2014-02-08

元カレ勘違いしている、私はもうあなたの事好きじゃないのに。

「たぶん元カレくんは、私がまだ元カレくんの事大好きだって勘違いしているんだと思う。」

と、友達女子が飲みながら話してた。

元カレからメールが届いて、そのように感じたらしい。

この手の話は良く聞く。

確かにそういう節、ある。

男子って別れたあとも、

"元カノは僕の事まだ気に留めてるかも"的な事を

思い続けてる場合がある。

そして、

元カレからメールを受けた女子が、

元カレ勘違いしている!!」

的なことを言う事もままある。

ちなみに当増田は男だ。

メールの文面はこう。

1:「昨晩、君の夢を見たよ。学生時代の。

 学生の時の君はきれいだったよね。

 元気にしてる?

 時間があったら食事にでも行こうよ。」

という内容だった、らしい。


しかし、だ。

上記のメール内容からだけでは、

元カレくんが勘違いしているようには思えなかったんだ。

増田としては。


何故勘違いしていると思ったのか。


10年ほど前、付き合っていた当時、

事実その女子元カレくんにべた惚れで、

凄く一途に尽くしていたとのこと。

からきっと勘違いして、今でもそんなメール送って来るのだと。

そして何より、

勘違いしていないとそんなメール送れないだろうと。

すなわち、自分の事を好きだと思っていないと、

こんなメール送って来れる訳ないだろう、と。

そう感じているようだった。


なるほど。


これは男女、思考の違いの一つから生まれるミスリードだ。

2:女子は、自分に気があると分かるような相手にしか

上記1:のような(恥ずかしい)メールを送れないし、送らない(傾向にある)。

からこそ、

そういうメールを受け取った折は、

「この男子勘違いしている。私がまだ元カレくんの事を好きだと思ってるんだ。」

という思考に至る。

元カノは、まだ俺が元カノちゃんのこと好きだと勘違いしている。」

という類の話は、男子からはあまり聞かない。

男子はあまり、2:のような思考ステップを踏まないように思う。

そもそも多くの男子は、

相手が自分の事を好きであろうとなかろうと、

少しでも大義で性交の可能性をあげる為に、

割と誰と構わず(とまで言わないが)1:的なジャブを頻発する。

精子の数が多いからね。

勘違い男子というよりは、

単純にタンポポ的な発想による行動だ。

いっぱい撒く。


あいつ、勘違い男」

的な見下し方で、自尊心をあげる思考も悪くはないが、

多くの女子は、タンポポ理論を知ると良い。

また、タンポポ来たよ。

タンポポうぜぇって。

そういえばいいさ。

その方が正確な捉え方な気がする。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん