2012-08-17

外国のいわゆる付き合うまでが面白い

メリケンイタリア人の友達と恋バナした。面白かった。付き合うまでのプロセスがぜんぜん違うんだね!

デートって言葉、いわゆるお試し期間っていうのだろうか。

いいじゃん?って思ったら二人で一緒に遊んだりして、肉体関係を持ったりして、ステディへと進化していく。どこまで親密になるかは人によりけりだけど。

ダメなら勿論そこでおしまい。こっから恋人同士でここまでは友達、みたいな明確な区切りみたいなのがない。Dating。面白い

付き合ってくださいみたいな告白儀式もない。お互いが愛をささやきだしたらそれはもうそうなんだそうな。すげえな。

まあ日本でも告白はお互いの暗黙の了解ありきでの確認みたいなもんだけどなー。そうじゃないって勘違いして撃沈したやつも見るけど。

からというか、何回目のデートセックスしていいか、とかキスしていいかとかもないんだよなー。お互いがお互いとセックスしたいと思った時だそうな。

日本人感覚からしたらもしかしたらビッチとかヤリチンとか言われそうだけど、これが至ってさわやか。

自分の文章じゃ伝えられてないかもだけど、すごく爽やか。形式にとらわれてない感じがしてすごく自由。

形式とかにこだわらずに相手に感じる想いに忠実に行動してるって感じだったな。

外国映画ドラマでやたらめったらセックスしてる描写あるけど妙にさわやかな理由ってこのへんなのかなー。

あとやっぱり日本人ロリ好きなんだなと思ったよ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん