2019-05-06

希死念慮MAXの俺が梅田飛び降り動画を見て思った事

過労で鬱になってから15年。

双極性障害の病名もついてずっと希死念慮から離れなかった。

いつ死のうか、いつどこで首を吊ろうかと考えてばかりいた。

実際一度未遂も起こした。飛び降り自殺シミュレーションとしてバンジージャンプも飛んだ事もある。

でも昨日あちこち拡散された、梅田飛び降り自殺動画を見て凄く生理的嫌悪感を感じた。

自分が一番欲しかった「死」がそこにあったのに、その人を羨ましいとは思わなかった。

亡くなった人には申し訳ないが、忌まわしくすら感じた。

ここで気づいた。自分は生きたいのだ。

死にたくはないのだ。

過労、パワハラ、病状、人間関係から自由になりたいのを「死にたい」と誤解していたのだ。逃げたいだけだったのだ。

全て逃げて生きられるなら、それを選択したいのだ。

やっと希死念慮から脱出できる。

この気持ちは次の診察で精神科医にも話さないと。

  • anond:20190506010023

    あの動画、音がすごかったよね。地面にたたきつけられた瞬間の破裂音みたいな。腕もちぎれ飛んだらしいね。

    • anond:20190506010748

      10連休始まる直前に東名高速であった飛び降りも鉄道の人身事故並みに遺体がバラバラだったとか。

      • anond:20190506011110

        東名の遺体、損傷が激しすぎて性別不明らしいもんね。見かけたドライバーも「なんかの死体っぽいものが転がってた」って。やばいねー。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん