2023-07-28

anond:20230728103331

俺が思うに、「リアルっぽい」というのは、このくらい強い威力がでる、このくらい強いやつの攻撃なんだから、これくらい素早く華麗で常人では考えられないテクニックなんだ、という方向性なんだよな。殺陣だとか、中国カンフー映画系譜で、今主流になってるやつだわ。ブレイドとかジョンウィックとか。

 

あの映画で思った「生々しい」ってのは、そうじゃなくて、威力とか強さから動きを逆算するんじゃなくて、まず生きている人間が動いている。別に目にもとまらなかったりしないし、パワーとCG演出を除いたら自分にもできそうで、結構不格好だし、なんなら着ぐるみのなかで動いている人が感じられる。酷評されがちなコウモリ怪人の飛び方とか、まあ確かにダサいんだが、そうはいってもコウモリが飛んでるんだから実際こうだよな、みたいな。

それらは、特撮的といえばそうなんだろうが、それはかつて特撮というジャンルには技術的制約もあってそういう「生々しさ」が残ってて、監督がそれを愛していたという事なんだと思う。

記事への反応 -
  • https://twitter.com/hitasuraeiga/status/1684402612836397056 アマプラで『シン・仮面ライダー』の配信が始まって案の定「アクションがショボい」という批判が噴出してるみたいだけど、あれに関して...

    • 終始好きだったよアクション、生々しくて。 別に過去特撮の知識なくても、ああこういう「本当に人間が動いてる」やつが良いんだな。わかるわ、とちゃんと伝わった。

      • 0号戦などはともかく、CGメインのオーグ戦は生々しさとは真逆だと思うが。 終始好きだったよアクション、生々しくて。 ああこういう「本当に人間が動いてる」やつが良いんだな

        • リアルっぽさと生々しさがイコールではないという感性の問題なんだと思う

          • 「リアルっぽさ」と「生々しさ」が違うものだとして、シン仮面ライダーのCGアクションには「生々しさ」があったというなら、その定義を軽く説明してほしいね。 (一般的な日本語の...

            • 俺が思うに、「リアルっぽい」というのは、このくらい強い威力がでる、このくらい強いやつの攻撃なんだから、これくらい素早く華麗で常人では考えられないテクニックなんだ、とい...

              • もしも、トランポリンとかワイヤーとかカット割でごまかすとかの、いわゆる特撮的な手法(をCGで再現したような見せ方)で主に超人的な能力を表現してたのなら、目新しさこそないも...

                • CGの質感があたかも現実みたいだとか、カメラ的に違和感なく感じる~みたいなやつは、俺は「リアル」の考え方だと思うんだよな。    いや、別にそれはそれで普通に好きだし、技術...

    • シン仮面ライダーは4回見たけど個人的には刺さったな アクションは良かったよ

    • 最初の戦闘員戦は最高だった ええ...冒頭30分配信で十分じゃん...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん