2013-06-25

ねこの思い出

ボーッとしてたら

昔のことを思い出した

ウチに猫がいた

正確には姉が拾ってきたので

姉が飼ってるということになってた

そのうち、姉が嫁いだので

世話役が私にまわってきた

はいっても、猫なんて、散歩につれていくでもなく

餌だけなんで、楽なもんだ

ありがちなんだけど

家に来たころはガリガリだったのに

見る見るうちに太って、巨大なブタネコと化した

なかなか愛嬌のあるかわいいヤツだ

うちの近所もネコを飼ってた

混血のオッドアイ

これが恐ろしく気が強い

そして、ケンカも強い

近所なので、私にもなついてたんだけど

なでてやっても

最初ゴロゴロいってるのに爪で引っかかれるし

じゃれていても急に噛み付く

しかも本気・・・

ウチのとソイツは

しょっちゅうヤリあってたんだけど

体はウチのがデカイのに

いつもやられてた

去勢してたのもあるかもしれないが

額パックリなんてこともしょっちゅう・・・

可哀そうなんだけど

まあ、ネコにはネコ社会があるわけで

いちいちかまいません・・・

田舎なのでおおらかなのですw

ある日よそ者がやってきて

こいつが、そーとーの手練れ

体格、面構え、もう気合い十分!!

ますオッドアイ対峙した・・・

両者ゆずらず。

いつもは、一撃でやっつけるのに

苦戦しているのをはじめて見た

そこに・・・

なんと、ウチのも参戦!

結果オッドアイを助ける格好になった

なかなかの死闘の結果は地元ネコの辛勝

その後も、そのよそ者は、たまにきて

うろついていたんだけど

あるとき三匹が、すこしはなれて

いっしょに昼寝をしているところを見かけた

なんだろう・・・

頬がゆるんだ。

そして、今はもう三匹ともいない

あれからネコはかっていません。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん