2019-03-07

人工透析患者の「本人の意志による治療中止」を認めるならば積極的安楽死とセットでなければならない

どうにも長谷川の「透析患者は殺せ」の時から議論の一部に違和感を感じていたのだが,今回の福生病院の件ではっきりした。表題の,私が大前提だとおもっている事実が(なんと医者であっても)共有されてはいなかったのだ。

消極的安楽死というと,自力呼吸ができなくなった患者の人工呼吸器を外す,というようなもの普通は想定されるだろう。人間は呼吸ができなくなれば,数分のうちに,長くても十数分のうちに意識を失い死に至る。

だが,人工透析患者消極的安楽死適用できない。透析をやめても患者はすぐには死なないからだ。少なくとも一週間,長ければ数週間は生き続ける。そして最後の数日は,尿素や老廃物が「死ぬほど」体の中にたまり苦痛のうちにのたうち回ることになる。緩和ケアなんて無理だ。体中に毒物がたまった苦痛を除去できる技術なんか無い。

人工透析患者死ね」という論者であっても,さすがにそれを望むほどには鬼畜ではないだろう。なので,仮に人工透析の本人の意志による中止を認めるならば,中止の決定と同時に患者を薬殺してあげなければならない。それが議論大前提だ。

その上で,人工透析患者安楽死問題の是非を論じなければいけない。

  • anond:20190307175053

    記事読むと「透析学会の基準だけをふみこえた」ことで糾弾されてて医師会全体はブレブレで救う気もないので無理そう

  • anond:20190307175053

    生命の維持に透析が必要な末期腎不全患者の全てが維持透析を行うわけではない。 超高齢の場合などは、薬剤治療で可能なところまで粘って、最終的には緩和的治療で亡くなっていくケ...

    • anond:20190309212604

      あなたのおっしゃる通り、全ての患者に維持透析をするわけではありません。 あくまで患者さん本人の意思によって、透析導入にするかしないかを決めますが、ほとんどの高齢者は透析...

  • anond:20190307175053

    緩和ケアなんて無理だ。体中に毒物がたまった苦痛を除去できる技術なんか無い。 終末期に使われるような鎮静+睡眠の薬でも効かない? 技術ないって言うより、やりたくない・や...

  • anond:20190307175053

    人工透析なんてチマチマしたことなんか始めからやらなければいい。 京大の山中先生に頼んで、iPS細胞から腎臓を作り上げて移植する技術を確立するしかない。 免疫やガン化などの障害...

  • anond:20190307175053

    透析やその前段階の病気によってメンタルも脳も判断力が低下している状態で、まともな選択ができるのか 普段、発達障害や精神病だからと安楽死の積極賛成派であるブックマーカー...

  • anond:20190307175053

    透析患者を放置してたら全身が紫色に腫れ上がるって教えてあげないといけないのじゃない?

  • anond:20190307175053

    安楽死合法化はよ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん