2018-03-17

スマートドラッグの恐怖

netflixスマートドラッグドキュメントをやっていた。スマートドラッグとは人間の脳の機能能力を高めたり、認知能力記憶力を高めるとされる薬品物質総称のことである番組ではADD(注意欠陥障害)の治療に使われる薬物を違法に入手し学校職場競争に勝つために利用する様子が描かれていた。全てのアメリカ人が薬物依存とは言わないが日本に比べアメリカ人ドラッグに対する抵抗感が薄い気がする。エナジードリンク流行ったのもそのためだろう。アメリカ人の薬物に対する謎の信頼感はどこから来るのだろう。彼らは儲け主義医者製薬会社洗脳されているのではないか日本にこの波が押し寄せないことを祈る。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん