2018-05-05

一億円の純資産を手に入れる方法 その4

お金は人を介してやって来る

お金は人を介してやって来た。仕事の機会は人を介してやって来て、その結果としてお金が入って来た。今も変わらない。

人間関係がすべてであった。

人に媚びろという話ではない。むしろである仕事仕事ビジネスライクで良い。

仕事の質を高めることが信用を高めることであり、その結果としてまた仕事を頼みたいという話がやってくる。

但し人情的な工夫も上手なやり方である人間関係の構築、良好な人間関係を築いて維持すること。それが仕事を円滑にもするし、その結果として、日々の仕事楽しいものとなる

仕事を経て勉強になる人がいて、仕事上の師匠と呼べるような人がいつしか現れる。そういう人とのつながりは大事にして行く。実際、そういう人はビジネス成功しているわけで、そういう人との会食の機会などは積極的に持って良い。お金を払うのはもちろんこちである

先生のご都合のよろしい時に、おいしい食事でもご一緒したいですと。そして自分さりげなく支払いを済ませておくと。その食事の中で、仕事の呼吸、コツ、勘所などもついでに教えてもらえたりして、それで自分にとって好ましい人と濃密な時間を過ごせて、それで食事代で済むようであれば、なんとお得な話か。

要するにお金というものは人を伝ってやって来るものであり、この世は人間関係がすべてであるといってよい。

(次)一億円の純資産を手に入れる方法 その5「本という最高レベル投資対象のこと」

https://anond.hatelabo.jp/20180505234756

(前)一億円の純資産を手に入れる方法 その3「本業でしっかり稼ぐべきこと」

https://anond.hatelabo.jp/20180505190419

記事への反応 -
  • 一億円の純資産を手に入れる方法 その3

    本業でしっかり稼ぐべきこと 投資をすると同時に本業でしっかりと稼ぐこと。がむしゃらに働くだけではお金がたまらない。質を高めることが鍵になる。 専門分野を持たなければならな...

    • 一億円の純資産を手に入れる方法 その2

      早い時期に投資を始めるべきこと 早い時期に投資を始めた事が大きい。労働で月百万円稼ぐのはけっこう大変である。己が身ひとりで稼ぐというのでは限界がある。自分の働き以外にも...

      • 一億円の純資産を手に入れる方法

        はじめに 一億円の純資産を手に入れるまでにやってきたことについてここに記す。 私は四〇代半ばの男である。借金は無い。純資産一億円を手に入れた。ここに至るまでの道のりについ...

        • ゴミ記事だった、マジで時間を返して欲しい

          https://anond.hatelabo.jp/20180504230325

        • anond:20180504230325

          さすが、40代でたかだか1億円という中途半端さを感じさせる、煮え切らないマスダだな。 余命考えても1億で自由は手に入れられないと思いますよ。

        • https://anond.hatelabo.jp/20180504230325

          5000万貯めた時に同じような記事を各所に書きまくってドヤしまくってた身として、この記事書いてる時の増田の気持ちがよくわかるわ。

        • anond:20180504230325

          この1つ目から読む気を無くさせる能力は何なのだろう。 詐欺商材のHP見飽きてるからかな。 お前の日記で、金より大切なものをなくした。 時間

        • anond:20180504230325

          俺は米株を中心に2億ちょい運用してるが、やってきたことを書くなんて面倒でできない。 そーゆう意味では増田を尊敬する。

        • たくさんのコメントをありがとう

          ちょっと前に書いたこちらの記事(日記)に、たくさんのコメントを頂きました。 https://anond.hatelabo.jp/20180504230325 どうもありがとう。肯定的なコメントは全体の一割程度、残りの九割は...

        • 一億円の純資産を手に入れる方法 その24 奴隷状態から脱する

          自ら目標を定めるべきこと。 さもないと他者の意図に振り回されてしまう。 他者に振り回されたからといって責められるべきはその他者ではない。自分自身なのだ。 己が何をやりたい...

  • 一億円の純資産を手に入れる方法 その5

    本という最高レベルの投資対象のこと 自分の師匠と見込んだ人との関係を大切にするという話を前回書いたが、その人と対等に話ができる位の人間力(というようなもの)も必要である...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん