「生きる」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 生きるとは

2008-04-08

http://anond.hatelabo.jp/20080408185003

一部はそうかもしれないけど、大多数は何も考えてない金の亡者なんじゃないの?

そういう人たちは考えを改めてもう少し倫理観を持って生きるべきなんじゃないの?

そのためにはビジネス書じゃない勉強が必要なんじゃないの?

と思う。

2008-04-07

生きる気力がなくなった。あああ。反抗はできないのだから、もう政府やリアリステさんを神と見立てて生きていくしかないのかな。くやしい。

仕事する

家族のために仕事する

主人のために仕事する

お家のために仕事する

会社のために仕事する

組織のために仕事する

恋人のために仕事する

食べるために仕事する

お酒のために仕事する

名誉のために仕事する

社会のために仕事する

自分のために仕事する

自然のために仕事する

お金のために仕事する

貯金のために仕事する

余暇のために仕事する

流行のために仕事する

勉強のために仕事する

権力のために仕事する

地位のために仕事する

神様のために仕事する

国民のために仕事する

他国のために仕事する

地域のために仕事する

故郷のために仕事する

死後のために仕事する

闘争のために仕事する

平和のために仕事する

安定のために仕事する

生活のために仕事する

現在のために仕事する

世間のために仕事する

健康のために仕事する

自由のために仕事する

権利のために仕事する

理想のために仕事する

芸術のために仕事する

技術のために仕事する

武術のために仕事する

真実のために仕事する

虚構のために仕事する

未来のために仕事する

歴史のために仕事する

遺産のために仕事する

学問のために仕事する

知識のために仕事する

宇宙のために仕事する

子孫のために仕事する

祖先のために仕事する

義理のために仕事する

伝統のために仕事する

人類のために仕事する

女性のために仕事する

男性のために仕事する

民族のために仕事する

贖罪のために仕事する

仕事のために仕事する

忘れるために仕事する

生きるために仕事する

笑顔のために仕事する

働きたくないでござる

http://anond.hatelabo.jp/20080407080944

俺なんか、もう妻子にとってお荷物じゃないかと思う。

極端な話生きる不良債権な僕は居ない方がいい気もする。

はははwまさに鬱病www

俺も2年前はこんなだったなー。

今では「不良債権?いいじゃん!どこまで負債が積み上がるかな?ふはははw」とか開き直っちゃって、てきとーに生きてるぜ。他人に迷惑かけまくりだw。

でも、こんな風に開き直ったら動けるようになって、失敗も多いけど成功も出来るようになってきた。

でだ、増田鬱病っぽいけど、なんで子供作ったの?バカ?鬱病の時は大事な決断しちゃダメって医者に言われなかった?

あと、よくそれだけの薬飲んでてセックスできたね。俺が薬を飲んでいたときはオナニーさえ大変だったよ。

やっぱり仮面鬱病なのかもねーw

http://anond.hatelabo.jp/20080407080944

俺なんか、もう妻子にとってお荷物じゃないかと思う。

極端な話生きる不良債権な僕は居ない方がいい気もする。

そういう風に思わせるのが妖怪うつのやり口なんだよ、気をつけろ。

俺って使えねぇ

31歳既婚子持ち無職うつ病博士中退の俺。

今日から一年半ぶりの仕事の予定だったのだけど、今月初めに辞令を貰ってからずっと鬱で、薬飲んでないのと同じ感じになって、寝てばかりで何も手につかず、昨日から吐き気が止まらずさっき休み電話を入れてしまったorz

なんか、子どもは生後1ヶ月も経つのに泣くしぐずるし可愛くない。子どももそれを感じ取っているのではないかと言う懸念がある。

そんな状態なら増田に書くなと言われそうだが、はけ口ここしかないもんな

子どもが出来たからには、食わせなきゃならないし、周囲からのプレッシャーもある。まあ、常識的に考えて当たり前だ。自分からのプレッシャーが一番大きいのかも。

俺なんか、もう妻子にとってお荷物じゃないかと思う。

極端な話生きる不良債権な僕は居ない方がいい気もする。

増田愚痴ったとき「お前うつ病じゃない」的に言われたけど、もう6年も医者にかかっている医者達の診断は間違っていたのか。弁当翁に言われた「薬の量が問題」みたいなこと言われた。

飲んでる薬は

飲みすぎ?長年飲みすぎて頭の中変わってしまったのだろうか。

これに類するものをもう6年間。SSRIとかSNRIとか第一選択薬にするってどうよ。パキシル飲み続けてたんだけど、あれ、薬価高いし、まあとりあえず的な処方でいいの?

最初の医者は、3ヶ月で必ず治りますと言ったのだが、ずっと続いてるんだけど何故?

俺って本当はうつ病じゃない? 現実逃避してるだけ?

苦しいなあ。

ああ、召喚呪文使いたいけど、使い方がわからない。

2008-04-04

現在を生きられない病

将来のことを考えてせっせと自己投資、自己投資。昨日も今日も、そして明日も明後日勉強勉強

自分の市場価値を高めないと世知辛い世間から淘汰されてしまうからね。強迫観念にも似た感情に押されながら勉強に精を出す。

しかし、ふと気付いた。

一体いつまでこんなことを続けていくんだろう、と。

物事の変化が速くなった現代では、どれだけ自己投資を重ねたって決して安心はできない。

いつもいつも将来のことを思いながら今を過ごしているんだけど、このままでは一生今を生きることはできないんじゃないかと思い始めた。

2008-04-03

性格的弱者

思うに彼は性格的弱者だ。彼自身は学歴的強者であることで自我を崩壊から保っているが、実際のところかわいそうなマイノリティである。かわいそうなことにそれは中島義道のいうような(身障者などの)世間で認められている公認のマイノリティではない。

大学内では高等な話題で誰とでも話せるような感じを行間から読ませるような文章になっているが、彼が無意識に彼がいうところのくだらない話しかしない人間を排除しているだけで、大学内においても実は彼はマイノリティなのではないだろうか。社会ではくだらないことで盛り上がることのできる人間が大多数であり、彼はその現実から身を守るために学歴における強者であることを使っているのではないか。

彼も酔ってしまって、またある程度努力すればくだらない話題にもついていけるだろう。ある程度楽しめるかもしれない。でもその楽しんでる自我の1枚をめくると、もうそこには「なんでこんなくだらないことで楽しんでるふりをしているんだろう」という一つ上の視点から俯瞰している自我がある。

また初めはただの性格的弱者だったのが、社会弱者としての経験を重ね、自らに(彼の場合は学歴という)要塞をつくることで人格的にも弱者になってしまっている。(これがポジティブ生きるためのエネルギー生産エネルギーになることもあるが)

なんでこんな憶測ばっかりの文章を書いたかというと、彼が僕に似ていたからだ。最近高校の友達との飲みに言って同じことを感じた。そして悪いことに、その場で一番学歴が高いのが僕であった。うっかり彼と同じように学歴のせいにしてしまいそうだったが、これは性格のせいである。これからマイノリティとして生きる道を探さなくてはいけない。

http://anond.hatelabo.jp/20070801020618

2008-04-02

さあ、楽しくなってまいりました

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080401-00000183-mai-bus_all

 景気が悪くなってきた。俺たちが大学に入った頃と状況が似てきた。

 悪いが、楽しくて仕方がない。

 

 ロスジェネの一員として、「戦争を望む」などと思ったことは一度もないし、あれは、論壇向けのアピールに過ぎないと思っていた。あんなのを喜ぶのは左翼知識人界隈だけで、どうせ著者だけが注目されて終わるだろうと思っていた。

 そのとおりになった。

 丸山だかなんだかをぶん殴れるかどうだかはどうでもよかった。俺たちの後から来た連中が、さも自分たちの力であるかのように大手の企業内定をどんどんとりまくり、俺たちよりも社会的なステータスを上げていったこと、そうして、俺たちは前にいたバブル連中と後ろのプチ・バブル連中に挟まれ、社会的な厄介モノとしてまなざされつつあったことにムカついていた。

 以前もここ(http://d.hatena.ne.jp/dot_hack/20080315)で、ロスジェネの嘆きは感情論としては少しも理解されず、社会的問題として淡々と処理されていくほかない、と書かれていた。

ロスジェネの下の世代にそうしたジレンマがないとは思わないが、相対的に恵まれた環境生きる人々が増えることで、「社会への恨み」に駆動された批判活動ではなく、それらと切り離された社会貢献が可能になるのではないか。もっと言うなら「別にいいじゃん虚偽意識でも」ってな具合だろうか。ロスジェネにとっては「踏み石」にされた形だが、時代のトレンドはそちらに向かうのだと思う。おそらくロスジェネが気にしなければいけないのは、正社員になりたがる連中をどうやって「こちら側」にオルグするかではなく、自分たちと同じ関心を持ちながら、自分たち以上にポジティブ幸福連中に対して「お前らはボクの気持ちを分かってない!」以外にかける言葉があるかどうかを考えることなのだ。それがどれだけ、惨めな気持ちを呼び起こすのだとしても。

 さて、景気が悪化してしまえば、こうした前提はすべて無に帰す。この数年の連中がたまたま運がよかっただけなのだ、ということになる。俺たちの感情の咆哮は、二個後ろの世代の咆哮と呼応して、連中にも届くことだろう。

 俺たちは、決して、やすやすと「踏み石」になどされはしない。

 景気が悪くなってきた。

 悪いが、楽しくて仕方がないのだ。

2008-04-01

http://anond.hatelabo.jp/20080401145902

×素行の悪いウヨくん

ワーキングプアで、ネットしか生きる楽しみのないウヨくん

×委員長のサヨちゃん

既得権益者の娘で何の苦労もしたことがない箱入り娘サヨちゃん

2008-03-31

自殺したい。

でも死んだら何もかも終わりだからな、どうしよう。でももう嫌な事が続くのもごめんだ。

生きるのはつらい。

http://anond.hatelabo.jp/20080328230309

人との関わりを求めて信仰するのではなく、

人との関わりが無くなっても信仰できるのが、本来の「生きる意味」の筈。

それを求めなさい。

2008-03-30

音楽を聴くのは楽しい音楽を作るのも楽しい

でもそれは生きるのには必要ないし音楽(に限らず何らかの音声)を聴きながら勉強などをすると聴いていない時と比べて1/100倍も集中できるというのも事実だから困る。

でも楽しい事をしないと生きている意味なんてないし練炭買ってきたから今から何か焼いて食べるか。

http://anond.hatelabo.jp/20080330084637

それらすべては

その中で生きる価値希望を生むと言う意味において

俺にとってすべて必要なものだ。

トマソンのない世の中なんて。

http://anond.hatelabo.jp/20080330201038

さっきの増田だけどね。

職が無い人たちも、親に頼ったり、派遣労働などで生きていけるうちは

(セーフティネットがあるうちは)犯罪などを起こしたりはしないだろう。

でもいつまでも続くとは限らないし、体力や親の財力が尽きた順に、

生きるすべを失っていくわけだよね。

 

それは短絡的に言えば「犯罪」に繋がっていきそうだし、

そうじゃなくても、社会不安は生じていくよね。

それは生産性の低下、競争力の低下に繋がっていく恐れがあるのではないの?

そしてそれは、特権層にとっても望ましい状況じゃないよね。

 

あと、他の増田に対するレスで書いたけど、「淘汰」と「不必要認定」は別物だよね。

それは欺瞞ではない。もちろん、恋愛などでは「そのときの、そのひとの」評価がすべてだから、

失恋=不必要認定といっても差し支えないのかもしれない。

 

>「怖いから助け合いが必要」というのは内心から論じたことにならないの?

書き方があいまいであったが、セーフティネットから内心を論じるのは難しいということ。

内心に踏み込むのは話の方向性としておかしいのではないかという事が言えればよかった。

「生活崩壊の恐怖」という内心から相互扶助にいたる動機を説明してもいいし、

「+身内だけでも助かれば」という内心を加えても説明はできる。

「誰か、私にするべき事を下さい!」

http://anond.hatelabo.jp/20080330025039

まさに「希望は、戦争」って感じだねえ。

するべき事がオンラインゲームしかないわけ無いだろうに。するべき事くらい自分で見つければ?

自分で見つけられないから「あー俺も兵士になって死んだら名誉だよなあ」ってどんだけ都合がいいのよ。

するべき事を探す事も行う事も放棄している、生きる事を放棄している。

どうせなら後者だけ選んでビルから人のいない方向にI can flyした方がまだマシじゃない?

2008-03-29

http://anond.hatelabo.jp/20080329084244

さらに、加害被害関係なく実名出さないでほしい…。

突然被害にあったばかりでなく日本中に顔写真とともに名前を報道されるなんて

ひっそり生きるのが好きな自分には考えただけで耐えられない。

たとえその時自分が死んでたとしても。

2008-03-28

生きるのって大変だなぁ

なるだけ余計なことを考えないように暮らせるのが

ベストなんだろうけど何かにつけて考えざるを得ないのが現状。

自然脊髄反射だけで暮らせるって状況が幸せなのかな。

もっと傲慢に生きることができればいいのに、と思う

逆境ってのは、ある意味、楽だ。

ただひたすらに全力を出し尽くせばいい。

一切合切躊躇せず容赦せず情けを捨ててあらん限りの手札を使い切る。そこに感情の入り込む余地はない。だから、楽。

おれが苦手とするのはままならない状況。

右往左往してにっちもさっちもいかなくて役に立たず打ちのめされて心砕かれる。おれの精神は意外と脆くて、攻めてるぶんにはいいが、受けに回ると、すぐに罅割れてしまう。

ひどくアンバランス

常に攻め続けていないと、生きていけない。

いまの仕事の、どこかに、なにか、攻め得る領域を見出さないと。

そうしないと耐えきれない。いつか限界を迎えてしまう。すでに、おれの精神は、罅が入って、このままだと、どうにかなってしまう、そう遠くない未来

あるいは、逃げるか。おれには向いていないと判断して、見限って、逃げてしまうか。

問題は、いまのおれの精神状態では、まともな判断を下せないということだ。

かといって、周囲の判断を待っていれば、それは致命的な状況に陥ってから、ようやく判断が下されるということで、ひどく迷惑をかけてしまうことになる。

どうすればいい。

とりあえず。

とりあえず、生き続けよう。

その先延ばしが、いつまで続くかわからないけど。それしか、ない。

もっと傲慢に生きることができればいいのに、と思う。

2008-03-27

どう見ても社会ダーウィニズムです。本当にありがとうございました

http://anond.hatelabo.jp/20080327165138

生きるために食べること、寝ること。交尾をして子孫を残すこと。これらは生き物として最低限の活動であって

その「最低限の活動」を全うできない個体が「劣っている」と評価されるのは至極当然のことだと思う。

とっくに学問的には否定されてる社会ダーウィニズムを信じている馬鹿がいつまでも淘汰されないのはなんでなんだろうね。

その、進化論的文脈でいう「劣っている」とか「優れている」は「繁殖」という一面に着目しての評価だから、あんたの言ってる「繁殖力の優れた個体は(繁殖力に)優れている」ってのは単なるトートロジーなの。そんなことぐらいちょっと考えればわかるだろ。

http://anond.hatelabo.jp/20080327183715

生きるために食べること、寝ること。交尾をして子孫を残すこと。これらは生き物として最低限の活動であって

その「最低限の活動」を全うできない個体が「劣っている」と評価されるのは至極当然のことだと思う。

って書いたのは俺だけどさ、こういう議論の際に

「ただし○○という動物の場合は違う」だとかそう言った例外を書かなくちゃならんのかな。

一般論としていったまでだったんだけども。とは言え、誤解を招いたとしたなら誤ります。

ついでだから聞いてみたいんだけども、

ミーアキャットなんかの場合は種の習性としてそういった役割分担が行われているわけだけども

社会生活を営む」という共通点のみでヒトにも同じ事が言えるの?

ヒト社会の役割分担って何?現在日本恋愛からドロップアウトしてる人達はどういう役割を負っているの?

研究のために時間を使いたい」とかそう言う人はいいと思うのね。っていうかそう言う人は(一般人から観てかどうかは別として)魅力あるし。

でも恋愛至上主義批判してる人のほとんどはそうじゃないよね。逃げ道見つけて逃げ込んでるだけじゃないの?

それとも、自分が知らないだけで何か重要な「役割」があるのかな?

http://anond.hatelabo.jp/20080327183715

ハチやアリはそもそも繁殖形態がまったく異なるし、ミーアキャットのような形態も非常に珍しいのだが、人間もそちらに分類されるという根拠は?

これは、まず、全生物をひとくくりで考えてた人(おれがトラバ打った人)↓に聞いてくれ。

生きるために食べること、寝ること。交尾をして子孫を残すこと。これらは生き物として最低限の活動であって

その「最低限の活動」を全うできない個体が「劣っている」と評価されるのは至極当然のことだと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20080327165138

おれは、これに対して、ひとくくりで考えられるわけないじゃん、

例外なんていくらでもあるよって意味で、まず、ハチやミーアキャットの例を出しただけだから。

でも書き方がうまくなかったかもしれない。すまない。

一応、質問に直接応えておくと、人間もハチもミーアキャット社会生活を営む点で共通する。

社会生活を営むということは、群れ全体として生き残って、その中の誰かしらが遺伝子を残すように、

群れの中のそれぞれの個体が違った役目を果たすということだ。

役目ごとに有能さの尺度は変わる。

違う役目を持った個体間で同じ尺度を使って、個体の有能さを測るのはナンセンスだ。

思考のドツボ

 なんというかおれの歪みっぷりの根底には徹底した自分嫌いがあって、じゃあ、それをどうすれば直せるのか、考えてみた。思考のドツボにハマるとどーにもこーにも危うげになってしまうものだから、なんとかしなければ、と。

 でも、考えてみたら、そんなのとっくに分かっているのだった。おれにはなにもない。なにも成し遂げちゃいない。ただ、ただ無為に生きているだけ。そんな自分が嫌いなのだ。

 だったらとっとと成し遂げりゃいーじゃん、って話だが、では、なにを。そして、それは、なんのために。

 己を肯定するには他者が必要なのだろうか。だれかのために生きることができれなければ、おれは自分を好きになることはできないのだろうか。

 まあ、自分を好きなるとかどうでもよくて、だれかのために生きてみたいなあ、ってのは常々考えていることで。

 その思考の根底には、やはり自分が嫌いだから、この命、自分のためではなく他人のために使いたいっつーぐっちゃぐちゃにねじまがった思想があって。

 どっちにしろおれには他人が必要なのか、と考えると、それはなんだか間違っている気がする。なにかが間違っている。

 おれは。

 違う。

 もっと別の生き方

 思考を形成するために、なにかが足りない。パズルピースキーワード

 それとも、おれは恐れているのだろうか。

 確かに恐れてはいる。

 他者を求めても、他者に否定されたら、おれはどうやって生きればいい。

 一人では生きていけない弱さが、おれは恐ろしくて、だから一人でも生きられる方法を求めて、ぐるぐると思考のドツボにハマっているのだろうか。

 分からない。

 いずれにせよ、答えは出さねばなるまい。その答えが、いかに残酷でも。容赦なくおれの生きる術を奪い去っても。それでもきっとおれは意気消沈しながら新しい生き方を求めて、足掻き、藻搔き、そして、いつの日か。あるいは答えなんて見つからず。死ぬときまで。おれは。ああ。

 こいつは救いがたい病だ。

 ブラック・ジャックでも治せやしない、不治の病。

 どちくしょう恋愛と性欲は別物だって確信したわだって鬱のときは性欲はあったが恋愛欲求はなかったものなそれがどうだ鬱が快方に向かってからというものおれは心の弱さまで獲得してしまったちくしょうちくしょうちくしょうこんちくしょうこんなもんいらないおれに孤独を愛し孤高に生きることのできる強さを与え給えーっ!

--------------------------------------------

 追記。

社会からの承認欲求」も「恋愛欲求」も大して変わらないと思う。

 社会ってのは具体的になにを指しているのか。数字か。給与明細を見れば満足するのか。そんなはずがない。金か。違うだろう。貧乏だって、そりゃあ極貧は勘弁願いたいが、ちょっと遊ぶ金さえあれば事足りるだろう。

 なにかの仕事に対して、だれかに認められる、そういうのを求めているのではないのか。やり甲斐を求めているのではないか。

 やり甲斐には相手が必要だ。顧客の満足を得るのがやり甲斐なら、意中のひとのために働くのもやり甲斐だ。家に帰ったら「おつかれさま」と言ってくれる女房のいる家庭ってのはひとつの理想だ。

 その「やり甲斐」をだれに対して感じるか、それだけが「社会からの承認欲求を求めるタイプ」と「恋愛を求めるタイプ」の違いじゃないのかなあ。

 だれかのために生きてみたい。それはだれもが共通しているのでは。いちいち社会がなんたらとか言葉遊びしなくても、感情に従えば、一人では楽しくない、だから、というふうに、すっきするのでは。

 やり甲斐のあることが生き甲斐で、最大の顧客は意中のひとで、そのひとのために生きてみたい、けど、どんな答えが返ってくるか分からないから告白できなくて、だって振られたら、また生き方を模索しなくちゃいけないわけで、それはとても恐ろしくて、でも、だからといっていつまでもこの状態というのも苦しいし、どうすればいいのかわからなくて、いや、告白すりゃいーじゃんってのはわかっているけど、そのひととの関係が終わってしまうのが怖くて、んでもって、こんなことで悩んでいる自分が嫌で嫌でしょうがなくて、思考のドツボにハマって、あうあうあー。

 なにを書きたいのかわからなくなってきた、だって自分でも整理できないもん、こんなところに書き込んでいる時点で非モテだと察していただきたい! 女の子と話したり遊んだりしていても、だからってモテだとは限らないんだよ! リア充とは限らないんだよ! ままならないんだよ! いっぱいいっぱいなんだよ! うわーん!

http://anond.hatelabo.jp/20080327165138

生きるために食べること、寝ること。交尾をして子孫を残すこと。これらは生き物として最低限の活動であって

その「最低限の活動」を全うできない個体が「劣っている」と評価されるのは至極当然のことだと思う。

そうとも言えない。社会生活を営む生物の中には、

自分自身の繁殖を犠牲にして自分の属する集団に貢献するミーアキャットだとか、

そもそも生殖能力を抑えるように成長するアリだとかがいる。

交配しない個体もいなければ、ミーアキャットの一集団全体の生存が危ぶまれるし、

働きアリとして育てられて働くメスがいなければ、雄アリや女王アリは生きていけない。

生殖する個体だけが「優秀」だとするのは、思い込み。

生殖する個体が優秀だといいたければ、

生殖する個体は、生殖活動をするためには「優秀」だ、とは言えるかもしれない。

しかし、それは、たいして意味のない主張だ。

社会生活を営む生物である人間においても、同様のことが言える。

たとえば、同性愛者の学者は、生殖活動においては「優秀」ではないかもしれないが、

学者研究社会貢献するなら、その学者人類の生存・発展に寄与することについて「優秀」だ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん