2018-01-28

映画葛城事件」のちょっとした感想

壊れた家庭を表現するために食事コンビニ弁当象徴的に使われることが多いなと感じた。

でも壊れている家庭って一見普通で、まともな事言ってる&やってるようでいて、よく見るとおかしいって感じだと思うんだけどな。

本人的には意識高くて頑張っているつもりだったりするからコンビニ弁当なんて分りやすく不健康もの軽蔑してそうなもんだけど。

例えばお弁当毎日手作りなんだけど、中身が毎日同じとか。

成長期だから女の子であろうと山盛りの白ご飯を毎日無理やり食べさせるとか

ルールを守るのが大事と言いながら、子供息抜きとか言って酒飲ませたり

何かおかしいって感じなんだよな、変な家って。

しろそういう家庭の妙な食生活から抜けてコンビニ弁当を食べられるって幸せだと思う。

多分これ監督とかが健康的な手作り食生活が基本にあるからコンビニ弁当が家庭崩壊アイコンとして機能してるつもりなんだろうなと思った。

あと田中麗奈のあの役。あんなの来たら、三浦友和もそう思っちゃうよなと思った。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん