2015-09-30

人種」という言葉意味海外では全く違うので毎回すれ違いを感じる

人種ということばはしばしば「RACE」と訳される。

日本では人種という言葉はいわゆる 白人黒人黄色人種 という意味で扱われることが非常に多い。

なので人種差別といえば、白人黄色人種差別する。

というように認識する人が多い。


しかしRACEという言葉もっと定義が広いので海外記事を見た際に毎回狭義の意味コメントがうめつくされる。

黒人が~ 白人が~ という内容だ。

いや、RACEって民族とかも含まれますがな。と、毎回突っ込みたくなる。


例えば


韓国人差別はracismだ。


これを日本語に訳すと 


韓国人差別人種差別だ。


になる。


他にも血統による差別もracismなので

部落差別もracism、つまり人種差別になる。


部落差別人種差別じゃねーよ、人種差別定義自体おかしい。

という意見もあるがそういういわゆる定義論を事前に言及したうえで話をするならそれはそれでまだ議論が進められる。


でも、英語的にはracismっていう言葉人種だけじゃないよ。もうちょい曖昧言葉だよ。

という前提の知識すら無いと流石に議論にすらならないので困る。

悪意が有るわけではないように見えるが毎回議論が混乱して話が進まない。

なんとかしてくれ。(丸投げ)

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん