2013-06-27

客引き真実

最近バンキシャ客引き特集が組まれたり、9月から新宿区客引きに関する新しい条例が出されるということで、なにかと話題になる客引き

ということで、私の知っている範囲で客引きについて書こうと思います

客引きとは?

新宿渋谷がわかりやすいですが、駅前にうじゃうじゃといる「居酒屋どうですか?」「居酒屋安くします」といっている人たちです。

チェーン店は飽きたけど店を探すのがめんどくさい、または安くなるのかな?とおもってる人がついていくのでしょうか?

客引き給料体系

客引きに捕まったことのある方たちの中で、「お兄さんこれで、いくらもらえるの?」と聞いたことがある人もいると思います

彼らは概ね「僕、時給でやってるんですよ。」と答えると思います

大嘘つきです、客引きは基本的に嘘つきなのです、これについては後述します。

基本的に給料自分の売上(自分の連れてきたお客さんの払った金額)のパーセンテージです。

一般的には平日は売上の15%〜20%、週末は売上の13%〜18%

加えて深夜帯は何パーセントかのボーナスがあります

まり、一日20人連れて行けば大体60000円の売上となり(一人あたり3000円使ったとして)平日だった場合給料は、9000円〜12000円くらいとなります

客引きは嘘つき

彼らは本当に嘘つきです。何も信用しないほうがいいです。

よくあるウソはとして

「うちめちゃくちゃ安いんで、金蔵(全品280円均一居酒屋)よりぜんぜん安いですよ。」

→実はそんなことないです、飲み放題は安いかもしれませんが、フードがすごく高いです。

 そして美味しくないことが多いです。加えて接客も良くないところが多く、もちろんサービス料として会計から10%上乗せするところが大半です。(これに関しては大手チェーンも当然のようにやっていますが…。)

ラストオーダー○○分前なんですけど△△分前にしますね。」

→もともと△△分前です。

料理も○○円からやってるんで、高いわけじゃないんですよ。」

→たしかに○○円からやっているが、それは枝豆などのスピード料理でそれ以外の鍋などがかなり割高。

「週末なんで○○(大手チェーン)うまってますよ!」

事実かもしれませんが、彼らに確認する術は直接店に確認するしかなく、そんなことをやっているわけもなく…。

「○○(大手チェーン)ですか?割引できますよ!」

→これが一番悪質な嘘です。割引できるわけありません。彼らはこういったあと、トランシーバーもしくはケータイで店と連絡とってるふりをしますが、全くとっていません。

 そして結局は○○はうまっているのでよければ、別の店舗で安くしますよと自分の店にご案内するというのが定番の流れ。

ぼったくり存在するのか?

キャバクラ風俗に関してはほとんどがぼったくりといって間違いないですが、居酒屋に関しては1部を除いてまずありません。

 居酒屋でぼったくられたといっている人は1部の店にいってしまった人か、サービス料やお通しの確認をしていなかったり、自分飲み放題メニュー外のメニューを頼んだかのいずれかでしょう。

 もしくは、カラオケなどで、自動延長をした人たちでしょうか。

客引きについていくのは失敗なのか

一概には言えません。たしかに中には客引きの店なのにもかかわらず、安い居酒屋存在します。

また、自分で、フードのメニューやお通しの値段などすべて確認した上で納得して入るなら問題ないでしょう。

しかし、客引きをうまく使うこともできます

例えば、週末の飲み会二次会をするとします。

人数は10名超えの団体で、入れる店もピーク帯というのもあり、なかなかありません。

入れたとしても週末の居酒屋なので、飲み放題ならフードを2品オーダーしなければならないことも当たり前のようにあります

そういう時に客引きに頼めば、2時間で1500円で飲み放題はもちろんお通しなしの、フードのオーダーなし、のようなプランを組むことができます

これは、二次会においてキャッチ以外の経路(ぐるなびなどの予約)で入ってくる客がほぼいないので、回転率が命の居酒屋では席をうめることが最重要なのでこのような値段で客をいれるのです。

以上が私の知っている客引き事情です。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20130627013249
  • http://anond.hatelabo.jp/20130627013249

    こういう言い方は変だけど一部地域だけの風習なのか日本全体の風習なのか ほんと酒に飲まれてるね。

  • http://anond.hatelabo.jp/20130627013249

    客引きもスマホに駆逐されそうだがなぁ。 位置情報からちょっと条件入れると近所の居酒屋紹介されると。 そしてクーポンとかで割安感をアピールするIT客引きに。

記事への反応(ブックマークコメント)