2015-01-31

NHK BS でやったニューシネマパラダイス編集が酷すぎる

昨夜NHK BS放送されたニューシネマパラダイス放送があった。

録画をして初めて観るという方は、録画を観ないことをお勧めします。

その理由は以下に記載しますが、一部ネタバレが含まるのでご注意ください。

NHKにとって、心の底から愛し合った元恋人である友人の嫁と不倫することが倫理に反しているためカットしたのか。アルフレードの「居場所がなくなっている」という言葉が本当だったことに気付けないだろう。また、アルフレード

愛が有名な映画監督を育てたことになったことが初めての視聴者に伝わったのか。そもそもトトが映画監督として活躍しているという部分はカットされ、視聴者ギリギリ伝わったのは映画関係仕事に就いているという程度の認識しか持てない最後のシーンとなる。

テレビ局では、映画を何分に収めなければならないとか、どう編集しなければならないとか、諸々事情はあるだろう。だが登場人物機微情緒を掬い取れない心の貧しい編集者ニューシネマパラダイス台無しにしたのだ。

いつもNHK BSには期待している。だが今回の編集の酷さに強い憤りを感じた。録画をしてこの土日に観るという方は録画を消し、DVDを借りるなどしてノーカット版を、号泣してもいいように一人で見ていただきたい。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん