2019-11-24

私は神だ

いや知らんけど

Twitterで絵を描いていたらいつの間にか神というものになっていたらしい。

もともとTwitterはやっていて絵も描いていたけど心からハマれるジャンルがなく、半年に一回くらいその時に面白いと思ったアニメの絵を描いているようなほぼROM垢だった。

それがここ最近からハマれるジャンルを見つけた。筆が早くないので量産は出来ないけど、描くたび描くたびお褒めの言葉をいただける。

フォロワーもびっくりするほど増えた。

ちょっと前のROM垢の時には考えられなかった話だ。でも私はROM垢の時の意識のままだから、気軽にいいねもするしRTもするしフォローもする。

するとどうだろう。

「神からフォローされた!」

「神にいいねもらえた!」

ええ…

そこで初めて自分の行動を見ている人がいるという事実に驚かされてしまった

元々ROM垢だから人と交流もしてこなかったので、他人との距離の取り方が分からないのだ。

RT後に感想を頂いても自分に宛ててのものか自信もないし、わざわざらし感想を回収しにいく卑しい自分も恥ずかしくて、空にはふぁぼが出来ない。所謂高尚さまというやつになってしまっているのかもしれない。

それでも、意識ROM垢にはなにも出来ないのだ。

これまでは誰も私の姿が見えていないから好き勝手出来ていただけであって、人から見られているという事実がこんなにも生きづらいものだったなんて。

なぜみんな自分の姿を見られながらあんなに無邪気に交流できるのだろうか。

私には、無理だ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん