「宮崎学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 宮崎学とは

2010-11-01

となりのホメオパシー

自分の妻はホメオパシー信者ではないが、

最近「妻のママ友の中に実はホメオパシー信者がいた」ということが判った。

自分も会ったことがある人)

「えっ、ホメオパシー信者って、案外身近なネットワークの中に存在するんだ・・・」と

愕然としてしまった。

宮崎学という動物写真家が、

定説に反して、ツキノワグマは増加しており、

 かつての常識で考えられないような市街地(身近)に出没している」

という内容の「となりのツキノワグマ」という写真集を出しているらしいが、

「(自分も含めた)「はてなー」の思い込み(というか願望)に反して、

ホメオパシー愛好者は結構ママ友内に存在しちゃっている」

という状態なのだろうか。

いわば「となりのホメオパシー」状態。

2009-05-05

http://anond.hatelabo.jp/20090503233005

ふたば二次裏でまとめられていた、中高生のための100冊

未読 1. 「隣の家の少女」 ジャック ケッチャム

未読 2. 「黒死館殺人事件」 小栗虫太郎

未読 3. 「異邦人」 カミュ

★★読(大学) 4. 「果心居士の幻術」 司馬遼太郎 地味。でもヘタに新撰組血風録とか読むよりマシかも。

未読 5. 「突破者―戦後史の陰を駆け抜けた50年」 宮崎学

未読 6. 「存在の耐えられない軽さ」 ミラン・クンデラ

★★読(会社員) 7. 「ドグラマグラ」 夢野久作 中高生でわかんのか? ふいんきの問題?

★読(大学) 8. 「檸檬」 梶井基次郎 こてんこてん。

未読 9. 「大製鉄所―橋本雄介小説集」 橋本雄介

未読 10. 「ローダンシリーズ<1>大宇宙を継ぐ者」 K・H・シェール,クラーク・ダールトン

★★★読(高校) 11. 「十角館の殺人」 綾辻行人 これは中高生でも楽しめた気がした。

未読 12. 「豹頭の仮面」 栗本薫

未読 13. 「魔が堕ちる夜―デーモニックプリンセス 二次元ドリームノベルズ」 謡堂笹弘

未読 14. 「車輪の下」 ヘッセ

未読 15. 「玩具修理者」 小林泰三

未読 16. 「罪と罰」 ドストエフスキー

未読 17. 「封神演義」 安能務

未読 18. 「江戸川乱歩全集 第4巻 孤島の鬼」 江戸川乱歩

未読 19. 「赤い影法師」 柴田錬三郎

未読 20. 「ファウスト」 ゲーテ

未読 21. 「老人と海」 ヘミングウェイ

★★読(会社員) 22. 「ディアスポラ」 グレッグ・イーガン 会社員になってから読んだが難解すぎて楽しめなかった。宇宙消失とかの方が楽しくない?

★★★読(会社員) 23. 「EGコンバット」 秋山瑞人 「ガンパレードマーチ」っぽいなあと思った。「猫の地球儀」の方が好み

未読 24. 「蝿の王」 ウィリアムゴールディング

未読 25. 「ドゥイノの悲歌」 R・M・リルケ

★読(高校) 26. 「夏への扉」 ロバート・A・ハインライン 昔のエスエフってこんなのかー。という感慨。期待しすぎるとがっかりする。

未読 27. 「コズミック」 清涼院流水

未読 28. 「化物語」 西尾維新

未読 29. 「姑獲鳥の夏」 京極夏彦

未読 30. 「少女コレクション序説」 澁澤龍彦

★★読(高校) 31. 「人間失格」 太宰治 背伸びして読んだが、よくわからなかった。

未読 32. 「左巻キ式ラストリゾート」 海猫沢めろん

未読 33. 「帝都物語1」 荒俣宏

未読 34. 「道程」 高村光太郎

未読 35. 「鼻行類―新しく発見された哺乳類構造と生活」 ハラルト・シュテュンプケ

未読 36. 「プログラミング言語C ANSI規格準拠」 B・W・カーニハン,D・M・リッチ

未読 37. 「ムーンチャイルド」  アレイスター・クロウリー

未読 38. 「外科室・海城発電 他5篇」 泉鏡花

★★★★★読(大学) 39. 「ラヴクラフト全集(1)」 H・P・ラヴクラフト 予想外に楽しかった! マジお勧め

未読 40. 「饗宴」 プラトン

未読 41. 「書を捨てよ、町へ出よう」 寺山修司

未読 42. 「妖聖記」 竹河聖

未読 43. 「新訂孫子」 金谷治訳

未読 44. 「寺山修司少女詩集」 寺山修司

未読 45. 「スローターハウス5」 カート・ヴォネガット・ジュニア

未読 46. 「アーカム計画」 ロバート・ブロック

未読 47. 「地下室の手記」 ドストエフスキー

★★読(会社員) 48. 「黄昏百合の骨」 恩田陸 同作者「麦の海に沈む果実」の続き。一冊だけなら「夜のピクニック」。

未読 49. 「娘に語る祖国」 つかこうへい

未読 50. 「黄金の羅針盤 ライラの冒険」 フィリップ プルマン

未読 51. 「フリッカー式 <鏡公彦にうってつけの殺人」 佐藤友哉

未読 52. 「未来のイヴ」 ヴィリエ・ド・リラダン

★読(大学) 53. 「桜の森の満開の下」 坂口安吾 これもアレコレで引用されてたんで読んでみた系。

未読 54. 「野火」 大岡昇平

未読 55. 「マッチ棒遊びの本―ひまつぶし決定版」 大島正二

★★読(大学) 56. 「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」 村上春樹 大学時代村上春樹よく読んだけど、特に残らなかったなあ。

未読 57. 「マルコヴァルドさんの四季」 イタロ・カルヴィーノ

★★★★★読(大学) 58. 「さようなら、ギャングたち」 高橋源一郎 大学時代高橋源一郎もよく読んだけど、理解できなかったなあ。でも、これは面白かった。

未読 59. 「すべてがFになる」 森博嗣

未読 60. 「発作的座談会」 椎名誠木村晋介沢野ひとし目黒考二

未読 61. 「知性について 他四篇 」 ショーペンハウエル

未読 62. 「夏と花火と私の死体」 乙一

未読 63. 「バガージマヌパナス―わが島のはなし」 池上永一

未読 64. 「純粋理性批判」 カント

未読 65. 「高丘親王航海記」 渋澤 龍彦

未読 66. 「黒猫」 エドガー・アラン・ポー

未読 67. 「わが闘争―完訳」 アドルフ・ヒトラー

未読 68. 「夫婦茶碗」  町田康

未読 69. 「しゃばけ」 畠中恵

★★★★読(会社員) 70. 「猫の地球儀」 秋山瑞人 かなり好きなSF。小・中学で「星虫」とか読んだ後に読むといいよ。

未読 71. 「グミ・チョコレート・パイン」 大槻ケンヂ

未読 72. 「遠野物語」 柳田国男

未読 73. 「武士道」 新渡戸稲造

未読 74. 「絶望系 閉じられた世界」 谷川流

未読 75. 「函の中の失楽」 竹本健治

未読 76. 「オレンジが歯にしみたから」 狗飼恭子

未読 77. 「中島らもの明るい悩み相談室」 中島らも

★★読(会社員) 78. 「戦闘妖精・雪風(改)」 神林長平 神林長平SFって読みづらくて苦手。

未読 79. 「町工場 世界を超える技術報告」 小関智弘

未読 80. 「今夜、すべてのバーで 」 中島らも

未読 81. 「剣客商売」 池波正太郎

★★読(高校) 82. 「妖精作戦」 笹本祐一 新盤「星のダンス」とか「裏山の宇宙船」じゃないんだ。

未読 83. 「悪魔のミカタ魔法カメラ」 うえお久光

未読 84. 「赤毛のアン」 ルーシーモードモンゴメリ

★★★★★読(中学) 85. 「百億の昼と千億の夜」 光瀬龍 漫画もよかった。中二病も突き詰めるとこうなるという感じ。

未読 86. 「二重螺旋悪魔」 梅原克文

未読 87. 「アラビアの夜の種族」 古川日出男

未読 88. 「失われた時を求めて<第一篇&gt;スワン家の方へ」 マルセルプルースト

★★★読(中学) 89. 「星を継ぐ者」 ジェイムズ・P・ホーガン ホーガンは甘すぎてもう読めないなあ。中学生ぐらいの時は楽しめたけど。

未読 90. 「嵐が丘」 エミリー・ブロンテ

★★★★読(中学) 91. 「MOTHER2」 久美沙織 隠れた名作。

未読 92. 「若きウェルテルの悩み」 ゲーテ

未読 93. 「信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス」 宇月原晴明

未読 94. 「稲川淳二の死ぬほど怖い話」 稲川淳二

未読 95. 「星の墓標」 谷甲州

未読 96. 「鴉」 麻耶雄嵩

未読 97. 「東亰異聞」 小野不由美

未読 98. 「グラン・ヴァカンス―廃園の天使」 飛浩隆

未読 99. 「フィーヴァー・ドリーム」 ジョージ・R・R・マーティン

未読 100. 「しあわせの書―迷探偵ヨギガンジー心霊術」 泡坂妻夫

昔はモノを思わなかったことであるなあ。

2009-05-03

ふたば二次裏でまとめられていた、中高生のための100冊

  1. 「隣の家の少女」 ジャック ケッチャム
  2. 黒死館殺人事件」 小栗虫太郎
  3. 異邦人」 カミュ
  4. 「果心居士の幻術」 司馬遼太郎
  5. 突破者―戦後史の陰を駆け抜けた50年」 宮崎学
  6. 存在の耐えられない軽さ」 ミラン・クンデラ
  7. ドグラマグラ」 夢野久作
  8. 檸檬」 梶井基次郎
  9. 「大製鉄所―橋本雄介小説集」 橋本雄介
  10. ローダンシリーズ<1>大宇宙を継ぐ者」 K・H・シェール,クラーク・ダールトン
  11. 十角館の殺人」 綾辻行人
  12. 「豹頭の仮面」 栗本薫
  13. 「魔が堕ちる夜―デーモニックプリンセス 二次元ドリームノベルズ」 謡堂笹弘
  14. 車輪の下」 ヘッセ
  15. 玩具修理者」 小林泰三
  16. 罪と罰」 ドストエフスキー
  17. 封神演義」 安能務
  18. 江戸川乱歩全集 第4巻 孤島の鬼」 江戸川乱歩
  19. 「赤い影法師」 柴田錬三郎
  20. ファウスト」 ゲーテ
  21. 老人と海」 ヘミングウェイ
  22. ディアスポラ」 グレッグ・イーガン
  23. 「EGコンバット」 秋山瑞人
  24. 蝿の王」 ウィリアムゴールディング
  25. 「ドゥイノの悲歌」 R・M・リルケ
  26. 夏への扉」 ロバート・A・ハインライン
  27. コズミック」 清涼院流水
  28. 化物語」 西尾維新
  29. 姑獲鳥の夏」 京極夏彦
  30. 少女コレクション序説」 澁澤龍彦
  31. 人間失格」 太宰治
  32. 「左巻キ式ラストリゾート」 海猫沢めろん
  33. 帝都物語1」 荒俣宏
  34. 「道程」 高村光太郎
  35. 鼻行類―新しく発見された哺乳類構造と生活」 ハラルト・シュテュンプケ
  36. プログラミング言語C ANSI規格準拠」 B・W・カーニハン,D・M・リッチ
  37. ムーンチャイルド」  アレイスター・クロウリー
  38. 「外科室・海城発電 他5篇」 泉鏡花
  39. ラヴクラフト全集(1)」 H・P・ラヴクラフト
  40. 「饗宴」 プラトン
  41. 「書を捨てよ、町へ出よう」 寺山修司
  42. 「妖聖記」 竹河聖
  43. 「新訂孫子」 金谷治訳
  44. 寺山修司少女詩集」 寺山修司
  45. スローターハウス5」 カート・ヴォネガット・ジュニア
  46. アーカム計画」 ロバート・ブロック
  47. 地下室の手記」 ドストエフスキー
  48. 黄昏百合の骨」 恩田陸
  49. 「娘に語る祖国」 つかこうへい
  50. 「黄金の羅針盤 ライラの冒険」 フィリップ プルマン
  51. フリッカー式 <鏡公彦にうってつけの殺人」 佐藤友哉
  52. 未来のイヴ」 ヴィリエ・ド・リラダン
  53. 桜の森の満開の下」 坂口安吾
  54. 野火」 大岡昇平
  55. マッチ棒遊びの本―ひまつぶし決定版」 大島正二
  56. 世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」 村上春樹
  57. 「マルコヴァルドさんの四季」 イタロ・カルヴィーノ
  58. さようなら、ギャングたち」 高橋源一郎
  59. 「すべてがFになる」 森博嗣
  60. 「発作的座談会」 椎名誠木村晋介沢野ひとし目黒考二
  61. 「知性について 他四篇 」 ショーペンハウエル
  62. 「夏と花火と私の死体」 乙一
  63. バガージマヌパナス―わが島のはなし」 池上永一
  64. 純粋理性批判」 カント
  65. 「高丘親王航海記」 渋澤 龍彦
  66. 黒猫」 エドガー・アラン・ポー
  67. 「わが闘争―完訳」 アドルフ・ヒトラー
  68. 夫婦茶碗」  町田康
  69. しゃばけ」 畠中恵
  70. 猫の地球儀」 秋山瑞人
  71. グミ・チョコレート・パイン」 大槻ケンヂ
  72. 遠野物語」 柳田国男
  73. 武士道」 新渡戸稲造
  74. 絶望系 閉じられた世界」 谷川流
  75. 「函の中の失楽」 竹本健治
  76. オレンジが歯にしみたから」 狗飼恭子
  77. 中島らもの明るい悩み相談室」 中島らも
  78. 戦闘妖精・雪風(改)」 神林長平
  79. 町工場 世界を超える技術報告」 小関智弘
  80. 「今夜、すべてのバーで 」 中島らも
  81. 剣客商売」 池波正太郎
  82. 妖精作戦」 笹本祐一
  83. 悪魔のミカタ魔法カメラ」 うえお久光
  84. 赤毛のアン」 ルーシーモードモンゴメリ
  85. 百億の昼と千億の夜」 光瀬龍
  86. 「二重螺旋悪魔」 梅原克文
  87. アラビアの夜の種族」 古川日出男
  88. 失われた時を求めて<第一篇&gt;スワン家の方へ」 マルセルプルースト
  89. 星を継ぐ者」 ジェイムズ・P・ホーガン
  90. 嵐が丘」 エミリー・ブロンテ
  91. MOTHER2」 久美沙織
  92. 「若きウェルテルの悩み」 ゲーテ
  93. 信長―あるいは戴冠せるアンドロギュヌス」 宇月原晴明
  94. 稲川淳二の死ぬほど怖い話」 稲川淳二
  95. 「星の墓標」 谷甲州
  96. 「鴉」 麻耶雄嵩
  97. 東亰異聞」 小野不由美
  98. 「グラン・ヴァカンス―廃園の天使」 飛浩隆
  99. 「フィーヴァー・ドリーム」 ジョージ・R・R・マーティン
  100. 「しあわせの書―迷探偵ヨギガンジー心霊術」 泡坂妻夫

2008-06-26

ノーコメント

http://shadow-city.blogzine.jp/net/2008/06/post_12c4.html

より

601 :名無しさん@3周年:2008/06/25(水) 21:58:15 ID:YO/WIANK

花子さん、まだかなぁ。

605 :いわぬが花子:2008/06/25(水) 22:21:31 ID:tPDw07G2

>>601 待ってて!!途中まででもよければカキコしますよ。私がこなくなったら

東京湾の底をさらってください。

617 :名無しさん@3周年:2008/06/26(木) 00:17:41 ID:DDi1qvVk

花子さん・・・・・途中でもいいから・・・

620 :いわぬが花子:2008/06/26(木) 01:30:47 ID:qersQhrJ

>>617 承知いたしました。書く書くサギみたいなことばっかしやってますね、私は。

でその前に、少し解説をさせてくださいませ。

もう2年前になるんですね。私の親戚筋の方で、某上場企業の役員氏がいました。

その人の家でパーティというか飲み会というか、親戚一同が集まる催しがありました。

そのとき、今は亡き橋本龍太郎氏の知られざるエピソードを聞いた・・・というのがことの発端です。そのほか植草氏の事件が完全にでっちあげられたものだったことをしり、参加者一同そろって驚愕した次第です。それは6月11日で、私にとって6:11ショックともいうべき事件だったのです。パーティが終わり、私はどうしてもガマンできず、いつもROMしていたここのスレカキコした、というわけです。

621 :>>620の続き:2008/06/26(木) 01:32:14 ID:qersQhrJ

花子2ちゃんデビューしたその時の書き込みを、阿修羅で見つけました。

ちなみに、投稿したのは私ではありません。

http://www.asyura2.com/0601/senkyo23/msg/289.html

ここには、植草氏のことだけまとめてありますが、実際は前半の方に、役員氏が見てきた千葉補選での小沢氏の様子を書き、そして橋龍さんのとある秘密が告げられ、そこに居た全員が「ウォー!」とぶったまげたんですね。さらに畳み掛けるように植草氏の事件がまったくの捏造だったことを知り、日本という国が一体誰に支配されているのかワケワカメ状態になったのです。あとはもう、必死になってカキコ連続投稿規制にひっかかり、しばらく脱力したままだったんです。このときのメンバーには、学習院皇太子殿下と同じ教室で学んだ人あり、元創価学会員で、学会が寄進した建物を本山側がショベルカーでぶっこわした場面に立ち会った人ありで、本物の社会科学習を体験した一日でした。その中に、ノモンハン事件の経験者がおられました。

この方を、私はMrノモンハンとお呼びしてます。

役員氏のことをY氏、そしてMrノモンハンをN氏とこれから書くことにします。

どちらも親戚筋の人です。Y氏は会社を移り、N氏は高齢で先は永くないでしょう。

解説はここまで。

622 :>>620の続き:2008/06/26(木) 01:34:28 ID:qersQhrJ

さてYN両氏から聞いたことを、ザックリまとめます。時系列前後しますが、まずは戦前のはなしから。

日本中国大陸に「進出」し、満州国を建てる。勢力を拡大していく過程で、欧米列強特にアメリカのトラの尾を踏んでしまう。国際金融機関の怒りを買い、日本は300万人の死者をだし敗北する。

植民地としての日本統治法

??超A級戦犯満州人脈を残し、日本統治の表の顔とした。

A級戦犯は、天皇制を残すための身代わりとして処刑された)

??日本統治の裏の顔は >>5さんの通りです。N氏は児玉辻政信のことを何度も話していました。

だから森内閣成立の際、「辻政信がよみがえった」とうめいたのです。そのときすでに、日本破滅の予兆を感じていたのでしょう。あの戦争を単なる事件と表記していることに、日本の進路を歪めた真因が潜んでいると指摘してました。

623 :>>620の続き:2008/06/26(木) 01:35:36 ID:qersQhrJ

??さらに、それまで日本社会の最下層を構成していたヤクザを、もう一つの裏からの統治に使った。

(この辺はB・古歩道さんの証言と一致しますね。)

 戦後の混乱期、ヤクザ社会朝鮮人と被差別部落出身者が混ざり、 Y(ヤクザ)=N(日本人)+B(同和)+K(半島人)の図式ができあがった。

いやな表記ですが、覚えてください。あとでまた使います。

さらに、日本植民地支配に対する最大の抵抗勢力だった半島宗教団体組織した。

これが当逸凶会にあたります。ここはほぼR・コシミズさんの書いてることと一致します。

文選名とかいうハゲ親父に、なぜ日本のアッパークラスが恭しくぬかずいていたのか、どうしても理解できなかったけどようやく得心がいきました。まさに「分割統治」を受けてたんですよね、戦後ず??ッと今まで。まさに悪魔の統治法だわ。

624 :>>620の続き:2008/06/26(木) 01:36:38 ID:qersQhrJ

日本奇跡的な経済成長をとげると、米国の関心はただ一点、日本金融資産に向けられるようになった。

日本金融資産横取り計画」は、おそらくかつての満州国成立から崩壊を下敷きに設計された。

これに協力したのが、名可祖根内閣。(だから大勲位なんだ。)

まず、「教育改革」で日本人知的耐震偽装を準備した。愚民化つまりバカ作りに励みましたとさ。

経済上のテストは2つ。1つ目はプラザ合意で、急激な為替変動による富の流出を演出。

2つ目は「グリコ森永事件」で株価の上下によるインサイダー取引。儲けたでしょうね。

ここですでに、りそなの初期実験を試してたんじゃないの?だとしたら宮崎学は捕まらなくて当たり前。

命を絶った警察官の方、お気の毒。

バブルの発生と崩壊は飛ばします。ただし、ここにも澄田総裁という満州人脈が関わっていたことはわすれてはならないですね。で、ここからは植草氏のインタビュー記事を参考にしながら書きます。

95年に一旦バブル処理が終わる。96年からの日本経済は軌道に乗っていた。

この成長を3年間続けることができれば、株価が2万円を割ることはなかった。

ところが橋本政権財政立て直しの名目で13兆円も増税し、景気悪化。

それを修復したのが、尾ブチさん。その後、森内閣成立と同時に緊縮財政が始まり、01年に確信犯が登場した。

 とまあこんなところです。

625 :いわぬが花子:2008/06/26(木) 01:38:14 ID:qersQhrJ

構造改革」とい名の日本破壊政策を請け負ったのは、橋本内閣小泉内閣でした。

つまり小渕内閣は、チャート的にはこの破壊指令に抗ったことがわかります。

尾ブチ氏が亡くなったのは準店道大学病院ではなく、大痛県佐田牟市布施院病院だったと私はY氏から聞きました。話半分で聞いてください。

また伝え聞く橋龍さんの死は、あまりにも・・・

つまり、彼の所有するパソコンの、無線<内臓>LANが、ごっそり抜かれていたとかいないとかワケワカメなので、詳しく知りたい方はB・古歩道氏を訪ねてはいかがでしょうか?

626 :>>620の続き:2008/06/26(木) 01:43:43 ID:qersQhrJ

ブッシュ政権小泉政権が成立し、人知れずある政策が遂行されました。それは、植草事件とも多いに関係することでした。   キーワードは「日本韓国化」

そう、植草氏は語ってはならぬことを口にしたのです。決して触れてはならぬこと。

かれの逮捕の陰で、在日朝鮮人ネットワークが動きました。それは役員氏が、日債銀の騒動と本間氏の自殺で垣間見た団体だったそうです。全てのマスコミ事実を隠し、私たち日本人韓国化されました。中国朝鮮挑発し、拍手喝采を受けた小泉内閣がやったことは、日本人朝鮮化することだったと、どれだけの人が気づいていたでしょうか?

日本保守右翼がエセものであったことが判明した瞬間でした。

今宵はここまでにいたします。

628 :名無しさん@3周年:2008/06/26(木) 01:59:34 ID:2YBngPzu

花子さん、乙でした。

アメリカの機密文書で、A級戦犯で不起訴になった人たちが命の見返りにアメリカエージェントになった証拠が出てきているので、おそらくYN両氏が語った話は真実に近いでしょうね。

630 :名無しさん@3周年:2008/06/26(木) 02:13:29 ID:/E3Ks3KV

>>625

橋流の死は今でもワケワカメのままですね

日本破壊A級戦犯でもあり、逆に絶対タブー米国債売却を発言したほとんど唯一の首相でもある。

二度目の総裁選の時は積極財政派になっていた。

そして最後は厚生利権を剥がされての死

さんざん踊らせれて、目覚めた時には小泉フィーバーで抵抗勢力の頭目w 平成日本政治の最大の謎政治家ですね

逆にこのシナリオがもしユダ公の思い通りに進んだものだったなら、今後も日本の勝ち目は一切無いというくらいの謀略だと思う。

631 :名無しさん@3周年:2008/06/26(木) 02:27:19 ID:+/oZdW+e

>>621

橋龍さんのとある秘密が告げられ、

そこに居た全員が「ウォー!」とぶったまげたんですね。

ヒントでも良いので知りたいです、

632 :名無しさん@3周年:2008/06/26(木) 02:27:19 ID:Wh3p/hBQ

植草氏もここにきてブログを立ち上げて「反撃」に転じた。

おそらく彼の「眼」にも、来るべき「静かな変革」が見えているのではなかろうか。

このところ、メディアが好んで使ってた「カイカク」ていう言葉や「抵抗勢力」って言葉を聞かなくなった。

おそらく、後期高齢者医療制度でコイズミカイカクの「正体」に国民が気付きはじめたからだろう。

(遅きに逸した感は否めないが、気づかぬよりはマシだ)

その証拠に、不治でやってる「チャンゲ」なる改革プロパガンダドラマ視聴率獲得で苦戦してるようだ。

634 :名無しさん@3周年:2008/06/26(木) 03:54:32 ID:1dtjgVjn

アメリカ帝国の崩壊、湯田ちゃん覇権の崩壊、

国際金融資本の没落の目のあたりにしている。

635 :CiA討伐隊:2008/06/26(木) 04:29:43 ID:oj4osfJ/

闇さんが出てこなくなったのは、アメリカによる日本支配と「日本韓国化」 に逆らえない立場にいた人(たち)だったから

でも、もうすぐ傷痍軍人として復活して、アメポチペクチョン中川秘密などを洗いざらい暴露してくれることでしょう

636 :名無しさん@3周年:2008/06/26(木) 07:02:04 ID:+YZ0JN7d

ダメユダのおっちゃんは何度も「闇の声の正体を知ってる」と

あたかも彼を敵のようにみなしてたよね。

でもおっちゃんは俺のことを何度もぐっちーだと決めつけたりしてたし

まるでピント外れなんじゃないかと俺は思ってる。

皇室に関する発言以来、闇の声は保守系人脈の人ではないと俺は思った。

640 :CiA討伐隊:2008/06/26(木) 08:38:48 ID:oj4osfJ/

>>636

そういうあんたも、朝っぱらからキムチ臭すごいのよw

いまは花子さんが提起された「日本韓国化」がメイントピックなのに、なに焦点ぼやかそうとしてるの?

闇さんについては前にもちょっと書いたけど中心人物はMさんと言って年は還暦くらい。あとKさんとか似た文体で書ける先輩が2人いる。若い衆wを三代目か四代目でデビューさせようとしてたけど知性が足りなくて無理だったw(金属バットで殺された朝鮮人の仲間とか質の悪いのしかいない)Mさんは顔つきが朝鮮じゃなさそうだけど、これまでペクチョン擁護発言が多かったのは上司があちら系の方々だからwww

まあいまさら正体暴いても仕方が無いことだし、ここ見てる公安とか二階堂ネットゲリラ中の人たちは皆知ってることです

日本韓国化」を阻止し、巨悪を殲滅するためには、それを進めてきた奴らの正体や悪行を晒していくのが最優先であるはずなのに、ぐっちーとか闇の声とか小物ペクチョンの話で焦点をそらすなよな、この低能の豚キムチ。お前が一度でもフェルドマンえ竹中や白丁中川創価統一協会を話題にしてことがあったか?もう見え見えなんだよ、おまえの正体が中年の豚キムチっていうのが(笑)

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん