2010年09月01日の日記

2010-09-01

http://anond.hatelabo.jp/20100901233836

最寄り駅までバスで15分以上かかるのさ。電車で20分前後、乗り換え入れるとまあ45分みないといけない。

http://anond.hatelabo.jp/20100901112656

まあ、「彼女いるの?」→「俺に気がある」ってのは短絡的すぎてどうかと思う。

気があるから「彼女いるの?」と聞く事もあるし、

気がなくても「彼女いるの?」と聞く事もあるだろう。

女の子が「彼女いるの?」と聞いてきた時に、自分に気がある可能性がどれくらいかは知らないけど、

そのわずかな可能性も潰しちゃってるよね。

そして、気がなくて聞いてきたんだとしても今後のアプローチを難しくしちゃってる。

つまり、勘違いを避けようとした結果、社交辞令への対応としても間違った返答をしてしまったという事だ。

http://anond.hatelabo.jp/20100901233416

でも横浜駅まで45分、東京まで1時間半ってかかりすぎな気がするなあ。金沢八景だってそこまではかからない。

よほど駅から遠いところにすんでいるのだろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20100901233244

この期に及んでストとかやってる内部の人間のノーテンキっぷりに開いた口が塞がらないよ

日テレがストやってるそうだけど、

ドンドンやってくれ。

放送もお休みして良いよ。

永久にストしててくれ。

誰も困らないから。

横浜に住んでいた。

横浜は都会ということになっている。

でも私の住んでいたところは、横浜駅まで北上するのに公共交通機関でどうやっても45分かかるところだった。

東京のどこかへたどり着くのに、乗り継ぎふくめて1時間半から2時間見ておけばよい。

近いと思っていた。私は都会に住んでいると思っていた。

横浜からほとんど出ずに大学まで卒業して、県内の企業就職したら、研修先がなぜか渋谷だった。

そこで私ははじめて、東京に通った。

愕然とした。

東京は、どこまであるいても横浜駅西口だった。

東京は、電車に乗っていると横浜駅桜木町駅が延々ループしているようなものだった。

そして東京は、高いはずの土地をふんだんに贅沢に使って何もないスペースを平気で作ってしまうところだった。

私はとんだおのぼりさんだった。

私は今でも、東京に行くと高層ビルを首を巡らせて見てしまう癖が抜けない。

みなとみらいとは違う距離感ビル群が、私にとっての、東京だ。

社会からこぼれおちそうなメンヘル漠然今日あったことを書くよ

昨日が事務処理の締め日だったので休むわけに行かず、今日会社休みました。

多重下請け&業務量削減、で、いま自分実質的に律する人が誰もいない。だから遅刻魔が容認されてしまっている。トラブルはまれによくあるし、そのたび各方面に迷惑をかけるし、このままだと自分が腐る。わけあって働けない家内を抱え、所帯持ちの責任で不本意ながらいまはこんなところにいる。本当はいたくないから、遅れる、休む。ああ、フリーランスは楽しかったなあ。

家内までむしろ休むと嬉しそうだし、でも給料が安いというし。

自分用のタイムレコーダーが欲しい。会社仕事をするためにではなく、美しいタイムカードを作るそのためなら、定時よりずっと前に勤勉に出社できそうな気がする、自分の机に設置したら、周囲が自分たちのモラルの弛緩に対するあてこすりと受け取るだろうというところまで想像がつく。それなら、今のようにチームのお荷物をやっていたほうが平和だ。

要するに自分無意識の方がずっと狡賢い。それだけは認めないといけない。

中世貨幣学説史の本が届く。なんでこんな本を自分は買わずにいられない?友人が来て話をした。トリレプタルが近々承認されるらしい。元気がちょっとだけ出た。

週末電験三種試験がある。二ヶ月準備期間があったのに全くなにもしてない。たぶん今回は見送る。ホイートストンブリッジの式だけは理解できた。別に法定停電の手配ができるからといって今よりましな職がみつかるとか思わないけど、電気のことも知らないままこうやって腐って滅びていくのはいやだ。

なにもかも間違っている自分たちを正しいと大声で言いたい。ベルグソンに傾く若手を一喝し、ヴィシー政府は正しいと居直ったドミニコ会士の気持ちがすこしわかる気がする。

http://anond.hatelabo.jp/20100901220207

とりあえず、手本にならないジジイは死んでくれ。

タイムマシンで30年後に行って見たんだが

おい、お前、大変だぞ。

お前も「手本にならないジジイ死んでくれ」と言われてたぞ。若者からリンチ喰らってたぞ。

オタク捕獲し飼育 書類送検

よく読んだら

オオタカ捕獲し飼育 書類送検

だった。

疲れているのだろうか

転職希望先をフォローするということ

とある会社転職しようと思ったのが1ヶ月ほど前。

さっそくtwitter上で社長を探してフォローした。

一般的に社長や役員などはプロフィール本名会社名を書いているので分かりやすい。

なるほど、会社にいるか出張しているかがよく分かる。

一日中チェックしている自分の姿を顧みて、ふとストーカーっぽいなと思った。

会社に連絡を入れ、転職希望であることを伝え、履歴書職務経歴書などを会社に郵送したころから社長の様子がおかしくなった。

おかしいというか、twitterがまったく更新されなくなったのだ。

かしこ社長には前科があるのであまり気にはしなかった。

ブログでも「心機一転今日から更新がんばります!」と大きく書いておきながらもう2年以上更新がない。

ここは、きっと新しいもの好きなんだろうと好意的に解釈しておくことにした。

しかしながら私の好意は社長に伝わることはなかった。

今、私の手元には社長名前印刷されたお祈りの手紙がある。

つまり面接すら不要ということだ。

おかしいな、応募の条件は十分満たしていたはずなのだが。

というかインターネット企業を公言するわりにメールとか使わないんだな。

と、そこまで考えて気付いた。

そうだ、あの会社は社内をSkypeで繋げていたんだ。

ケータイメールではなく、Skype IDを書いておけば、少なくとも面接できたのかもしれない。

そんな考えが頭を過ぎりながらも、同時に「ずっと待ってたのに。信じてたのに」という思いが交錯する中、私はそっとアンフォローをクリックした。

夕食済ませた後の20時~23時ぐらいの間が物凄く暇だ。

ネット見てても毎日面白い記事やネタがあるわけじゃないし。

かといって、仕事の事をするのも疲れる。勉強も無理。

なにして過ごせば良いんだよ・・・

http://anond.hatelabo.jp/20100901162527

港北ニュータウンでも、元処刑場の「血流れ坂」だったところが

改名されてニュータウンっぽい地名になってマンション建ってるよ

http://anond.hatelabo.jp/20100901162527

地方から出てきた方には知らない方も多いかもしれませんが、それらは処刑場だった場所です。

この一文でハッとした。

普通に東京で生まれて育った我々としては、いつの間にか耳にしているような

要するに「常識」として分類される知識。

しかし、辺鄙で風通しの悪い閉鎖的な地方では、こんなちょっとした情報すらも気軽に流れたりしない。

東京地方とでは、学校勉強以前に、こういう環境的な点から差がついている。

http://anond.hatelabo.jp/20100901112656

元増田です。

お互い腹の探り合いという段階なので

過度の好意を見せるのも問題だろうと思って。

なんか、ちっともお互いの距離感が縮まらないな・・・。

女の子のほうも気があるから聞くんじゃないのかなあ。

それが単なる勘違いだったという先例が過去増田では何度も出てきたわけで。

社交辞令を真に受けるという最悪の事態だけは避けたい。

だから、社交辞令と思われる言葉は額面どおりに受け取らずにはかなり慎重に対応している。

http://anond.hatelabo.jp/20100901215934

敵視してないよ。リア充に助けてもらってたんだから。

むかつくところ、いやなところもあったけど。

なんだかんだスルーできてる内は幸せだったなぁ。

短かったなぁ、一夏の○ってやつですね。

もう、素直に何も感じず(スルー)向合える気持ちが持てないから。

自分自身もどうしようか良く分らないよ。

http://anond.hatelabo.jp/20100901213747

そりゃまあ「普通は」そうなるんだけど、別に法律で決まってるわけじゃないんよ。

安定した政権運営のために、与党第一党のトップが総理大臣にならないケースというのもあり得る。

特に小沢場合自分が嫌われている事も、自分総理大臣資質が無い事も、また総理の激務が務まらない事も理解してるはずだから、自分総理大臣になるというシナリオは絶対に回避してくるはず。

以前に比べればだいぶん平穏な精神状態で過ごせるようになった気がする。

乏しい経験、冴えないプライベート、少ない交友関係、モテない人生。。。それでも、会社のない休日ゆっくりするだけでいい。最近はわりと本気でそう思えるようになってきた。これは多分諦めなんだと思う。だってこの心境に至ってから、勉強も何も努力することができなくなってしまったから。

多分、絶望もしなくなったけど希望も失った。希望を失うと将来に向けて努力をする気も起きない。

幸運なのは、今だけは何の努力もせずにただダラダラと生きていける環境にいるということ。(会社がずっとあってくれればいいけど…)

それでも、たまに、胸が裂けるほど苦しくなる一瞬がある。

自分は皆が経験して当たり前のことを経験することなくこの年齢まできた。そしてきっとこれからも一人ぼっち

脅迫的な劣等感絶望が支配する瞬間がある。

これさえなくなってくれれば…。もう少し年をとったらこういう感情も薄れることだろう。待ってる。

俺の成長に主要な影響を与えた漫画ゲーム音楽、3つずつに超厳選

漫画

ベルセルク(蝕

デビルマン(美紀死亡

神戸在住

ゲーム

天地創造

ルーマニア#203

俺の屍を越えていけ

音楽

ブルーハーツ

セラニポージ

ナンバーガール

誰か共感してくれ!孤独で死にそうだ!

ある意味チャレンジしたよ

つい先程の出来事。

信号横断歩道信号待ちをしていたところ、背後から酒の臭いがした。

振り返ると、自転車に乗った50代ほどのオッサンがゲップをしていた。

飲み過ぎだろ。

しかも無灯火。


で、対面で信号が変わるのを待っている親子連れを無視して、

信号にも関わらずブッチする始末。


頭が来たので青になり次第、走って追いかけたよ。

こんなジジイがこぐ自転車なんてあっという間に追いつくし。


さぁ、追いついた、ど~しよう?

と、思いついたのがこれ。


「ば~か、ば~か、ば~~~~かぁ、糞食って死ね


と。


そのジジイは怒らないはずがない。

自転車で追っかけてきた。


まぁ、酔っぱらいのクソジジイに追いつかれるほどオレの脚はなまっていない。


結局、そのジジイは諦めたらしく、気付いたらいなくなっていた。



とりあえず、手本にならないジジイは死んでくれ。

http://anond.hatelabo.jp/20100901214320

半年に一回くらい過呼吸発作を起こす体質なんだけど、発作起こしたときに背中さすってくれたりした。

これまじだよ。「大丈夫先生呼ぼうか?」っていってさすってくれたんだよ。それで保健室まで連れてってくれた。

ふだん敵視していても、リア充にやさしくされると、つい嬉しくなってしまうのだった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん