2016-11-12

素晴らしい新世界

201✕年のある日、東京の多くの駅に巨大な萌え絵ポスターが登場した。欲情的な表情を浮かべた巨乳少女が半裸の姿で通勤客を眺めている。萌え絵が好きな層には大ウケであり、ポスター盗難が相次いだ。

「でも、あれはちょっと欲情的すぎるんじゃない?ちょっとやだな」

ある女性は自らのツイッターでこうつぶやいた。

フォロワーからいくつかの「いいね!」がついた。そのうちの一人がリツイートした。

地獄の蓋が開いた。

わずか数時間リツイート数は数千を超えた。

無数のリプライも押し寄せてきた。

「あれが欲情的だなんて誰が決める?」「お前の主観押し付けるな!」「ポリコレ棒で俺らを殴るな!」「フェミナチ発見!」「糞ビッチ全体主義者が!」「表現の自由が分からないのか!」

女性は慌ててアカウントに鍵をかけたがもう遅かった。特定班が動いた。

コイツ本名、自宅、住所も特定した」「スネークいきます!」

結局、女性ツイッターアカウントを削除し、引っ越しをした。

勝利に沸き返るネット

表現の自由は守れられた!」

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん