2018-10-12

anond:20181011230852

文系で、査読されたこともしたこともあるけど、過去査読から言われたことや査読者として言ったことはこんな感じ(一つの論文じゃなくて、複数論文の事例を適当ピックアップしている)。

記事への反応 -
  • 文系の査読ってどこまで正しいの

    大学教育なんてうけてない完全な門外漢だから教えて欲しい。 まず論文の査読ってのは、文理問わず、ある程度の有識者によって 「明らかな誤りを含んでいない(であろう)こと」が...

    • anond:20181011230852

      人文系で、査読されたこともしたこともあるけど、過去に査読者から言われたことや査読者として言ったことはこんな感じ(一つの論文じゃなくて、複数の論文の事例を適当にピックア...

    • anond:20181011230852

      法学では査読はあまり意味がない 頻繁に引用されて定説化したものが正しい

    • anond:20181011230852

      論文が「正しい」か「正しくない」かを査読者が判別可能な特殊な分野である数学のことしか分からないけど, 数学だと論文に載ってる証明が正しい事は前提になってて,論文誌のラン...

    • anond:20181011230852

      文系ではなく理系なので、想像でしかないけど。 理系では、研究が参照してベースに置いている先行研究と言うのがあるんだよね。完全に何もかもが新しいという事は、ほぼないと思...

    • anond:20181011230852

      論文の情報だけで正しいか正しくないかが判断できるのは数学とか理論系の話だな 実験や調査系は内容が正しいかどうかまでは査読ではわからない それは今後の研究で確かめられること...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん