2020-09-26

歌下手なアイドルの源流は歌う映画スターじゃね?

いや、詳しくないけど。

今じゃそんな素振りも見せないが、吉永小百合1960年代紅白歌合戦常連で、橋幸夫デュエットした「いつでも夢を」はレコード大賞を受賞している。

若い人は聞いたことないと思うが、歌唱力はまあ…。ま、うまけりゃ、その後も歌ってただろうが。

そういえば「フン、フン、フン、黒豆よ〜」などと歌ってた過去明石家さんまに発掘されたこともあったな。

石原裕次郎歌手としてもブイブイ言わせてた頃どういうノリだったのかしらないが、今でいうところのアイドル存在だったのだろうと思う。

裕ちゃん」と同時代を生きたファンの人たちの熱量は凄い。多分、歌がうまいかどうかとかそんなことじゃなくて、裕ちゃんが歌ってるってこと自体価値があったのだろうな、というのは想像に固くない。で、そのレコードが売ってるとなれば、喜んで買ったのだろう。

今聞けば、そこらのカラオケレベル歌唱力なんだけど。

まあ映画スターに限らないが、昭和のある頃までいろいろ有名になると勢いにのってレコードを出す、という風習があった。スポーツ選手とか。で、それをファンがグッズの一つとして買ったりしてたんだ。してみると、アイドルCD商法ってのも源流をたどるとかなり歴史が深いのかも。

  • 俳優もスポーツ選手も歌うし、お笑い芸人も歌うよな。 浜田雅功の歌唱力は、駄目だあれは。あれは歌ってはいけない。 木梨憲武は良い。 アメリカだとお笑いグループThe Lonely Islandがコ...

  • 歌唱シーンなんて一つもないアニメなのにキャラソンが全員分発売されるようになったのも儲かるからよね。おかげで思わぬ歌うま声優が発掘されることもあるけど。

  • それの大元の源流はベティ・ブープだろう

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん