2014-10-30

http://anond.hatelabo.jp/20141030025804

つい先日亡くなったクロード・レヴィ=ストロースの「野生の思考」をたまたま読み途中なので書いておく。

以下引用・・・性交と食行為の間に世界各地の人間が考えている非常に深い類縁関係の具体例にすぎない。この類推は強くて、その二つの行為を同じ単語で表す言語は非常に多い。ヨルバ語においては「食べる」と「めとる」はどちらも「わがものにする」という広い意味を持つ一つの動詞表現される。フランス語でも同種の用法があり、consommerという動詞結婚<床入する>と食事<飲食する>の両方に使われる。ヨーク岬半島のココ・ヤオ族の言語ではクタクタという単語近親相姦食人の二重の意味を持っている。・・・

これを読んだ時、俗語での「女を喰う」が、「女を犯す」同義であることから日本語でも成り立つことに軽い興奮を覚えた。人類みな兄弟構造主義バンザイ

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん