2007-01-25

アル・ゴア不都合な真実

誰も期待してないけど翻訳したので第二弾です。

第一弾は「天候問題は待ってくれるが、健康問題は待ってくれない」

http://anond.hatelabo.jp/20070124161750

映画観た人の感想を聞きたいな。

アル・ゴア不都合な真実」ビョルン・ロンボルグ

http://www.project-syndicate.org/commentary/lomborg6

アメリカ副大統領アル・ゴアによる地球温暖化について描いた映画が、まもなくあちこちの映画館が公開されます。映画不都合な真実」は米欧で絶賛を受けており、これから世界中で大くの観客を集めるでしょう。しかしこの映画は感情とプロパガンダに満ちており、展開に筋が通っていません。

不都合な真実」は三点を指摘します。地球温暖化は本当だ。将来は壊滅的な状況になるぞ。それについて考えるのが私達の最優先事項になるんだ。しかし映画プロデューサーには不都合な話ですが、正しいのは最初の一つだけです。

多くの影響力ある人たちが地球温暖化存在さえ否定している国アメリカにおいて、ゴアがこうした流れに逆らっていくのはなかなか良いことです。ですが彼の終末論的な主張は多くが事実と著しく異なっています。しかし一番大きな誤りは、地球温暖化の問題を認識したからには、人類はそれに対して行動すべきである、道徳的要請があると主張しているところです。この意見は世間知らずで、不誠実にさえ思えます。

私達には簡単に解決出来るはずの地球上の問題が無数にあります。HIV、下痢、マラリアといった病気を予防すれば年間1500万人の命が救われます。世界の半分以上の人が栄養不足に苦しんでいます。8億人が基礎教育を欠いており、10億人が綺麗な水を得られずにいます。

こうした問題に直面しているのに、なぜ地球温暖化防止を最優先事項にすべきなのでしょう?ゴアの主張を吟味してみると、説得力の無さに気付きます。

ゴアはこの50年間で氷河が減ってきていることを示します。しかし、ナポレオン戦争をしていた1800年前半から氷河が縮小し続けていることを彼は認めません。工場による二酸化炭素排出が始まるよりずっと前です。同様に彼は、炭鉱におけるカナリアのように(訳注:生死のバロメータとして)南極大陸を扱いますが、やはり全てのことを話そうとはしません。彼は南極の2%が劇的に温暖化している図を持ち出しますが、残りの98%がこの35年間で大幅に寒冷化していることは無視しています。国連気候委員会(訳注:国連気候変動会議?)は、今世紀中に南極の雪の量が実際のところは増大していくだろうと予測しています。そしてゴアは北半球で海氷が減っていることを示しますが、一方で南半極で増えていることには言及しません。

映画には海面が20フィート(7メートル)上昇した際の恐しい予想図が出てきます。大部分が浸水したフロリダサンフランシスコニューヨークカルカッタ北京上海現実的な値ではあまり劇的ではなかったからでしょうか?国連の委員会では、今世紀中に海面が上昇する規模はたった1-2フィートになると予想しています。前世紀ではおよそ1フィートの上昇でした。

同様に、2003年ヨーロッパで起きた破壊的な熱波から、地球温暖化により今後より多くの死者が生まれるだろうとゴアは結論づけます。しかし地球温暖化により寒さで死ぬ人は減るでしょう。多くの発展途上国において、寒さで死ぬ人は暑さで死ぬ人よりもずっと多いのです。イギリスだけを考えてみても、気温が上がれば暑さによる死者は2050年までで2000人増えるでしょうが、寒さによる死者は20000人減るはずです。

気象災害による金銭的な損失はこの45年間で劇的に増大しました。ゴアは地球温暖化のせいにしています。しかしその大部分、あるいは全ては、これまでより多くの人が、これまでより多くのものを持って、密集して暮らすようになったことから生じた悪影響なのです。全てのハリケーンが今のアメリカと同じ人口の状態に到来していたならば、一番大きな被害はカトリーナではなく、1926年ハリケーンによって生じたでしょう。人口と富の変動を考慮に入れて、洪水による損失はわずかに減少させて考えています。

ゴアは暖かいカリブ海ハリケーンを強力にしたのだと主張し、地球温暖化カトリーナをもたらしたのだと観客が結論づけるよう誘導します。しかしカトリーナが上陸した時、それは最悪の分類「5」ではありませんでした。それはもっと穏やかな分類「3」だったのです。実際、彼が主張するような地球温暖化ハリケーンを強力にするという科学的根拠はありません。ゴア自身が当てにした(訳注:論文の?)作者が「カトリーナの被害と地球温暖化を結びつけるなんて馬鹿げている」と言っています。

地球温暖化のすさまじい潜在的影響力を披露した後、ゴアは解決策を紹介します。2010年までに先進国炭素排出量を30%削減することを目指す「京都議定書」に、世界中が賛成すべきだと。

しかし例え全ての国が京都議定書に署名したとしても、地球温暖化の進行は2100年の時点で6年分しか先延ばしに出来ないでしょう。そのために必要なコストは年間1500億ドルです。京都議定書があっても、カトリーナからニューオーリンズを救ってはいなかったでしょう。ただし堤防を改良して維持しておけば、それが出来たかもしれません。ゴアは1990年代京都議定書の推進運動をしていましたが、お金のよりよい使い道は堤防を強化することだったはずなのです。

実際のところ、本当に問題とすべきなのはお金を賢く使うことなのです。京都議定書を用いても、地球温暖化発展途上国が一番の被害を受けることに変わりはないでしょう。発展途上国はもともと温暖な気候で資源も少ないという、単純な理由があるからです。しかし発展途上国が逼迫している問題には、私達に容易に解決出来るはずのものがあります。国連見積りによると年間に750億ドル、京都議定書を実行する半分の費用で、綺麗な飲料水、衛生な状態、基本的な健康管理システム、そして教育を、地球上の全ての人にもたらすことが出来るのです。これは最優先事項にすべきではないでしょうか?

先日のハリケーンでは、ハイチに数千人の死者をもたらしました。フロリダにではありません。ハイチは貧しく、基本的な予防措置さえ用意出来なかったからです。病気飢餓、汚れた水と戦えば、すぐに数百万ドルの利益と、貧しい国での生産力向上がもたらされるでしょう。彼らは貧困のサイクルから抜け出せるようになるはずです。そして順に、地球温暖化にも耐えられるようになるでしょう。

映画クライマックスでゴアはこう主張します。「今の世代は、なぜ京都議定書に専念しなかったのだと、次の世代から激しく非難されるだろう」と。おそらく次の世代は、「不都合な真実」に満ち溢れたこの世界において、ゴアはなぜ最も成果のないことに最もお金をかけようとしたのか、不思議に思うことでしょう。

追記

ちょうどみんな大好きなGIGAZINE地球温暖化に警告しているよ!さすが社会派

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070124_manhattan_flood/

追記2

みんな大好きな池田信夫コメントしてくれたよ!二行だけの中身の無いコメントだけど盛り上がってる!

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/ea62733a1c786d22584403e80079ba29

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20070125145018
  • 「天候問題は待ってくれるが、健康問題は待ってくれない」

    「不都合な真実」という、地球温暖化を描いたドキュメンタリー映画が大変アメリカでウケているそうです。アカデミー賞にもノミネートされ、日本でももう公開中なのですね。 そこで...

    • 「アル・ゴアに不都合な真実」

      誰も期待してないけど翻訳したので第二弾です。 第一段は「天候問題は待ってくれるが、健康問題は待ってくれない」 http://anond.hatelabo.jp/20070124161750 映画観た人の感想を聞きたいな。 ...

      • 価値観の相違

        http://anond.hatelabo.jp/20070124161750 http://anond.hatelabo.jp/20070125145018 途上国の健康問題で人が不健康になったり死んだりするより 自分のところの土地が水浸しになったり台風で家が壊れたりする...

      • 地球温暖化ってまじっすか?

        http://anond.hatelabo.jp/20070125145018 あるある大辞典みたいなもので多くの人は権威っぽい人がそうだと言えば信じてしまう。 20℃が-15℃になったところで氷が解けるかいな? 人間が環境をコ...

      • [zonia]「アル・ゴアに不都合な真実」に不都合な視点

        水面上昇だけが温暖化の影響じゃないですよ。たとえば健康面で。 【人の健康 地球温暖化により死亡率や伝染病危険地域が増加する】 【第3回: 地球温暖化で急速に広がる伝染病から...

      • "Skeptical Environmentalist"

      • Re: 「アル・ゴアに不都合な真実」

        翻訳ありがと。続きもよろしく>http://anond.hatelabo.jp/20070125145018 さて恩恵を受けてしまったからには、感想を書かねばなるまい。 映画の話題性にかこつけて、自分とこ(コペンハーゲン...

      • 「The Incovenient Truth」を巡る議論について

         はてなブックマークは役立つ話題のソースとして愛用している。本日の人気エントリーに上がっていた「天候問題は待ってくれるが、健康問題は待ってくれない」、「アル・ゴアに不...

      • 「The Incovenient Truth」を巡る議論について2

        人類の化石燃料の使用に伴い地球の大気中の炭酸ガスが増加し、その温室効果で地球の気温は上昇、気候の変動と海水位の上昇で人類は危機に瀕する。これが地球温暖化の問題だ。これ...

      • アルアル(ゴア)大辞典

        話題の「不都合な真実」を見てきた感想。「これ、あるある大辞典みたい・・・」それらしいデータがいっぱいでてきて、ちょっと男前なアルゴア元副大統領が、すご〜く上手にプレゼン...

      • 可逆か不可逆か

        http://anond.hatelabo.jp/20070125145018 感染症で減った分の人口なんて、頑張ってセックスして増やせばいいじゃない。 オレにはそのセックス相手がいないけどな。orz 地球環境が不可逆的に変化...

      • 不都合な真実

        前から予告編で気になっていた『不都合な真実』を観に行った。日曜日にはTOHOシネマズ5館でエコサンデーキャンペーンを実施。500円で上映している。

      • 不都合な真実

        お休みの今日、一人で久しぶりに映画を見に行きました。元アメリカ副大統領の アル・ゴア氏のドキュメント映画「不都合な真実(an inconvenient truth)。地球温暖化の問題をスライドを中...

      • 不都合な真実

        元アメリカ副大統領のアル・ゴアの「不都合な真実」という映画が現在放映されています。 地球温暖化の状況・進展を伝え、京都議定書の実行を訴える映画だそうです。うちの母親(...

      • 地球温暖化対策・京都議定書と、映画:不都合な真実-否論への意見

        1997年12月11日の地球温暖化防止会議・議定書である京都議定書。 これに米の

      • 不都合な真実

        映画「不都合な真実」を見た。米元副大統領のアル・ゴアの環境問題への取り組みを描いたドキュメンタリー映画だ。滔々と地球温暖化の証拠と、その結果引き起こされる事象について論...

      • ポスト冷戦時代のポリティカル・アート

        米中露環境戦争 日本は環境技術立国、ロボット先進国として名をはせている。トヨタのハイブリット・カー、プリウスは北米でも人気だ。石油が枯渇すると、もうだいぶ前から言われて...

      • 不都合な真実が問題ではないのにね。

        <p>なにやらちらほらと「不都合な真実」についての評論がにささやかれていますが、別にこの「不都合な真実」が不都合でなかろうとあろうと問題ないのではないかと想う。それがこの映...

      • 映画「不都合な真実」を観て

         先週末、京王線府中駅のすぐ南側にあるモール「くるる」の5階にあるシネマコンプレックス「TOHOシネマズ府中」で、元米国副大統領のアル・ゴア氏が制作した映画「不都合な真実」を...

      • 不適切な真実

        元副大統領のゴア氏の「不都合な真実」がアカデミー賞(部門は忘れた)をとって,一層脚光を浴びるようになった。今日も,アメリカの議会で,地球温暖化を阻止するために行動を!!と...

      • [社会]地球温暖化は本当に起こっているのか?

        http://news.livedoor.com/article/detail/3053061/ 【PJ 2007年03月01日】− フリージャーナリストの田中宇氏が「地球温暖化のエセ科学」という説を氏のHP上やメールマガジンで説いている。田中宇の国...

      • 環境危機って本当にあるのだろうか?アル・ゴアとビョルン・ロンボルグ

        TEDは技術(Technology)、エンターテイメント、(Entertainment)、デザイン(Design)分野の3語から取られており最新の技術、エンターテーメント、デザインのみでなくビジネス、科学、芸術などの...

      • Roger DaltreyがLive Earthに苦言

        元ネタ: Undercover-Live Earth &quot;The Last Thing The Planet Needs&quot;, Says Roger Daltrey NME-The Who frontman attacks Live Earth gigsThe WhoのRoger Daltrey(vo.)がThe Sunに「地球が必要としているのはロックコンサート...

      • 不都合な真実/an inconvenient truth

        東京に来てから1年ちょい。最近なんだか不自然に暑いよな、って感じる。きっと6年間住んでた仙台と比べたらなんだろうけど。そんなことを日常的に感じていたり、去年、地球温暖化に...

      • 映画、書籍:『不都合な真実』の真実|不都合なのは“中の人”

        環境問題と温暖化が騒がれるようになり、ゴア氏の映画・書籍「不都合な真実」も注目の的となっています。この映画や本で取り上げられている内容には、誤りや情報操作が含まれている...

      • 地球温暖化なんか放っとけ、という主張

        『環境危機をあおってはいけない―地球環境のホントの実態』という本があります。で、著者のビョルン・ロンボルグ氏が、アル・ゴアの「不都合な真実」を批判しています。

    • http://anond.hatelabo.jp/20070124161750

      増田って長文読みにくいよね。幅があるから。 pタグっぽいのってさ、文章の幅が短く制限されているところ以外は使いづらいと思う今日この頃。

記事への反応(ブックマークコメント)