2019-02-03

ANIME」という概念はいつ生まれたのか?

YouTuber」という言葉和製英語で、それが近年本場アメリカ逆輸入されているという話を聞いてあらためて思ったんだけど、なぜ海外では日本アニメーション作品を指して「ANIME」と言うようになったんだろうか。

アニメ」という言葉日本においては単純に「アニメーション」の略語であり、国内外わずアニメーション作品全般を指す言葉なのに(例:ディズニーアニメなど)、海外では日本アニメーション作品を指して「ANIME」と称することが定着しつつある。

日本における「アニメ」と海外における「ANIME」は別の概念になっているといってもいい。

近年では「ANIME」という表現日本逆輸入されているような状況も一部見られる。たとえば日本アニメ業界ではドメインなどでもこの表現をよく用いているし、たとえばNetflixインタビュー記事を読むと「ANIME」という意味合いで「アニメ」という言葉を使っていたりする。

この「ANIME」っていう表現は誰がいつ頃どういった意図をもって輸入した(あるいは輸出した)ものなんだろうか。

このことに関して詳しい経緯を知っている人は教えてほしい。

経緯は知らない人も、いつごろからANIME」という言葉を見かけるようになったのかを教えてほしい。

ていうかなんで誰もこのことに言及しないのか不思議しょうがなかった。

  • anond:20190203100226

    そのままローマ字表記にしてるだけやんけ

  • anond:20190203100226

    いっぱい売れたから代名詞になったんじゃない? 手先が器用な人が多いから、アジアは。

  • anond:20190203100226

    なんで自分で調べないの? ていうかなんで誰もこのことに言及しないのか不思議でしょうがなかった。 じゃねえよ馬鹿か?

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん