2017-10-22

anond:20171022085937

1について、限定的であった。さらにそれは2の要素も含むということであるが、2の要素が含まれても対処できない理論に誤りがあった。

だね。

一番は官僚主義、かつ、国がすべて決めるということのために、トップ一人の判断に完全にゆだね、かつそのトップ一人になるために派手な権力闘争が発生した。

ただし、共産主義批判は、対抗する新自由主義正当性を主張するためのものであることも多いので、付け加える。

まあ、それでも新自由主義行き過ぎると、金回りが悪い企業金持ちに多く金が回りすぎ、どんどんデフレ設備投資低下が起きる、格差拡大が起きるので、

新自由主義も万全ではないよ。

2つの対抗する意見があり、片方が間違いであからもう片方は正しい、なんて単純なものではない。

そもそも、こんな雑な分類での議論はあまり役には立たない。

記事への反応 -
  • Q. 共産主義はなぜどこの国でも失敗したのですか?

    1. 理論に欠陥があった 2. 理論に欠陥はないが、運用する人間の側に問題があった 3. そもそもあれは失敗ではなかった

    • anond:20171022085937

      1について、限定的であった。さらにそれは2の要素も含むということであるが、2の要素が含まれても対処できない理論に誤りがあった。 だね。 一番は官僚主義、かつ、国がすべて決める...

    • anond:20171022085937

      「理論を正しく理解していなかった」 が、正解。理論自体不完全だったところに、それを誤解したり自分勝手に解釈した連中が勝手なことをやったのが「共産主義」。 だいたいが元祖の...

    • https://anond.hatelabo.jp/20171022085937

      ロシア東欧とかの旧共産圏が市場経済に移行しても相変わらず西側より貧乏なままなことからして因果関係が逆なんだろう どんな経済体制でも失敗してるような国が「貧困の原因は自分...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん