2013-02-11

会社が言う「成長」とは一体何なのか?

現在3月末までスケジュールがいっぱいだ。

土日出勤して仕事しても間に合うかどうか分からないくらいいっぱいだ。

にもかかわらず、さら案件を積もうとしてきている。

しかボリュームがとんでもない量である

「なぜやらないといけないのか?」と聞いたら「仕事から」だそうだ。

「この仕事をやりきれば、成長できる」と言う。

会社側が言う「成長」というのは出来る事やスキルアップの事ではなく、

どうやらただ単純に働ける時間の事のようだ。

「今まで君は8時間しか働けなかったけど、今は10時間働けるよね!成長したね!」

という事らしい。もちろんそれに対する報酬は無い。

一番の問題は会社側がその「成長」を本気で良い事だと思っている事だ。

自分たちが悪いこと言ってる、悪いことをしているという自覚は全くない。

自分たちが今まで死ぬ程働いて、プライベート犠牲にしてきて、

その土台の上に今の自分存在している。そしてそれは大変いい事だ。

他の人にもそういう経験をしてほしい。そして成長してほしい。”

これを本気で思っている。

会社経営陣がこういう考え方の場合は、

会社は間違いなくブラック化していくが、

当の経営陣は自分会社ブラック化しているなんて気づいていない。

しろいい会社だと思っている。

数あるブラック企業の中でこのパターンが一番最悪だ。

現在自分会社がこのパターンになってきている。

悪気の無いブラック化だ。

数々のブラック企業渡り歩いてきた俺もさすがに限界かもしれない。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん