2017-03-12

Switch東京じゃ売れない

東京暮らし増田です。Switchの「据え置きのゲームが外でも遊べる」ってコンセプトにかなり惹かれて発売日に無事ゲットしたんだけど、しばらく時間が経つにつれて、こりゃ東京じゃSwitch売れないなと思うようになった。

もちろんゼルダは素晴らしすぎる出来でハマりまくっている。超優秀な時間泥棒だと思う。でも、だからこそ東京じゃもう「携帯できるゲーム専用機」は売れないんじゃと思うようになった。東京カフェなどでは、ゲーム機プレイしている人はほとんど見かけない。多くの人はパソコン資料作成しているか、本で勉強をしているか読書をしているかだ。東京の人は地方在住の人に比べて圧倒的に学習意欲が高い。たまに地方スタバに行くが、勉強をしている人は学生以外にほとんど見かけない。ここが東京地方の大きな違いだと感じる。ボリュームのある据え置きタイプゲームプレイする時間が、東京人にはそもそも残っていないのだ。

東京には街全体に「社会人になっても勉強をするのが当然」というムードがある。そんな中で「ゲーム専用機」で外でゲームをするという状況が受け入れられるとは思えない。学生には受けるかもしれないが、そもそも時間のある学生はわざわざ外でゲームプレイする必要はないし、それこそ東京学生カフェなどで勉強していたりする。この「ゲームをする暇があったら勉強したほうがいい」というムードがある限り、東京ではSwitchブレイクできないんじゃないかと思う。悲しいかな、東京では社会人公共の場ゲーム専用機プレイしていること自体NGなのだ

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20170312180645

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん