2019-12-02

anond:20191202231731

膣分泌液の主成分は血漿だとされ、水分、ピリジンスクワレン、尿素酢酸乳酸アルコールグリコール、ケトン、およびアルデヒドを含んでいる[1]。液は通常透明で、 粘度、手ざわり、色、においについては、性的興奮、月経周期、病気の有無、食事などで変化する。

(略)

糖尿病妊娠授乳期、更年期、加齢、病気などの生活上の出来事や体調などで変化するほか、市販抗ヒスタミン薬など特定の薬の使用でも、膣分泌液が抑制される場合がある。また、抗コリン性がある薬や交感神経興奮薬は、膣粘膜が乾く効果がある。 そのような成分は、アレルギー心臓血管障害精神疾患など、さまざまな病状のための治療薬に含まれている。

Wikipediaより

記事への反応 -
  • 嫁がダイエットを始めてから濡れなくなった

    低糖質、低脂質、高タンパク、野菜たっぷり、と筋トレを組み合わせたオーソドックスなダイエット。嫁はどんどんきれいになっていくが、性生活はむしろ悪くなっている。 セックスの...

    • anond:20191202231731

      膣分泌液の主成分は血漿だとされ、水分、ピリジン、スクワレン、尿素、酢酸、乳酸、アルコール、グリコール、ケトン、およびアルデヒドを含んでいる[1]。液は通常透明で、 粘度、...

    • anond:20191202231731

      ヒント 脂肪が女性ホルモンをつくるのでデブ男は巨乳から乳がでることがある

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん