2009年06月15日の日記

2009-06-15

http://anond.hatelabo.jp/20090615234226

おまえ 仕事で何してんの?って感じだな お互いに…

向こうは(あくまで仕事上で)仲良くしたいのに 元増田が邪険にするから そんなややこしい事になるんだろ

適当に失礼じゃない程度にちょろっとかまっておいて、仕事に集中しておけばいいんだよ

http://anond.hatelabo.jp/20090615232857

いろんなプレイに応えてくれそうな気もするし

普段はド下ネタOKだけど、実はクンニなんて以ての外

そのどちらかのような気も。

彼氏とはオシッコのかけあいするのがルールなんだよー」

くらいは言いそうだけど

俺は実は後者だと考えてる。

http://anond.hatelabo.jp/20090615233149

見知らぬ相手とのやりとり自分の都合を前面に出されても困る。

http://anond.hatelabo.jp/20090615233149

テンプレートに合わせて返信書かなきゃいけないという常識は世間一般には浸透してません

そりゃ、オクとかでの連絡やりとりにおけるローカルルール

普通一般人は知りません

http://anond.hatelabo.jp/20090615232023

楽観主義を透明と呼ぶのは強引では?

悲観的な将来予測でも正確なら見通しは透明といっていいはず。にほんがだめぽというのも少子高齢化とか前から予測済みのことだから別に不透明さは感じないし。給料が上がらないというのも当たり前の常識として共有されてるわけで、これからずっとそれが続くなら見通しは暗いが透明だ。

ヤフオクで返信用テンプレート書いてんのにスルーするやつなんなの

ちゃんとこっちから「これに記入してね」って書いてるのにテンプレート全く無視とかなんなの。

こっちは作業効率高めようと同一テンプレートにしてるのに。

父が死んだ2

葬式はなんとかなりそう。

ところで父が死んだ場合、俺の友達とかってどこまで知らせればいいんだろ。

父と面識が無かったりする人には、お知らせはするけど別に通夜とか来なくてもいいしなー。

いまどきはもうmixiで公開範囲をきちんと設定して情報を軽くプッシュするだけ、とかもありなのかなー。

あと、幸せ一杯の結婚しましたメールを送ってくれた友人にはわざわざ不幸を伝えることも無いよなー。

とりあえずおめでとうメールでも送っとくか。

なんて考えたりしてます。

日米安保同盟、次の半世紀を考える その2

http://anond.hatelabo.jp/20090615232800

核は拡散し、ブレトンウッド体制は崩壊し、世界の危機は深化する

日米安保体制は風化して、強力な改定が必要になった

▲目を覆いたくなる米国の衰退、核拡散防止条約体制は風前の灯火

ブレトンウッド体制は世銀IMFを主柱として米ドル基軸の通貨体制である。

詳しくは拙著を参照いただくとして、1971年にニクソンが金兌換停止を宣言して以来、ドルは徐々に紙屑化し、08年のウォール街大不況入り以後は、米ドル基軸への根底疑惑が、とりわけ新興工業国家群を中心に拡がった。

真っ正面からブレトンウッド体制に中国が挑み始め、BRICSs(ブラジル露西亜印度中国サミットでは、ドルに変わる新通貨体制を模索し始める。

当面、中国ロシアはSDR債を購入することによって、ドル代替通貨の位置を目指す。この動きに米国債金利が跳ね上あり、猛烈なインフレ懸念が拡がる。

日本はこれほどのドル危機にあっても感受性が鈍いのか、一貫した揺るがぬ姿勢でドルを守る側になる。日米同盟が絶対不変の原則と幻覚症状にあるのと同様に柔軟な思考能力が奪われている。

もちろん戦略的発想は苦手である。

米国の力の衰退は顕著になった。

世界の危機は深化し、おそらく「イラクの西」は、今後イランを背景とするシーア派の統治区域となり、アフガニスタンは「タリバニスタン」となり、パキスタンは無政府状態に陥るだろう。

中東全域は混乱のちまたとなるだろう。

もっとも危険な状況は目の前、パキスタンが開発しストックする核兵器は60発から100発。開発資金の胴元はサウジアラビアであり、当然だが、核兵器の一部はサウジアラビア移転するだろう。もしイラン核武装をしたら間違いなくそうなる。

ザルダリ大統領軍部との調整が円滑にいっておらず、パキスタン軍の独走に歯止めをかけられるほどの政治力はない。この点で陸軍参謀総長出身だったムシャラフ大統領とは違う。

軍のトップ以外、パキスタン核兵器の隠匿場所を知らないという説が有力で、米国としては、ここでパキスタン保護国ともいえる中国と胴元のサウジアラビアとの協力が必要となる。

突拍子もない考えかもしれないが、パキスタンが無政府状態に陥った場合、米中の軍事共同作戦が展開され、核兵器保護隔離作戦を展開するというシナリオも考えられるのではないのか。

日本の核の選択は?

北朝鮮の核保有は米中露をやきもきさせたが韓国は平気な態度である。

なぜなら韓国人感覚では北の「同胞」が保有する核兵器韓国が保有したと同義であり、いずれ日本攻撃用につかえると踏んでいるからだ。

もはや日本核武装が間に合わない。

数百億円を投じて国家をあげたシステムを組み、すべての公務員給料を10%返上して、大国民運動を起こさない限り、もはや独自の核開発は不可能と考えられるので、発想を転換する必要がある。

そもそも日本人の優秀な理工系学生アメリカ頭脳流出したか、国内にあっても宇宙工学職場より「金融工学」を目指した。

いま、原子炉ロケットに携わる日本人エンジニアらは核武装拒否反応をしめす人が多く、この有様では開発に乗り出せないだろう。ちょうど正しい歴史教科書を、短絡反応する現場教師のように。

そこで国益のためにも、日本核弾頭パキスタンから買うという選択肢考慮しなければなるまい。或いはインドから買うのもアイディアだろう。交換条件は従来の援助と引き替えるのだ。さいわい両国とも日本技術資本を必要としており、バーターの条件は整っている。

また日本は7000億ドル近い米国債を保有しているが、いずれこれは徳政令か、米国デフォルトで(GMがそうしたように)、紙屑となる可能性があり、それならば米国から担保を留保する必要があるだろう。

拙著でも何回か指摘したように、佐世保横須賀に寄港中の空母、原潜などを差し押さえ選択肢が残る。

もちろん核兵器付きである。衰退一途の米国軍部とあうんの呼吸が必要だろうが。。

安保条約米国が廃棄するだろう

戦後日本はふぬけ状態、とても中国北朝鮮戦争できる態勢にはない。

戦略兵器を保有できなかった日本には戦争能力が備わっていない。攻撃兵器がない。地雷を保有せず、今度はクラスター爆弾を廃棄する。こういう国会議決をする日本議員というのは安全保障イロハさえ分からない手合いが多い。

 独立国家とはとても言えないが、いまはそのことを論じている紙幅はない。

日本の防衛は過度に米国依存だった。

日本が望んだのではなく、安保条約の片務性と歴代米国政権の明確な意思からである。

米国アジャンダを付与され、その範囲内での防衛思考しかできなくなった自衛隊高官。日本には防衛戦略がないのである。

次期戦闘機をめぐって米国国防長官のゲーツはF22の開発を止めるので、つぎはF35にするから、日本の防衛ジェット機後継は、これだと一方的に言った。

なんとかF22で合意ができつつあった自衛隊も驚いた。MX構想のときもそうだが、つねに米国の移り気によって日本の防衛が振り回される。そんなことに驚くこと自体が植民地根性である。

 

日本には戦略兵器と核兵器を与えないというのが、米国占領政策の延長線上にある世界戦略である。だから空母、原潜、空中給油機、ICBM駆逐艦の保有が事実上禁止されている。

日本自衛隊にないのは核兵器ばかりではない。攻撃兵器がない。長距離ミサイルどころか、空母も長距離爆撃機原子力潜水艦も保有しないから、戦略的防衛計画を立案することは基本的に困難である。

自衛隊のすべての装備は米空母をまもる戦術的防衛の分担でしかないのである。

日本の謳う「専守防衛」というキレイゴトの標語が日本の政治看板にもなり、非核三原則とか、GDP1%以内とか、憲法にも書かれていない制約を受け、手も足も出ない「軍隊」なのである。

孫子がいみじくも指摘したように「攻撃こそが最大の防御」であるにも関わらず。

日本自衛隊戦術兵器こそ多少はあるものの、充足率がわるいうえ、戦場兵器となると弾薬がない。

実弾による火力演習は年に一度、全国の部隊から弾薬をかき集めて行わなければならない。

機関銃も不足し、手投げ弾も少なく、要は24万という表向きの「兵力」がサラリーマン化して、徐々に愛国心に乏しくなっていることも問題だろう。

かくて在日米軍を補完するだけが目的だったのが自衛隊だから、独自の戦力となると、はなはだ心許ない戦力しか保有せず、イージス艦六隻体制などと言っても、自衛隊の実力とは米空母を取り巻く守護兵力ではないか。

MDミサイル防衛)などと絵空事のために日本血税が投じられようとしてきた。

自衛隊は対米依存というメンタリティを辞めるべきだろうが、すでに親米根性の染みついた組織にそれが出来るだろうか?

▲「リバイアサン」から「普通の国」になるオバマアメリカ

ところが日本人戦後一方的に「恋した」米国がとうに心変わりを示し、日本防衛への熱意がうせ、つまり日本の対米期待に対応できるはずの米国の、北の核実験拉致問題への姿勢をみても、すでに存在していない空気がある。

アメリカ国家性格(国体と言っても良いが)が、劇的に変質し、リバイアサンから普通の国家に変貌していく過程に於いて、従来のNATOへの関与を弱め、米韓、米日、米印、米豪条約のあり方の再検討を迫られる。

米軍世界プレゼンスをやめて、米国内に引きこもれと主張したのはパットブキャナンだった。嘗ての米国を代表した右派の声が、これからはオバマ左派の声に変わっていくだろう。

米国は負担に耐えかねてアジアの防衛を「新同盟国」の中国にゆだねる選択も考慮することになるだろうし、現実台湾問題は投げやりになった。

おりしも来年日米安保条約改定から半世紀である。

日本はどうやって生き延びる道を探るのか。安保条約米国から廃棄される前に、自立自尊の道を考える秋が、ついにやってきた。

加藤ローサよりも

木村カエラの方とSEXしたいと思う俺は少数派なのだろうか

カエラとのSEX 楽しそうなんだけど

日米安保同盟、次の半世紀を考える

そして樺美智子さんの死から49年が経った

日米安保条約空洞化日米同盟の軽量化、来年改定から半世紀

昭和三十五年六月十五日。アンポ改定に反対するデモ隊が国会とりまいた。

樺美智子さんが死んだ。デモの隊列にあって、群衆に巻き込まれて圧死したのだ。左翼はこれを権力の謀殺と宣伝したが、だれも信用しなかった。この鮮烈な記憶があるのも、いまでは還暦をすぎた世代だろう。

昭和四十三年十月八日、佐藤首相ベトナム訪問に反対する左翼学生が騒ぎ、羽田京大山崎某が仲間の運転した車に轢かれて死んだ。機動隊は二十数名が瀕死の重傷だった。

かれらは権力側に殺されたと宣伝したが誰も信用しなかった。

昭和四十五年、安保条約改定から十年が経って「70年安保決戦」が叫ばれた。前年の東大安田講堂新宿騒乱で前哨戦が消え、左派の分裂は決定的になり、「革命ごっこ」は意気消沈していた。

70年は平穏に幕が開け、左翼内ゲバに熱狂し、組織は壊滅に瀕し、窮状に陥った日本赤軍派のハイジャック事件と三島由紀夫憂国の諌死事件で終わった。

昭和五十五年、安保条約改定から二十年が経った。

いわゆる「80年アンポ」は左右対決の政治状況にはなく、あらかたは体制保守革命の唄も謳わないサヨクに転じており、サヨク全学連OBは「同窓会」を、そして日米安保二十周年記念の日米シンポジウム東京で開催され、ゲストフォード大統領が来日して「安保改定」を示唆した(筆者はそのおり、会場のホテルに泊まり込んで裏方。広報担当だった。シンポジウム記録は『日米同盟の二十年』、自由社)。

60年安保の象徴だった唐牛健太郎氏は死去し、西部邁氏は保守の側にあり、江田五月氏は国会議長となり、清水幾太郎は「核の選択」を主張した。

情勢はめまぐるしく変わった。東西冷戦の終結は、なにを意味したか?

日米安保ソ連中国北朝鮮を仮想敵に防共の軍事同盟ではなかったのか?

ところが主要敵だったソ連が崩壊し、ワルシャワ条約機構は消滅し、NATO性格をかえて、イランを囲む新型の防衛機構に早変わりし、中国は時代にふさわしい<?>「上海シックス」を主導して米国金融秩序へ挑戦を始めた。

戦後秩序は劇的に風化した

英米同盟は軽くなり、NATO五十年式典は独仏国境で開催されたが、オバマが出席したものの、興奮状態にはなく、むしろチェコで『核廃絶』を訴えた。

ロシアNATOチェコポーランドレーダー基地化に反対を唱える。しかし、グルジアアゼルバイジャンウクライナNATO入りが時間の問題となっている。

イラク戦争のおりに、ロバート・ケーガンは「ネオコン」の論理を代弁し、世界の警察官としての軍事力にひいでた米国の一極体制が復活する。世界秩序は保たれると言い、ホッッブスの説いた「リバイアサン」という怪獣の「力と畏怖」のイメージ世界新秩序の基軸を置いた。

しかし現在世界は、イラク戦争アフガン空爆で復活した筈の米国リバイアサンが衰退し、G2という不思議な時代にはいった。

米国はこれまでの国家性格をおおきく変貌させようとしている。もっと言えば、米国みずからがリバイアサンを峻拒し、「普通の国」になろうとしているかのようだ。

NATO運用比重を独仏英主導に移管しつつあり、G2時代の到来は、次の日米関係を曇らせる。

こうした歴史パラダイムのなかで、平成22年(2010)は、安保条約改定から半世紀を迎える。日本生命線と言われた日米同盟だった。生命線?

安保議論は風化し、「事前協議」条項はかるがると無視され、沖縄海兵隊横須賀空母も、戦争地域に向かった。

そればかりか日本自衛隊は「集団安全保障」「極東条項」の議論を忘れたかのようにPKOはカンボジア派遣から開始されて、いまではイラクのお隣、ゴラン高原モザンビークスーダンへ向かった。役割を分担しながらも、陸海空全軍が出動した。

日米安保条約は風化した。というより事実上性格を変えている。日米同盟存在意義は、鰹節よりも軽くなりつつある。

日米同盟鉄壁は吹き飛ばされそうである。

吹き飛ばそうとしているのは日本ではなく米国である。アメリカ中国重視にかたむき、ヒラリーガイトナー中国に揉み手して、{G2}と言いだし、日本が期待した北朝鮮へのアプローチ曖昧、投げやりとなった。アメリカはこの問題から逃げた。

拉致問題に積極的ではなくなり、「それは日本の主権の問題であり」、北朝鮮核武装は容認し、中国の出方をひたすら待つ。

これがオバマ米国、衰退途次の米国の姿である。(http://anond.hatelabo.jp/20090615232944に続く)

ちら裏

見たくないものを見たときの、この感情をどうにかできたらいいのになぁ

なんか嫌だ

欝る

中国パソコン検閲ソフト米国から盗み出された

カリフォルニア企業ミシガン大学が「ソフトを盗まれた可能性」に言及

中国インターネット情報を統括するために、逐一の検閲を、それぞれの機械フィルターインストールを義務つけた。全てのネット上の情報と会話を監視するシステムである。

ところが、このフィルターソフトカリフォルニア企業の「ソリッド・オーク社」(Solid oak)が発明したソフトウエア盗難、もしくは模倣ソフトらしい。

またミシガン大学研究グループが開発した「サイバー・シッター」(Cyber sitter)と呼ばれるソフトウエアが盗まれた可能性があると『ウォールストリートジャーナル』(6月14日)が報じた。

イスラム社会はウィグル活動家パラオ移送を歓迎したのか?

アルジャジーラが詳細を報道、カディール女史は歓迎談話

既報。グアンタナモ基地からウィグル人の「アルカィーダ」被疑者17名がパラオへ移送される。

中国が占領中の旧「東トルキスタン」(いま、中国の「新彊ウィグル自治区」からアフガニスタンキューバグアンタナモ基地)-パラオ、長い長い旅路。

米国は、この措置にあたりパラオへ二億ドルの援助を約束した。

ワシントンにいるウィグル人団体の象徴で、“ウィグルの母”と呼ばれるラビア・カディール女史は歓迎談話を発表した。

中国に送還されない決定を聞いて、欣快です」。

米国国務省がもっとも案じたことは、中国へ送還すれば「分離主義者として処刑されるだろうから」(アルジャジーラ6月12日

だがウィグル人団体でも反対の声をあげたリーダーのひとりはアマル・ナット(亡命団体の指導者らしい)。「パラオって珊瑚礁クラゲの国? ひとりのウィグル人の社会もなく、ウィグル語は通じない。隔離された場所でいかに暮らすのか?」

アルジャジーラは、06年にアルバニアへ移送された五人のウィグル活動家の「その後」も伝えている。かれらは大学へ通うこともでき、現地でガールフレンドができたのもいる」と。

http://anond.hatelabo.jp/20090615231716

OMやGZ、EBでは割と見る あくまで比較的という意味

RPでもたまーにいるけど、どっちかというと顔よりもボンキュボン系かギャル系、ビッチ系のが多い

SBやIKではまず見かけない

支持率調査

また内閣支持率が下がったとかなんとかマスゴミが必死にネガキャンをしてるようだけど、そもそも支持率の調査なんてする必要があるのか?

いくらでも結果を捏造して読者に間違った印象を与え、選挙の結果をコントロールする事ができるじゃないか。

マスゴミなんか根をたどれば特定の団体に行き着くんだから、捏造結果をある程度そろえてくる事も簡単だろう。

権力嫌いのサヨク自分たちの国に反対や文句ばかり言うのではなく、まずマスゴミという巨大で危険権力を批判したらどうだ。

匿名

増田って、完全に匿名なわけじゃないよね?

http://anond.hatelabo.jp/20090614235746

次の文、「森羅万象、この世に意味はない」なんて主張する人の言葉とは思えないんだが……。

>おとついの昼間とかも全部が全部、もう2度と取り返せない一瞬なんだよね。これがすごいよね。

これが起点だよね。なぜすごいのか。それは何かしらの意味見出したからだよね。

元増田自身は別に「意味見出した」なんて言っていないんだけれど、外から見ていれば意味を見出すことはできるね。

例えば「すべての一瞬が『もう2度と取り返せない』ということ」には、

元増田に『人生をちゃんと見つめなお』させたり、『ちょっとじゃあやってみようかな』と一念発起させる」という意味を見出せる。

元増田がそこまでメタなことを考えていたとは思えないのだけれど、まぁ仮にそうだったとしよう。

でもさ、それって、あなたの言うように「でも死んだら何の意味も無い」ことには繋がらないんじゃない?

なぜなら「元増田人生を満足させる」という意味を見出せるのだから。

それとも「意味なんて何にだって見出せば存在するんだから、不変的な意味なんて無いんだよ」とかいう話?



(追記)

他の人へのレスに今気付いた。たぶんこれもあなただよね?

彼は「今の一瞬はもう永遠に来ないから大事だ」と言ってるんだよね。

「大事」なんてレベルじゃなく、もう本当にすごい事だと気付いて、感動してるんだよね。

だから大事じゃないよ、無意味なんだよって俺は反論してる。

ひょっとしてあなたの言う「意味を持つ」って「大事である」ってこと?

http://anond.hatelabo.jp/20090615231434

問題があるかないかじゃなくて、問題があったとしても「それもいずれ解決されるんじゃね?」という(根拠のない)楽観主義を持っていることこそが「見通しの透明さ」だと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20090615214709

都内のそういう美人が来やすい場所

どこですか。どうか教えて下さい。よろしくお願いします。

http://anond.hatelabo.jp/20090615225157

高度成長期公害もあったし、過疎過密とかの問題も進行してたわけでこのままで大丈夫とは思われてなかったんでは?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん