2010年09月06日の日記

2010-09-06

オバマ「たしかにイラクからは徹底すると言った。だがしかしアフガン

きのうBS見てたら無人航空機プレデターとか出てたけどカッコよかったな

映画プレデターよりも、エヴァの量産機の方を思い出した。

見た目も似てたけど、与える恐怖心も似てる

最新型の飛行機1機分の予算プレデター80機も買えるから、壊しても壊しても出てくる

壊したところで操縦者は地球の裏側にいるから、傷ひとつ付けられない・・

心折れるだろうな~

解剖実習

実習で解剖に行ってきました。

電車バスを乗り継いで、大きな大学病院へ行ったのですが、

遺体の保存状態が非常に悪く、心が痛みました。

また、肝硬変の方の肝臓は、非常にいたいたしいもので、ショックでした。

実習の前後には皆で黙祷するのですが、

いったいみんなは何を思っているんだろうかと考えました。

医療系の学校に入るとすぐ、命とか尊厳とかいったテーマについて熟考する間もなく、

圧倒されるほどの大量の情報に突如さらされます。

授業では日常的に、この病気は致命率何パーセントとか

そういった言葉慣用句のように使われます。

こんなことを繰り返しているうちに、患者さんに病名を告げる瞬間の空気の重さとか、

分からなくなっていくんでしょう。

それと、学校での生徒同士の会話も気になるところです。

忘れ物をしたらアルツハイマーじゃないのとからかってみたり、

怒りっぽい人にピック病じゃないのと言ってみたりとか、

そういった冷ややかな冗談が飛び交います。

それに、医学専門用語を使って下世話な下ネタを言う人もいます。

こうやって日常会話で医学用語を使うと、よく記憶できて試験対策には効果的なのだけれど、

それ以上に大切なものが失われていく気がします。

高潔な志をもって医大に進む多くの人々が、ぶしつけでデリカシーのない医者になってゆく環境がまさにここにあります。

それに、知識が増えれば増えるほど、

たとえばがんという病気の死亡率はそれほど高くなく、もっと恐ろしい病気はほかにいくらでもあるということが分かります。

でも、目の前にいる患者さんにとって、苦しいことは苦しいことであり、不安なものは不安なのであって、

そういうときに、ほかの病気比較してものを言ったりする医療従事者は無神経だと思います。

子育ての本に、子どもが抱える悩みは、問題の大きさではなく子どもにとっての悩みの大きさで受け止めてあげなきゃいけないとありました。

たとえば、迷子というのは子どもにとって大問題です。

実際には親は数十メートル離れた場所にいるかもしれませんが、

絶対的信頼といってもいいほどの信頼を寄せ、依存する大人が、突如視界から消えるのです。

しかも、周りは自分よりずっとせの高い人たちに囲まれています。

こういうとき、子どもの感じ方を親が受け止めるのは大切です。

患者さんもしかりです。

相手にとってどれほどつらく苦しいことかを察する能力は本当に重要だと思います。

物事を客観的に見すぎるのがいかに危険な考え方かを思い知ります。

学校にいると、そういう一般的な感受性を損ねるような言動にしょっちゅう直面して、

いつのまにか自分も鈍感になってきていることに気づいたりもします。

本当に怖いです。

正直、ご遺体とどう向き合っていくべきか、自分の中で今も考えがまとまっていません。

無理にまとめようとする必要はないのかもしれません。

ある意味、答えはうやむやのままで、腑に落ちないものを意中に留めておくべきなのかもしれません。

もはや実物と模型の区別がつかなくなっている教授よりはましです。

これからも、こういったことを考える時間を大切にしていって、

忙しすぎる日常に飲み込まれないようでありたいです。

夜はネットを見ず、ラジオを聴こう

最近仕事帰りの夜はラジオを聴く事が多い。

iphone適当に局を合わせて、あんまり騒がしくない番組を選ぶ。

特にお気に入り番組があるわけではなく、ラジオを聴くためにラジオを流す。

仕事のことで頭がいっぱいになって、

できないことばかりが目について

なるべくなるべく冷静に考えようとするんだけど

だんだんどこかに押し流したくなって

ネット情報の海に飛び込む。

まとめサイトだとかヤフオクとか

価格ドットコムだとか

ぐるぐるまわって欲しくもない物に囲まれる生活を想像する。

これってけっこう中毒性あるのだ。

けど最近ネットの海に浸かるのをやめた。

視覚を使って受動的に情報を得るということが

どうにも気持ち悪く、後悔の念を持ったまま寝るのが耐えられなくなった。

貴重な空白の時間ジャンクなもので満たされる気持ち悪さというか

まずいものを食って腹いっぱいになってしまった感じ。

そんな時、昔よくラジオを聴いてたなあと思い出すように聴き始めた。

そうすると“ちょうどよい”のだ。

頭の中では“空白”の領域を残したまま、夜の時間が流れていくのを感じられる。

時間の流れの速さはネットを見ている時間よりもずっとゆっくり

60分が過不足なく60分ある。ちょっとした充実感。


こっから先は個人の妄想になるのだが、

人間はあんまりたくさんの情報に囲まれても豊かにならない。

選択肢がたくさんあることは豊かであることをイコールではない。

適度に“ない”ことが大事なのだと思う。

その適度な空白は、あなたが染み出すための貴重な領域と思うから。

http://anond.hatelabo.jp/20100906234424

甘えだろ

昔は冷房なんかなかった

それでもみんな我慢して勉強した

忍耐も学べたし、必死に教わる内容に食らいついたんだよ

今はどうだ

ろくに授業を聞きもしない

そんな子供達のために税金で空調を整備してやる必要などない

どうしても欲しければPTAで金を出して買え

http://anond.hatelabo.jp/20100906234429

”歳の割に若く見える奥さんを見て”の「女のリアクション」が間違ってる。

「○○さんの奥さん、若作りしてるのかしら?」

「旦那さんの稼ぎでエステとか通ってるのよ」

「言いなりになりそうだもんね」

「週末は料理作らされてるらしいわ」

「尻に引かれてるのね」

http://anond.hatelabo.jp/20100905134744

うちの所にくる廃品回収はいろいろと無料でしたよー

CRモニタとかアナログテレビとかは処理費用がかかるとかで2~3,000えんほど請求されたけど。

他責

歳の割に若く見える奥さんを見て

男のリアクション

「あいつの奥さん若いな」

「いいな、見る目があるんだな」

「俺も、どうせ結婚するなら老けない女としたいな」

「奥二重の女は老けにくいらしいぜ!」

「俺は色白の女って聞いた」

女のリアクション

「○○さんの奥さん、いつまでも若いわね~」

「旦那さんがいいのよきっと」

「優しそうだものね」

「週末は料理作ってくれるらしいわ」

「いいわね~」

歳の割に老けて見える奥さんを見て

男のリアクション

「あいつの奥さん老けてんな」

「あれで同い年だろ?」

「マジかよ、ハズレ掴んだなw」

女のリアクション

「○○さんの奥さん、疲れてる様子ね…」

「あそこは苦労されてるみたいよ」

「えっそうなの」

「旦那さんが求職中でしょう。それに娘さんが不登校らしくて」

「まあ~」

「大変なのね~」

冷房のない学校には(改訂)

ずばり登校せずサボっていい、というか自分生命を守るために積極的にサボるべきだと思う@著しく暑い

真剣生命危険を感じたならば許されるべきかと

http://anond.hatelabo.jp/20100906231711

ああ、人それぞれだな。

そして数学を一時的に頭から追い出せる幸せな人は数学者じゃない。

わからない人には分からないだろうよ。

冷房のない学校には

ずばり子供をやらなくていいと思う@著しく暑そうな日

いくら助けを求めても

出してくれなかったじゃないか。

どれだけ悲痛に叫んでも

出してくれなかったじゃないか。

俺が悪いというなら

世の中の方が狂っているんだよ。

イブを使うAV

つまらないことが多い

近くで通り魔事件があった。

ニュースで事件のあった住所・犯人の性別・年齢を聞いて、

血の気が引いた。

会社にいたKさんかと思ったからだ。

無差別通り魔事件でお決まりの「犯人意味不明のことを口走り」云々というのが

Kさんなら不思議じゃなかったからだ。

Kさんは、鬱になって、会社を辞めた。

辞めさせられた。

部署が違うから、詳細は知らないけど、

Kさん最近の若い子にしては礼儀正しくて明るくて生真面目で

すごく好青年だったという事と、

Kさんが辞めさせられるしばらく前に、

Kさん担当していた仕事に対して会社対応がひどく悪かった事は知っていた。

Kさん会社としばらく揉めたらしい。

けれど、鬱があまりにひどくなり、まともなやりとりもできなくなって

ほぼ強制的な形で会社を辞めさせられた。

結局、通り魔事件はKさんじゃなかった。

名前は公表されなかったけど、

歳が最初報道から10以上違ってたから、多分間違いない。

ホっとした。

けど、完全にホっとできた訳じゃない。

何時、Kさんが同じ事をしても不思議じゃないから。

会社に壊される人は沢山いるだろう。

勿論、壊された人の大半は、通り魔なんて行為には走らない。

けれど、万が一そうした行為に走ったとき、

本当の加害者会社なんじゃないのか。

けれど、被害にあうのは全然関係ない赤の他人だ。

何をどうできる訳でもないとは思う。

けれど、理不尽な思いが捨てきれない。

疲れた。

ストレスもたまりすぎている。

俺がどんな異常な空間にずっといるか他人は理解してくれているだろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20100906223547

とことん甘えさせてくれる懐の広い女性がいいんだろうな。

非モテ女も男に苛められる影や表であざ笑われる嘘告白される等々なかなか酷い青春送ってるけど、そんな女性を見たら償いたいって思うんだろうか。

セクハラ痴漢レイプなど男性から酷い目にあった女性全般にも償いたいんだろうか。

でもそもそも自分に何も悪い事してない人から償われたいっつのは謎感覚だなぁ、だって償ってくれて満足するって事は、その相手を自分を傷つけた人の代表のように見てるからだよね、そんな相手を好きになれないと言うか、個人的には恋人と関係ない事で傷ついて恋人に求めるっつったら償いより癒しだと思う。

萌えときめきは個人の自由だからどうでもいいけど。

http://anond.hatelabo.jp/20100906230430

中華文明圏」って言うと、「中国華夷秩序に組み込まれてる範囲」みたいなイメージがある。

過去日本華夷秩序に組み込まれてたのかもしれないが(足利義満日本国王号とか)、

あまりその範囲に加わってる実感がないな。

http://anond.hatelabo.jp/20100906231304

そんなもの人それぞれだろ。

俺は体調管理が優先なんだよ。

それに実にならない事ばかり考えても時間無駄なんだから、ちゃんと考えられる時間を作らないといけない。

明日からまた頑張ろう。

嫌な人間の事は忘れよう。

ついでにここも出たい。

俺は盗まれた事にものすごく腹が立っているんです。

http://anond.hatelabo.jp/20100906230842

休むからって数学のことを考えないのか?

それは数学者になれない。

いい悪いではない。人間としてまともな生活を遅れるだろうが、しかし、常住坐臥数字のことで頭が埋め尽くされているのでなければ数学者にはなれない。

http://anond.hatelabo.jp/20100906225919

そもそもこういうことをタラタラ書く人は恋愛に向いてない。

元増田なんだけど、うん、俺自身もそう思う。

http://anond.hatelabo.jp/20100906225615

なんで「少し休んで~」って言ってるのに追い討ち掛けて話題ふるの?

まともに考えられる頭じゃないから休みたいって言ってるのに理解できないの?

2ch数学板の連中もそうだけど、人の都合を考えずに変な事を言う連中が多いのは数学を専門で学んでいる人全般に言える事なの?

いや、もう何と言うかね、ただ調べたいってだけなら中卒のバカにじゃなくてgoogleなり教官なりに訊ねた方が早いんだよ。本当に一言余計だな。

クソどいつもこいつも

両親や兄弟から、脳天気性格だと思われている。

嫌な言葉右から左に受け流せて、いつでもニコニコ元気な奴。

事実高校生の頃まではそういう生き方をしていた。大学に入って、アルバイトだけども働いて、少し変わった。

人並にストレスと言うものを感じるようになった。愚痴るようにもなった。

だけど、一日立てば忘れられる馬鹿な奴。そういう自分を演じていた。多分。

母からは「あんたでもストレスを感じるの」と言われて腹が立った。

弟が鬱病になったら父が「お前は強い子だから大丈夫だな」と言われた。

そんなことないよ、安本丹な私でも傷付くことだってあるよ、と言いたいけど言えない。

転職活動が失敗の連続で、何にも手が付かなくなるほど落ち込んでいるけれど、家族の前では平静を保っている。

今日不採用の通知が来たが、母はまたかとだけいい、私は封筒の中から履歴書だけを抜き取った。

経験者優遇と謳い文句にあったから少しは自信があったのに、不採用という現実を突き付けられて、泣き喚きたくなる。

ネットを覗く。ゲームをする。楽しいことをして精神の平衡を保つ。

きっと、また落ちたのに遊ぶあの子は現実が見えてない、と思われている。

友人に会いたい。会って遊んで話して気力を取り戻したい。

そう思うけれど、友人らには私以外の友人が沢山いる。

私の愚痴息抜きに付き合うくらいなら、他の人と楽しくお洒落休日を過ごした方がずっと有益だろう。

それに友人らには友人らの大変な現実がある。自分の荷物を他人に押し付けてはいけない。そう思うと連絡を取る行為は憚られた。

普通の若い人みたいに、日々のことをメール電話で伝え合う習慣が私にもあれば、違ったのかもしれない。

最近、胃に痛みが走るようになったような気がする。

肉も菓子も受け付けるのならば、それは気のせいだ。

そこまで私は柔な造りにはなっていない。そう結論付けて、出来るだけ楽しいことを考えながら布団を被る。

お疲れ様、無能でお馬鹿な無職さん、今日も良い夢を。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん