2009-02-22

たとえ死んだとしても生命科学研究者を志してはいけない

大学院中退して数年、初めてまともな文章の形にして、生命科学の現状を書こうと思う。大御所が見た「現状」ではなくて、知識も経験もろくにない学生意見なので、細かい突っ込みはご勘弁。簡単な経歴には触れざるを得ないと思うので、匿名日記だけども別に身元がバレても構わない気持ちで書く。長くなるから、適当に読み飛ばしてくれて結構。

関西のまあ誰でも知ってる進学校出身。男子校。何を思ったのか、生命科学に強い興味を持ち(そのころの時代の雰囲気も影響していたと思う。ちょうどゲノムが全部読まれたころ)、まあ実家からそこそこ近かったこともあって、京大理学部に進学。授業は正直言って、まったく面白くなかった。系統だった講義があるわけでもないし、生命科学的な考え方を叩き込まれるわけでもなく、雑多な知識を積み込まれるだけという感じ。今考えてみると、恐ろしいことに大学院に8割以上が進学する割りに、周りに統計勉強している人間はほとんどいなかった。1,2回のうちは系は決まらないので、周りもなんとなくCellパラパラ眺める程度。

3年生になると週のほとんどが実験レジュメを読んで手を動かす。ある程度問題意識を持って、研究室に遊びに行ったり、セミナーに参加したり。そこそこ充実。ゼミでも知識が増えていくのは面白かった。ただ、このあたりで、他の系のやつらと比べて、「ああ。おれ全然頭使ってない感じがする」と思っていた。paperも、コントロールの取り方と極基礎的な統計の知識さえあれば、30分もかからずに読める(ある程度の単語が分かれば誰でもそう)。このあたりで系の転向就職活動も少し頭にあった。

焦燥を感じつつも、文系のやつらも同じようなことを言っていたので、まあこの時期誰でもそういうことを感じるもんなのかな、と自分を納得させる。4回になる前に少し早めに研究室に通い始める。生活はここで激変。生き物を扱う関係で、時間の縛りが大変厳しい。1週間のうちほとんど拘束。土日もなし(4回のお正月研究室でどんべえ食べていた)。実験も一度始めると、当然自分の意思で「今日はきりがいいからここまで」ということはできない。週3日は徹夜実験してそのままゼミに出てた。まあ、これは耐えれないこともなかった。

ただ、皆が使う器具や動物の世話を、仮にもお金を払うお客さん側である学生に負担させることへの違和感は感じていた(この違和感は後に海外に短期留学し、向こうの様子を知ることで強まる)。教えてもらったことといえば試薬の置いてある場所と作り方くらいか。

大学院試験前は本気で「どうしたらいいんだろう」と悩む。しかし自分が(自分で言うのもなんだけど)純粋培養で、世間知らずというのもあったし、研究室での人間関係は悪くなかったし、周りが「当然同じ研究室大学院に進むんだよね?」という雰囲気(実際に助教にそう言われた)もあり、大学院に進学。

いよいよ生活は実験実験の日々。実験が始まると生協にすらいけなくなり、コンビニ弁当ばかり食べていた。唯一の楽しみチョコボールを一緒に買って、金のエンゼル当てること(結局、研究室にいるころには金のエンゼルは一回も当たらなかった)。夏あたりで体がおかしくなり始める。朝起きれない。同期の院生や、学部生は合わせて7人中5人が去っていった。残りはおれともう一人だけど、もう一人もほとんど学校に来ていなかった。

信じがたいことに、天下の京都大学大学院(今となってはこんなこと思っていた自分失笑してしまうけど)に苦労して入っても、わずか数ヶ月でほとんどの人間が辞めてしまった訳だ(そいつらがどうなったかは知らない)。当然器具や動物管理の負担はおれに圧し掛かる。研究室に行こうとしても、吐き気がして行けない。自分実験している姿を想像するだけで、目の前が真っ暗になって、体から変な汗が噴出してくる。構内を歩いていても、些細なことで物凄い感情の波が押し寄せてきて、まったく知らない人間に怒鳴り散らしてしまったこともあった。常に目の前を小さな蚊が飛び回っていて、当時はタバコを吸っていたんだけど、気がついたら一日に4箱くらい無くなっていることも。実験のきつさ以上に、将来に対する不安が大きすぎて、押しつぶされてしまった。

秋に観光に来た母親が異常に気がついてくれて、即刻病院に連れて行かれた。連れて行かれるまでは、自分が欝だということを認めたくなくて、母親を怒鳴りつけたりもしてたけど、一旦認めてしまうと、ようやく自分のおかしさに気がつくことができた。そのまま逃げるように研究室を辞めて、半年くらいは何もせずに実家で引きこもっていた。

http://d.hatena.ne.jp/kaz_ataka/

を読んで、当時の記憶が鮮明に思い出された。すべてがそうだとは言わないが、少なくともおれのいた研究室では、学生を体のいい労働力としか考えていなかったのではないかと。よくよく調べもせずに安易に研究室を決めた自分が悪いのも分かっているし、細かい雑用を通じて学べることがあるのも分かる。ただ、研究室を去っていた同期や、他の研究室にいる友人と話してみても、日本大学大学院研究室には、「大学研究機関であると同時に、教育機関である」という自覚が欠けている気がしてならない。

現実に、おれのいた研究科ではほとんどの人間博士を取れていない。就職先も絶望的。教官のなかにも、危機感を感じていた人間はいたのだけども、学生の立場からみると、若い人間不利益押し付けているだけにしか見えない構造がある。科学技術立国を目指しながら、都合のよい言葉を吐く上の人間にしか金は回ってこない。学会の長も務めたさる大御所が、「日本研究院生によって成り立っている。彼らには一律生活できるだけの奨学金を出すべき」とのたまったはいいけれども、ふたを開けてみれば1人につき2万円/月。どうやって生活したらいいのだろうか。奨学金は単なる借金に過ぎない。生活費も考えると、学部で就職した人間とくらべて、ドクターを取るころには1000万近くの借金。それで就職先がないというから、もう罰ゲームでしかない。

おれの同期には、それでも不平を言わずに一生懸命日夜研究を続け、不安定な身分でも前を向いて頑張っているやつらがいるけれど、おれはもう無理。この国の偉い人は、若者が心の底から嫌いなんだと思う。もしかしたら、日本のことも憎んでいるのかもしれない。

読んでもらったら分かると思うけれども、おれにも随分甘い部分がある。これは失敗例の一つでしかない。もしもこれから先、生命科学研究者を志す人がいるならば(生命科学研究自体は社会にとって絶対に必要なものだし、立派なことだと思う)、この失敗から何かを学んでほしいと思う。

「愚者は失敗から学び、賢者歴史から学ぶ」


その後、親に拝み倒して借金をして、海外大学院でMBAをとり、まったく生命科学とは関係のない仕事に就くことができた。幸運だったと思う、正直。今は幸せかと聞かれれば、So soという感じ。

金のエンゼルはまだ一回も当たっていない。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20090222224732
  • http://anond.hatelabo.jp/20090222224732

    学部生の俺からみた生命科学分野についての問題点。 就職先が偏っている。 工学系に比べると企業が修士、博士を必要としていない。 就職先は大学を初めとする独立行政法人の少ない...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090222230549

      マネージメントする側の人間だけが評価されるのは世にある全ての業態での問題。 ただ、マネージメントの人の人格がよいと、ちゃんと手柄を分けてくれる。 そうでないと、マネージメ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090222224732

    生命系の先生って基礎が好きすぎる。 いや基礎はいいんんだけど、偏ってるよな。 産業がなきゃ学生が就職できないし、結局尻すぼみなのに。

  • http://anond.hatelabo.jp/20090222224732

    ただ、研究室を去っていた同期や、他の研究室にいる友人と話してみても、日本の大学、大学院の研究室には、「大学は研究機関であると同時に、教育機関である」という自覚が欠けて...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090222224732

    研究室で修論書いてる真っ最中に読んで、泣いた。 研究室=罰ゲーム 2年間ずっと思ってたこと。 この2年間で去っていった奴とか思い出したら、涙が出てきた。 大学院というシステ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090222224732

    文系だけど心理学(動物実験中心のとこ)もなんとなくこんな雰囲気かもしれない

  • http://anond.hatelabo.jp/20090222224732

    なんという俺。チョコボール買うところまで(笑) こっちは東大だったが。   学部時代から誘われてた教授のところに 特に考えず、必要としてもらえるなら、と行ったんだけど、 RAやT...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090223103943

      RAやTAの給料を研究室に丸々上納するのが当然だった、みたいな。 それ、アカハラ・パワハラやん。RAはともかく、TAの方は。 「RAはともかく」と書いたのは、10年ぐらい前は学生の出張...

      • http://anond.hatelabo.jp/20090223104353

        いや、その研究科長は、いい人だったよ。 あなたは、もしかしたらギャグで言ってるんだと思うけど、 誤解ないように弁護しとく。   研究科長は心配してくれたんだよ。 俺が普通に「...

        • http://anond.hatelabo.jp/20090223104841

          了解、それならいいや。安心した。 心配してくれて、ちゃんと現状を確認してから見届けようとしてくれるのは いい先生・いい姿勢だわ! 先輩方、博士号なかなか取れてません、み...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090222224732

    この記事読む限りでは、生存が不可能な環境にしか見えなくて笑った。 生き残れる奴がいるというのが驚きだw 研究室が運営し続けられてるというのも凄いよな。それで潰れないもんな...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090222224732

    沸騰都市のシンガポールの回がおすすめ。 その京大から逃げた生命科学の人が活躍しとーとよ。

    • http://anond.hatelabo.jp/20090223133023

      シンガポールはバイオポリスとかいってすごく力入れてるんだよな。 ノーベル賞は二の次でまず雇用とかもいってたな。

    • http://anond.hatelabo.jp/20090223133023

      沸騰都市のシンガポールの回がおすすめ。 その京大から逃げた生命科学の人が活躍しとーとよ。 いや、シンガポールってカネはあるけど本質は人材の買い上げであって、長期的に見...

  • [理科・科学教育][就職活動]もういっそ大学は教育機関じゃなく研究機関って言えばいい

    聞くところによると、各地の大学に「修士課程の学生数絞りこみのお達し」がお上から来ている*1ようで。流れはよくわかりませんが、教育に重きをおいて(?)修士学生の質を維持する...

  • 人生の作り方

    価値の判断基準が自分の外にある人間は表現者になれない - 発声練習 大学院の教授がクソだと言われる一つの理由 たとえ死んだとしても生命科学の研究者を志してはいけない これらの...

  • たとえ死んだとしてもサッカー選手を志してはいけない

    大学を中退して数年、初めてまともな文章の形にして、サッカーの現状を書こうと思う。大御所が見た「現状」ではなくて、知識も経験もろくにない学生の意見なので、細かい突っ込み...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090222224732

    研究室や担当教授が何かしてくれると思うのが間違いなのではないか。 小学生、中学生、高校生までなら、学校は俺達に何してくれんの?何を提供してくれんの?で良いと思うんだけど...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090223211620

      なんで「w」を使うの?きもくね?

    • http://anond.hatelabo.jp/20090223211620

      アカデミックな世界のことを何も知らない奴が余計な口出しするな

      • http://anond.hatelabo.jp/20090223212242

        仮に知らないとして、その知らない人間にでさえツッコミ所が満載という事だよ。 言われた事すら出来ない人間に何が出来るって言うんだ。 所詮、京大というカンバンに乗っかろうとし...

        • http://anond.hatelabo.jp/20090223214358

          知らない奴が見当違いなことを言ってるだけだろ。 研究の道なんか東大京大は当然という世界で 京大出であることは強みでもなんでもない。 「学歴」なんか空気や水同然の世界だよ。

          • http://anond.hatelabo.jp/20090223214848

            つか、学歴より「どの教授についてどういう研究をしてきたか」が大事な世界では。 東大京大が全ての分野において最も優れた研究している訳じゃあるまいし

    • http://anond.hatelabo.jp/20090223211620

      一言で言うと、そういう連中はマザコンなんだよ。おっぱいを与えられるがままに飲むだけで、自ら何かを手に入れる事が出来ない。チンコ立たない。母親の方を向いてクチを開けるだ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090223211620

      庶民が勤めているような民間にいる東大/京大出身の連中なんて、エリートの落ちこぼれですらない。クズ。駅弁以下なんだよ。 ここで言う「庶民」あるいは「庶民が勤めているような...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090223211620

      一握りのエリートが社会をデザインするって発想はモロ社会主義なんだけど、日本では気づいてる人少ないね。 教育が悪いのかな。

    • http://anond.hatelabo.jp/20090223211620

      ま、それでもお前みたいな口だけ坊主よりは彼らは使えるよ。メンタルケアはちょっと面倒だけどな。 と、民間企業の中間管理職が酒を呑みつつ思ってみる。今日は年休だぜー

    • http://anond.hatelabo.jp/20090223211620

      落ちこぼれのエリートほど使えないものは無い。分をわきまえて、「俺はシールでいいです。製造年月日だって必要なデータですから」とか言えないからね。頑張って、秒針とか長針に...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090222224732

    どちらの研究室に入る? a. 地味で地味で世界中で数百人、あるいは数十人の関係者しかみないような雑誌にポツポツとつまらない論文を投稿してます。CNSなにそれ? 華々しい舞台には...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090224003714

      その条件A/Bでは選べない。 自分が研究したいことをやっている方で、あとは教授の人格が出来ている方。

      • http://anond.hatelabo.jp/20090224004907

        免疫で食えなくなると見切ったら文筆業に転進したと思いきや脳に手を出したりした多田富雄さん。 整形外科の研修医から再生医療の道に進んだ山中伸弥さん。 「食える」種をみつけた...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090222224732

    要は過当競争なんだと思う。 大学院に入る時点で、志願者の資質を評価・選抜するという過程が欠けていると思う。 「労働力だし、お客様だし猫もしゃくしも」なんて状況に何となく...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090222224732

    どこの大学院も同じなんだなって思った。 自分は東大だったけど、何も考えずに修士に進学して研究室に居座り続け、 博士課程まで行ってから、このままではマズイと悟ってドロップア...

  • 日本社会に蔓延る誤った「学問」信仰

    http://anond.hatelabo.jp/20090222224732 のブクコメを読んでいて長年疑問に思っていた思いがようやく氷解した。どうして自分が今までいわゆる「大学人」に対して反感のような思いを抱いてきた...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090228140441

      東大にいけなかったきみは入門書を読みたまえ。

    • http://anond.hatelabo.jp/20090228140441

      その昔「ニューアカデミズム」というのがあってだな、まあ簡単に言えば学問ごとに閉じこもるのやめて他のもの(他の学問だけじゃなく社会も含む)と混ざっていきましょうって考え...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090228140441

      横レスだけど、「道」というものにはそれはそれでまた一片の存在意義がある。決してオカルティズムではないものが。 そのことを知らないとしたら、それは単なる物知らずだよ。

    • http://anond.hatelabo.jp/20090228140441

      しかし、「道」になるのは大学に限らないよ。政治家・官僚・医者……同じだよ。この国で「道」から逃れられるのは匿名の人間だけ。

  • 生命科学の研究者を志すなら

     先週の日曜日に夜中まで実験やったのを皮切りに、午前様の日々が続いております。水曜だけは耐え切れず帰ったけど。そんなわけで、最近のブログは書き溜めた下書きアップに終始し...

  • 京都大学生命科学研究科

    これはね、給料貰って実験している准教授、講師の実験動物の世話、実験器具の洗浄、試薬作りが学生におしつけられているんだよ。 動物を扱わないin vitro実験onlyな学生とかにもね。 向...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090327023906

      金の使い方が違うよな ペットシッターみたいの雇ってやらせるべきだよなそれはさ 国とか大学は金だして雇うべきだわ

  • ピペド問題は理学部生物学から逃れても続くんだよ

    まず、ここまでの経緯 数日前、はてなのアノニマスダイアリーに「ピペド問題」につい

  • 生物系の学生は生命科学に見切りをつけろ ~専攻ロンダのすすめ~

    日本の生命科学が駄目な理由を書いていこうと思う。 たとえ死んだとしても生命科学の研究者を志してはいけない http://anond.hatelabo.jp/20090222224732 の方も書かれているように、日本の生...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090906004349

      ピペド問題の根源は、学生を労働力としてしか考えない構図。 頭は悪くても手が動くやつのほうが、使い勝手がよい。博士出た後のことは知らん振り。

    • http://anond.hatelabo.jp/20090906004349

      視野の狭い博士ってのは日本では全てに言えるよな。海外だと博士号二つ取らせるってのはやってんのにな。

      • http://anond.hatelabo.jp/20090906211213

        その博士号をひとつも持ってない人が面接官になって、視野が云々言ってみるのが日本の典型的企業だったりする。

        • http://anond.hatelabo.jp/20090906212643

          人事をやってた時期があるけど、実際顔見知りで素性の知れた人じゃない限り博士って取りにくいよ。 研究開発の人が推薦してくれば人事としては断る理由がないので採用する。 とは...

          • http://anond.hatelabo.jp/20090907192835

            博士号取れるもんなら取りたいんだけど、日本企業は大抵が君みたいな感じなもんでリスクが高すぎてなかなか取りにいけない。 博士ってだけで「こいつはきっと視野が狭いに違いない...

            • http://anond.hatelabo.jp/20090907194213

              なんというか、理系に限らず日本では企業と大学・学術界の相互不信が根強いんだろうな。

              • http://anond.hatelabo.jp/20090908010539

                こういう不利益な均衡って、どうやって保たれているんだろう。 産業界と学術界が不仲だったら、あえて学術界と仲良くする、つまり直接提携したり学位保持者を積極採用したりする企...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090906004349

      教授(学部時代)「今の理系の大学生は大学院に行くのは当たり前になっているんだよ。うちの学部生も8割は進学している。 修士になれば大手製薬からだってオファーがたくさん来る。 ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090906004349

      この分野では、ピペット土方とよばれる単純作業を繰り返すことが必要不可欠であり、教授は学生を労働力確保の手段として、修士や博士に進ませることが一般的なのだ。 その過程...

      • http://anond.hatelabo.jp/20090907192456

        うーん、こうゆうサイボーグや医工学の分野ってどうなんだろうね。 こっちも発展には時間がかかりそう。 生物系院生の就職問題では、こうした研究分野自体は未発達でもいいので...

    • 生物博士オワタ

      博士に対する見方 大学:学費を払ってくれるカモ 教授:ポスドクみたいに給料支払わなくてなくていいし、    早く論文書いて卒業したいから必死に命令に従う便利なコマ 周...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090906004349

      http://anond.hatelabo.jp/20090906004349 の書き込みを見てから、このオリエンテーションの資料を見ると笑えるw   本気なのか、樹海へ連れ込みたいのか。。。     「私たちは数学・物理・化...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090906004349

      海外はどうか知らないけど、少なくとも日本の生物学ってなんつーか「女の学問」だよな。 高校時代『数学わかんなーい、物理わかんなーい、うふ☆』みたいな女が生物の教室に溢れて...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090222224732

    なげーな。 なんだかしょうもない話だな。 研究してるやつってこんなんばっかりなのか? 研究指導してるやつもか? ようは覚悟の問題だよな。 何をして生きていこうか、ってこと...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090906015317

      今頃古いネタに噛み付くなぁ。 そりゃぁ、個人単位で見れば、「生命科学者になれなかったら職がなくて死ぬしかない覚悟で来てください」っていうのもありだとは思うよ。自殺するの...

      • http://anond.hatelabo.jp/20090906021627

        そもそも「理系アカポスを目指す人々」というのは世間的に理解されにくい人種だ。 比較的高学歴・アカデミズム寄りの人が多いと思われる増田ですら この世界の特殊性があまり認知さ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20090906021627

        国が投資した分は働いてもらったほうがいいというのはそのとおりだろうけど、そのための追加投資が新たなサンクコストにいなっちゃいそうなんだよな。国が何もお膳立てしなくても...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090906015317

      そこで、コンサルですよ。インタプリターですよ。 正直理系冷遇な日本でどうしようもないですが、最近は文型も理系っぽい人も多いからもういらないかもね。

    • http://anond.hatelabo.jp/20090906015317

      全然ちげーよ。それが好き、覚悟がある、だけじゃ限界があるんだよ。何にもお前は分かっていねーよ。

  • 2011-01-04

    http://anond.hatelabo.jp/20090222224732 ダマされて孤島の毒ガス兵器研究製造施設へつれていかれた小学生を思い出した。 仲間がドンドン泡吹いて倒れて死んでいったらしい… 教われる知識は毒...

  • はてな匿名ダイアリー 197のコト

    ランク タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 急がばまわれ式・堅実で一番効率的な英語の勉強法 7900users 2009/10/26 22:02 学び 2 20年来のつらさがほぼ消えたことにつ...

  • はてな匿名ダイアリー 189のコト

    ランク タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 急がばまわれ式・堅実で一番効率的な英語の勉強法 7900users 2009/10/26 22:02 学び 2 20年来のつらさがほぼ消えたことにつ...

  • 理学の構造 - 物理 vs 化学 vs 生物 -

     今日は中高生で理学部がイイかも?って思っている人やそのなかでどんな分野に進もうか迷っている人に向けて、「物理」と「化学」と「生物」の各分野を比較をしてみます。僕は理学...

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)