2019-08-31

8月31日で夏は終わりと思ってるバカ

8月31日夏休み終了」というのは小中高校生ぐらいまでの都合

しか日本全国どこでも同様ではなく地域ごとに夏休み期間は異なり

8月の途中で二学期が始まる地域だってある

社会人の多くはお盆過ぎればまた出社してそのまま自然9月突入する

にもかかわらず、「9月1日からキッパリ季節が変わる」と考えてるバカが多すぎる

べつに8月32日になっても8月33日になっても依然として気温は30度以上でぜんぜん暑い

体感的に確実に涼しくなって秋到来だなと感じるのはやっと秋分

だというのに、スーパーでは9月1日から冷麺が目立たない場所に引っ込み

下手をすればもう鍋物コーナーができ

服屋では夏物衣料が大量に片づけられる

阿呆

月の区切りなんて人間がつくった暦に過ぎないのに

自然がそっちに従ってると思い込んでる奴なんなの?

気温の体感に従うならば、どう考えたって9月20日ごろまでは夏だよ

冒頭に触れたように小中高校時代夏休み終了を区切りとする感覚

大人になっても刷り込まれている人間が多いのかも知れないが

8月/9月」という区分が良くない

いっそ8月は50日までとし(その途中の8月32で夏休み終了)

9月10日分だけでいいんじゃない

この問題(暦での月と体感の気温のズレ)

もとを正せば旧暦新暦に変えたのが一因なんだけどね

  • anond:20190831195302

    へたしたら10月くらいまでは天気によって暑かったりするのは体感としてみんな分かってるでしょ スーパー等が季節を早どりした商品を置くのはまた別問題

    • anond:20190831200132

      俺は9月になっても引き続き暑いから冷麺食いたい日もあるし まだまだ半袖の服が必要になることもあるんじゃ そういう意味ではスーパーの商品切り替えとかはむしろ実用性に反してる...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん