2009-12-23

 人の話の聴き方が上手い人には共通する特徴があって、それは列記するとこのようなことだと思う。

 1.人の話をおもしろがって聞く。

 2.なにか広がりそうなところがあると、そこを聞いてみる。

 3.相手がなにを話しても、攻撃的にならず、たしなめ方が上手い。

 4.自分の話もするのだけど、それはあくまで対比としてする。

 5.自分の話をするときは、たいてい、一歩下がった位置でおもしろおかしい失敗譚が多い。

 6.相手が話したがりそうなところを見つけるのが上手い。

 7.話し手を全肯定する。

 8.ちょっとぐらい矛盾があってもつっこまない。

 9.相手の話を否定しない。

 etc……

 これってなんなのだろうと考えると、ホストホステスの話の聴き方に近い。

 ひとことで言えば、話し手を主役にするのが上手い人なのだと気付いた。

 上司にすごく話の聴き方が上手い人がいたことがあって、課長待遇ぐらいの人だったのだけど、バイト女の子に話しかけるのにも、ほんとにこんな感じで、そのバイト女の子を主役にしてしまう。それでいて、なんで話しているのか、と言うところはちゃんと用意してあって、仕事邪魔なんじゃないかと思わせないだけの配慮もあった。手練れだった。

 あからさまに話の聴き方が上手い人の特徴を思い出してみるとこんな感じ。

 それを見ながら、あー、こうやって話って聞くんだ、と思った。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20091223141728

記事への反応(ブックマークコメント)