2019-08-05

冨野押井庵野のことは嫌いなんだが

ドラクエ5の映画のことを見ると

冨野押井庵野と似たようなことしてるなって思って

視聴者ケンカ売るような話というか)

その上で一定反響を得てるんだから

この三人はやっぱり天才なんだなって思ってしま

自分についてくる心の強い視聴者しかいらねー」

みたいな傲慢さがあるんだけど

心が弱くても麻薬みたいな力(脚本や見せ方など)で

心をボロボロにしてもついて行ってしまう勢いと説得力があるよね

大勢の人で作ってる映画の中で

どれだけ監督責任を負うのかっていうのはあるんだけど

上の三人は気に入らないなって思ったらいつでも

降りてしまいそうだし没にするだろうなって思う

自分の思った展開以外は受け入れないだろうと思う

どんなに土壇場でもスケジュールギリギリでも嫌ならやり直すと思う

納得いかない出来になった場合監督って自分名前を入れることを嫌がると思う

そう考えたときに例のドラクエ映画監督

納得いかないとは思ってもそのままゴーサインを出してしまったのでは

最初から最後までまずいと思わなかったなら鈍感だったんではと思う

  • anond:20190805135822

    喧嘩売った癖に陳腐なハッピーエンドにしてるのがカスなんじゃねえの? 喧嘩売ったなら売り切れよ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん