2021-01-26

冷笑的な反応が許容されなくなった

2ちゃんねるが隆盛していた頃、

インターネットでは特に、どこもかしこ現実問題や投げかけられた議題に対して冷淡で小ばかにするだけの言説が多くの支持を集めていた。

だが今はそうした反応をする人物は単に「問題対処する知性がない」と見られるのみになり、

世間から打ち捨てられるか手酷いバッシングを受けるようになった。

これは社会的問題だけでなく、掲示板SNSでのやりとりでもやはり皮肉屋で冷笑主義的な人間は知性がなく問題解決能力が低いと見られるようになり、見下され始めている。

こうなってしまったターニングポイントは三つ考えられる、

一つはリーマンショック二つ目東日本大震災。そして新型コロナウイルス流行

要するに厳しい現実に向き合わずレトリックで逃げ回る人間卑劣さが目立つようになってしまたから嫌われ始めたのだ。

たこうした流れによっていわゆる「楽屋ネタ」と呼ばれる芸やメタフィクションが廃れてしまった。

  • これは痛切に感じる。 教育程度は確実に上がっている。

  • SNS界隈じゃあもう、自分の願望に水刺すだけの人間を「冷笑」とレッテル貼る流れがあるんで、警戒心持つ言葉になってるわ。 最近じゃプペルで熱くやってるやつが、冷笑、って使った...

  • いろいろはしょっているが鋭い洞察。 ダラダラ説明せずにあえてはしょっているあたりが読者の考察にゆだねている感じが心地よい。

  • はてブのクズに冷笑系はまだ多いのが不愉快。 下らない大喜利したり。

  • ほんま最悪だよな マジレスするやつは全員不幸になって欲しいだけなのにな

  • アメリカ的なマッチョ思想はそれはそれで息苦しいい

  • 単にSNSが隆盛して2ちゃんねるっていうコミュニティが廃れて、そこで冷笑系やってた人間が見えなくなっただけじゃないの? 東日本とかリーマンとかコロナとか全然関係ないでしょ。...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん