2010-08-13

続き)手取り16万で毎月貯金を増やしていく方法

まとめブログに取り上げられて1000ブクマ行ってて驚いた。

http://masuda.livedoor.biz/archives/51358450.html

前に書き忘れたことを、まず。

大前提自分の月の手取りのだいたいの最低額を知っておくこと。

半年から一年くらいの手取り推移を見返して、だいたいの最低額を把握しておく。人によると思うけど、私は忙しさによって残業代手取りが1,2割ちがってくるのでいちばん少ない月(たとえば16万)をみて計画を立てた。

残業が多い月は多く残る。あればあっただけ使ってしまう人にお勧めな方法なのです。

で、続きというか、前に書いたところから変わったことを書く。

みずほ銀行生活費を入れる→24時間ATM手数料無料だから

新生銀行でも無料だが、ATMが限られる。いっぽうでメガバンクならコンビニ(ローソンファミマセブン)どこでもおろせる。みずほ銀行ならば、24時間手数料無料

ただし条件がある。

後者条件は公共料金支払いに使えばクリアできますね。まあ条件としては結構ゆるいです。東京三菱UFJ三井住友に比べれば相当ゆるい。

生活費は月3回に分けて みずほ銀行に補充する

前に住信SBIネット銀行自動振込み機能のことを書きました。楽天(旧イーバンク)銀行でも同様の機能があることも紹介しています。この二つの銀行を使うと、他行への自動振込みが月に6回まで無料になります。

そして、この自動振込みを使って、生活費を3回に分けて補充します。

三回にわかれていれば、給料日直前の金欠を避けることが出来ます。

(逆に金欠が月3回になるかな、わたしはなってないけど)

収支表
日付 内容 収支 移動額振込み 楽天銀行住信SBI残高 みずほ残高 スルガ残高
25日給与160,000 0 160,000 0 0 0
26日家賃振込み -50,000 0楽天1回目 110,000 0 0 0
27日クレジット支払-20,000 0 90,000 0 0 0
1日生活費移動 0 72,000楽天2回目 18,000 72,000 0 0
VISAビット 0 8,000楽天3回目 10,000 72,000 0 8,000
4日生活費上旬 0 24,000SBI1回目 10,000 48,000 24,000 8,000
生活上旬-24,000 0 10,000 48,000 0 8,000
14日生活費中旬 0 24,000SBI2回目 10,000 24,000 24,000 8,000
生活中旬-24,000 0 10,000 24,000 0 8,000
24日生活費下旬 0 24,000SBI3回目 10,000 0 24,000 8,000
生活下旬-18,000 0 10,000 0 0 8,000
例:楽天で散在 -8,000 0 10,000 0 0 0

結果、楽天銀行に一万円残ります。もちろん残業代が多かった月にはもっと残ります。

ちなみにもうちょっと書くと、住信SBIネット銀行は、SBI株をもっていれば月10回まで振り込み無料

あとは、自動じゃないけど、野村信託銀行は月30回まで無料。ここまでいくと絶対使い切れない。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20100813005210

記事への反応(ブックマークコメント)