Stechkin_silent_revolver けど、漫画の題材になるスパイ作戦に使えるようなものはない 例えば試作と量産が必要な特殊弾薬とか完...

          • anond:20181011094235

            スパイ作戦もの作品の殆どでは既製品には無い謎カスタムが施されるって前提を捨て置いて「ない」って言いきるのはただの創造力不足だと思うんだよ。そういうのワイ嫌い。

            • anond:20181011095142

              謎カスタムする余地とか必要性とか効果が無い。 恐ろしく保守的だし、百年に一度の天才がやってきてエイヤっと条件出すと五十年は変化が無くなる世界。 ブローニングのコルトM1911が...

              • anond:20181011110442

                お前みたいなののそういうの嫌い。 MI6やCIA、モサドや内調が「保守的」って一言で片付けられるほど情報は転がってねえだろ。 仮に保守的な思想がそこにあったとして、メカニックにカ...

                • anond:20181011132922

                  ↑これに対する適切なレスが「目の前の箱は飾りか?」なのかな

                  • anond:20181011144854

                    MI6や内調の内部事情が目の前の箱で調べられるんなら、そもそもイアン・フレミングは要らなかったという話でもあるわけでな。

                    • anond:20181011151024

                      イアン・フレミングの著作ならプライムビデオで見られるだろ そのくらいのことはやれよ

                      • anond:20181011164010

                        結局のところイアン・フレミングも「盛ってる」ってのがお前らの中での結論じゃんか。

                        • anond:20181011164524

                          銃器に絞った話ししてるの分かる? イアン・フレミングは盛り盛りに持った結果、ボンドに何を持たせた? 普通の護身用拳銃だろ。何のヒネリもない。何ならサイレンサーすら無い。要ら...

                          • anond:20181011173639

                            イアン・フレミングがMI6のリアルエージェントだったとしても、別にそこで銃器に詳しいという話には(本来は)ならないってのが正解のはずやが。 007あんま詳しくないんだけど、ボン...

                            • anond:20181011174229

                              詳しいよ。でも市販品を持たせてる。それで十分だから。日本人が変な妄想し過ぎなだけ。

        • anond:20181010165727

          リボルバーの先端にサイレンサーつけた程度で隙間が埋まるわけないじゃん フラッシュハイダーとしてならアリかもしれんが

          • anond:20181010165830

            そうじゃなくてリボルバーでサイレンサーが実用的じゃなくなる弱点がシリンダーとバレルの隙間だって話なら「リボルバー用サイレンサー」ではその隙間を埋めるツールも提供してる...

            • anond:20181010170146

              ゴルゴの場合は先端に筒(つまりオートマのサプレッサーと同じ)をつけてうってたんだよなぁ しかもつけるシーンも描写されてた

              • anond:20181010170318

                じゃあやっぱり、消炎が目的ってこと?

                • anond:20181010170411

                  消音を目的として描写されてた、と思う だからこそゴルゴを重機描写の手本にするのはよくない

                  • anond:20181010170817

                    だからといって「絶対にありえない」とも言えんだろ。もし素でリボルバーにサイレンサー付けてるだけていたとしても、無いよりはマシになるわけだから。 そも、ゴルゴも比較的オー...

                    • anond:20181010171023

                      いや、ゴルゴは純然たるリボルバー派だけど ジャムらないからリボルバーだと本人も語ってた

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん