2015-08-28

朝まで生テレビ 11月7日激論女性が輝く社会とは?! を見た

日本は働き過ぎで労働時間が長い。だから女性社会進出しにくいし、男も大変だ。フランス労働時間日本より短いのに労働生産性は同じなので、フランスを見習って労働時間を減らした方がいい。そうしたほうが、男も女も時間ができて暮らしやすくなると女性論客らは言っていた。

しかし、それに対して、客席の学生質問者

しかし、労働時間を減らしたら、デメリットが有るのではないか?減らした分だけ、労働生産性も減るのではないか?」

というような質問をしていて、竹田恒泰

日本GDP世界第三位なのは日本人が働きものだっていうのが重要な要素として考えられるのでは」

といっていたが、それに対して、勝間和代が反対していて

いろいろ経済学言葉を使って、労働時間を減らしても大丈夫だと言っていた。

辻元清美も、

子育て生活が両立している国のほうが成長率が高い」

とも言っていた

しかし、勝間和代やその他の女性論客が言ってることにも納得できなかったな。

労働時間が減ったら、労働生産性GDPが減って、日本は貧しくなるのではないか?

女性に合わせて労働時間を減らしたら、他の国に競争に勝てなくなってしまったりするのではないか?

どうなのだろう

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん